『コクリコ坂から』

  少女は毎朝、旗を掲げる。海で消えた父に、航海するすべての船に。少年は毎朝海からそれを
 見上げて、一編の詩を書く。60年代の横浜を舞台に、かつての日本の姿を宮崎吾朗が描く。
 
 
 
 
 
 

  『ゲド戦記』よりは遥かに良かったよ、吾朗!  


  ……ということもともかくも(笑)。  


  まあ別に、何と言うか、無難にまとまってるんじゃないでしょうか。好きにはなれないです
 けど、嫌いかと言われると、別にそれ程のこともないと申しますか。  


  ラストに画面の中心にどんと「この物語はフィクションです」て出てくるのに笑いました。  
  余程微妙な問題を取り上げてるんでもなければ、アニメで、「これフィクションですよ」と
 いうのをここまで大きく出してきたのって他に思いつかないのですが、他でこういうのありま
 したっけ?  


  確かに見ててずーっと「こんな奴いねえ」て思い続けてたので、そういう意味で「これフィ
 クションですから!」て強調してるみたいに見えて大変可笑しかった。こんな夢みたいな場所も
 夢みたいな人達も現実には無いんですよー、だから憧れたりしたらダメですよー、て念押しして
 くれてるのかと(笑)。  


  大体、この時代に、この作品内の「カルチェラタン」みたいな場所にいりびたってるような
 男子が、あんな風に女子に接せられる訳がないですよね(笑)。まずそこでもう大きな違和感。
 都合が良過ぎるぜ。  


  まあ原作が少女漫画だし、と言われそうですが、なんかそういう王道キャラ設定ともまた
 微妙にずれてる感じがあって、なんともかんとも。  
  なんちゅーかねえ、もしほんとに少女漫画王道の「高校生ヒロインが恋する男子高校生」で
 あるなら、こんなにも女慣れしてないと思うのですよ。ここ実に絶妙なポイントでありまして、
 「女子をきゅんとさせる行動とりまくり」の癖に「女慣れしていない」といけないんですよ
 その手のヒーローは!(笑)    


  大体、冒頭の「詩」で、風間くんが海のことを多少、いやかなり意識してるのは明白な訳で、
 にも関わらず実際知り合ってからの態度があまりにあっさりし過ぎてると思うのですよ。少女
 漫画のヒーローとしては。  


  これが全く意識してなく知り合ってたなら、少女漫画のヒーロー的に、道端でいきなり逢った
 のを自分の自転車の後ろに乗せて坂駆け下りても、コロッケ二個買って一個手渡してもアリだと
 思いますよ。こういう「気さくで爽やかな二枚目の二枚目行動」にヒロインが急に相手のことを
 意識し始める、てのは少女漫画ではありがちパターンです。  


  が、その場合、その時点ではヒーローはまだヒロインに気があっちゃダメなんですよ!  
  全く下心の無い、意識してない、ただただ善意の「あっさり爽やか行動」だからいいんですよ、
 こういうのは。だからこそヒロインがきゅんとくる訳ですよ。  


  だけどあの詩からも見て、風間くんが出逢う前から既に海のことを意識していたのは明らか。  
  であるのなら、自転車に乗せるにあたって微妙な葛藤や照れや突っ張った様子が欲しいし、
 乗せた後は勿論相手の体の近さにドキドキしてほしいし、コロッケもあんなにあっさりじゃ
 なくて、例えば別れた直後にハッとなって買って相手を後ろから呼び止めて手渡す、とか、
 そういう感じが欲しいんですよ。「何もかも良くできあがってる癖に恋愛には不器用」てのが
 いいんじゃないですか!(笑)  


  それからもう最高にがっかりしたと言うか何と言うか、「いや、それはない!」思ったのが、
 ラストで父親友人の船に向かうシーンで、桟橋からひょいと船に乗り移った際に、実に実に
 自然に、何と言うこともなく、風間くんが腕を海の後ろにまわして手すりを掴んでる、すなわち
 「後ろから女の子囲い込み体勢」になってるとこ。  


  もうほんとこれはない。女子側から見ても男子側から見てもない。  


  これは正直かなりの高等技術で、子供のすることではない(笑)。  
  なかなかね、こんな風にさっと手を伸ばせる男っていないんですよホントに。そりゃすっかり
 つきあっている、すっかり関係が進行してるカップルなら勿論全く大したことではないんですが、
 まだ高校生で、そして全くつきあってもなく、おそらく過去に恋愛経験は無い、そういう状態で
 これをさっとできる男子なんか普通おりません!  


