『ラジュー出世する』(原題:Raju Ban Gaya Gentleman)

  判りやすい筋、読める展開、約束された結末!(笑) インドの隠し玉、マサラムービーが
 四十数年ぶりに日本に再上陸! あっという間の159分間!
 
 
 
 
 

  もうダイスキ! です。抱きしめたくなるような映画です。
  ラジューの登場シーンでは、「うわ、もっさいにーちゃん……」と思ったんですが、その直後、
 踊り出す(笑)と同時にその印象は一変! 「おお! めちゃめちゃカッコええやん!」と内心
 叫びました。うそぢゃありません。いや、勿論むちゃむちゃ笑ったんだけどさ(笑)。
 

  ダンスに行く時には、それまでふつーの映画のように流れていた画面が、止め絵になったりス
 ローになったりして、台詞も消えて、曲のイントロが流れ出して、「おっ、くるぞくるぞくるぞ!」
 という気分を盛り上げてくれるこのサービスの良さ。そして期待を裏切らず始まる歌とダンス。
 「来たぁ!」てなもんです。
 

  上映時間は159分とやたら長いのだけど、見終わった瞬間、「もう一度見よう」と思ってしまい
 ました。が、その後に入ってきた観客の意外な多さと、お尻の痛さに断念(笑)。あぁ、もう一
 度ラジューの歌に包まれて、彼に迫られるレネのようにうっとりしたい……。
 

  それにしても不思議だったのは、いい味出してるおっさん・ジャイ(まさかあそこで太鼓を叩
 いてくれるとは思いませんでした。んもう、イカスなぁ)。インドにはあのように、「ただ街頭
 でべらべら喋るだけの大道芸」が存在するのだろうか? そして人々はあんな風に喜んで金をが
 んがん払ってくれるのだろうか? あれが実際にアリなら、いい商売だなぁ〜。ま、口八丁も芸
 の内だけどね。
 

  ワキですごく好きなのは、車のセールスマンさん。「ナイス・カップル!」ってつぶやきがか
 わいらしかった。あんなセールスマンさん、日本にはいないだろうなぁ。
  なんてことないシーンで大好きなのは、ラジューが面接で、「あの団地は基礎工法をこう変え
 れば〜%費用が削減できます」とか言うのに、何やらキーボードを叩いて目を丸くして「事実で
 す」と言う場面。あんた一体何をどう打ち込んだん、そしてコンピューター、君は一体何をどう
 計算したん(笑)。インドには優秀なプログラマーが多いと聞くし、日本人の知らない未知のす
 ごい能力を持ったソフトがインドにはあるのだろうか(更に笑)。
 

  レヌ役のジュヒー・チャーウラーのかわいいこと! ラジューとの「ダメダメダンス」の時に
 はすごいお色気なんだけど、普通にしてる(笑)とあの巨乳にも関わらず、清楚できりっとして
 て強そうで、それでいてかわいい。これで「わたしサプナみたいに綺麗じゃないし」とか言ったっ
 てちっとも説得力ないぞオイ。当然の如くダンスも上手いし。すごく軽そうに動く。
  それにしても、あんなに父さんにばれないように気を使ったって、その直後外であんな「恋の
 病ダンス」を踊ってたらもうバレバレやと思う(笑)。しかしこの気を使いながらラジューに愛
 のサインを送る彼女は、なんともいえずたまらんかわいいんだけどさ。
 

  後半、話が重たくなるのがちと残念ですが、それでこそあのラストも輝くというもの。しかし
  贅沢を言うなら、ラストにもうワンダンスしてくれたらサイコーにハッピーだったのだが。
  それにしても、あの必死になって法廷へと向かうラジュー、あの姿を見て笑ってる人がいたの
 には仰天した。うそやろ、ここは笑うシーンとちゃうやろ。ここは手に汗握って、目に涙ためて、
 ハンカチを絞りながら「ラジュー、しっかり!」って応援するシーンやろ(いや、何もそこまで
 とは言わんが)。ここで笑ってしまうのは、ちょっと悲しすぎやしないか。

  1997.9.6
 
 

  ……上映前に気分を盛り上げようと思って、ウエイティングバーでチャイ(300円)を飲んだん
 ですが、これが不味かった(笑)。ベタベタに甘いのはインド式だからまあ許すにしても、ほん
 まにミルクで煮込んでんのか? と思う薄さ、そして何よりマサラが全然入ってない! マサラ
 ムービー見るならマサラチャイやろが! 上映期間中だけでもわたくしを雇っていただいていた
 ら、あの100倍は美味いマサラ・チャイをいれてさしあげたのに(マジ)。

  ……日本じゃ恋の病は草津の湯でも治せませんが、普通「寒気に咳でも」とくれば日本では風
 邪、しかしインドでは「マラリア」。おいおい、病院行けよ(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る