『ラン・ローラ・ラン』

  恋人に残された命の猶予はわずか20分! 走れ、ローラ、走れ、彼の為に、そして彼と共に
 生きる自分の未来の為に……ドイツから贈られた、新しい「映画」の世界!
 
 
 
 
 
 

  突然天から降ってわいたような巨大で理不尽な「運命」というものに立ち向かうには、二つの
 方法があると思うのだ。
  ひとつは頭を使うこと、考え方そのものを変化させて、事態に適応してしまうこと。
  もうひとつは、体を張って、真っ向からそれに突撃すること。爪を立てて、足で蹴飛ばして、
 歯で噛みついて、拳でぶん殴る。
  しかしそれには、未来少年コナンのごとき体力が要る。
  ドイツ人、あなどりがたし。特に予告で『カスケーダー』なんか観てしまった日にはその思い
 更に倍(笑)。
 

  「二人」の運命を変えようと思ったら、「一人」だけが走っていたってどうにもならないとい
 うことを、しみじみ思いしらされる。
  ベットの中で互いの心をさぐってるようじゃダメってことね。
  思うより走る。やはり人間体力だ。
  体鍛えようっと。
 

  だけど。
  思いっきり走って、手と手をつないで、ついばむようにキスをして、ほんとはそれで充分なの
 に、だけどそれでも時々はやっばり聞きたい。
 

  Liebst du mich? Ist das wahre Liebe?
   愛している?  その愛はほんとう?

  1999.10.28
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る