  でもって女の子側からすると、これはもうかなりの萌え体勢な訳であります(更に笑)。  
  既につきあっていてさえ状況によっては実にぐっとくる体勢であるのに、まだつきあっても
 いない、けれど自分は相手が好きで、なんて状況でこれやられたらもう頭煮えますよ。  
  が、海ちゃん全く無反応。いや状況的にそれどころじゃなかったんだよ、と言われそうです
 が、ほんと、これってね、やってみたら判りますがものすごく相手の体温近い体勢なんですよ。
  しかも、それ程体格差が無いのですから、その近さたるや息がかかるレベルでしょう。  
  どんな状況であっても、これに咄嗟に体が反応しない(胸きゅん方面だけでなく、咄嗟に
 引いて逃げてしまう、という反応も含めて)恋愛未経験女子高生なんていないです。これに
 無反応って、それ男女の区別のついてない幼児か、経験豊富でもはやこの程度のことでは動じ
 ないお姉さんくらいですよ、いやほんとに。  


  なんかこう、そういう「高校生恋愛の初々しさ感」が殆ど無いのが本当にがっかり。  
  あの段階で「嫌いになったのなら言って」て、いやキミ等何年つきあったカップルなん、と
 思ったし。海のきっぱりした感じを出したいのなら、せめて「何故自分を避けるのか、理由を
 ちゃんと教えて」くらいだろう。  


  もっとね、こうね、ドッキドキさせて欲しいのでありますね。こういう話をやるならね。  
  で、見てる人間がドッキドキするにはまずキャラがドッキドキしないといけない訳で、なのに
 この二人の恋愛進行ときたらあまりに簡単過ぎで、もやもやとか葛藤とか、自分の気持ちや相手
 の気持ちにひるんだりとかが皆無なのです。  
  何と言うか、体温が無い。体温が無い恋愛なんて見てて全然ドキドキしないですよ。  
  ぐっと近づいて、近づいたことにどきっとして、ぱっと離れて、また近づいて、そういう揺れ
 がまるっきり無いのだものなぁ。  


  まあ勿論、「いやコレ実は恋愛ものじゃないんだよ、本当に描きたいのは古いものの良さなん
 だよ!」てな意見もあるかもしれんです。  
  でも正直に言って、あの「カルチェラタン」が出てきて、風間くんが「取り壊し反対運動」の
 先鋒、となったら、もう「ああ取り壊しは回避されるな、そしてそれには海ちゃんがかなり活躍
 するのだろうな」て目に見えてるじゃないですか(笑)。  
  だとしたら何を楽しみに見るかって、一体どうやって回避するかと、その間に発生する恋愛
 模様や、家族問題の解決や、そういう流れの描かれ方ではないですか。  
  で、それのどれもが今ひとつと言うか、大して盛り上がりもなく。  


  大体「古い物は良かった」「古い時代は良かった」てなことなら、海一家は何故あんなにも
 海ばかりを労働させているのか(笑)。この時代は家族全員、そして血は繋がってなくても共に
 暮らす人間達が力を合わすのが美徳なんではないの?  


  ここに描かれてる海の両親、海の祖母、そして海自身の態度からして、まずあの「たった一人
 の男手」である陸の描かれ方が有り得んですよ。
  ただでさえこの時代でこの状況だったら、家に残ったたった一人の男であるこの子は、かなり
 根性入れられて、それこそ風間くんみたいに芯のしっかりした子として育てられる筈なのに、
 あの祖母、あの親、そしてこの姉がいて、何故こんなふぬけた育て方をされてるのかと。  
  妹も大概でしたが、これは後の方で「家のことは空に頼んできたから」とか海が言ってるし、
 片づけしてるシーンなんかもあるんで弟に比べたらまだマシなんかなと思う。が、ほんと、あの
 「テレビ見てるから買い物ヤダ」シーンはないわー。お祖母ちゃんもさ、アンタそれ怒れって。
 どう考えてもおかしいやろソレ。  


  でもって下宿人達も。  
  いやそりゃお金払って下宿してて、その金には賄いも込みだからこれで当然でしょ、てのは
 確かに正しい。正しいけども、もしこれ自分だったら、下宿先で、高校生が家族と同居人全員の
 賄いと洗濯して、片づけやって、って、それ座って見てられる気がしない。
 「洗い物やっとくから、海ちゃん宿題やりなさい」くらいは言わずにおれんわ。なんで座って
 られるの、このおばちゃん達は? この時代の人達の助け合い精神ってこんなもんなの?  


  お祖母ちゃんもさ、あれはどう見ても働いてないし、特に体にも問題もなさげだし、何も
 家政婦さんなんぞ雇わんでも、洗濯物干したり取り込んだり、晩のお買い物に行くくらいは
 ご自分でなさった方が足腰も鍛えられるしボケも防止されますよ。
  見ていて「いや、この状況で要らんやろ家政婦!」と心の底から叫んでしまった。  


  ただ、良かったなぁと思うところも勿論あって、「実は兄妹だった」て海が聞かされた日の
 夜に、両親の夢を見るところ。これ、本当に良かった。  


  知る状況が何せあれですから、普通の漫画やドラマや映画なら、恋愛的ショックの方を先に
 クローズアップしがちだと思うのですね。が、何つってもまだ高校生なのですから、まずこっち、
 親に対してだと思うのですよ。そこがちゃんとしてたのが良かった。  


  今まで信じてた、ずっと慕ってた両親の姿が崩壊した衝撃。何もかも忘れ去って、何も知ら
 なかった幸福だった頃に戻りたい、自分が本当に安心できる場所で、何も心配しなくていい
 子供に戻って、安心できる人達にすっぽり包まれて守られたい。  


  どれだけショックを受けても、それでも父をたまらなく好きなのが伝わって、実にいいです。
  で、この夢の後にまた淡々とひとりぼっちで朝の支度を始める姿がたまらない。いい子だな、
 海。  


  2011.10.27  



  ……長澤まさみは思ってたよりずっと良かったです。でも、岡田くんは今いち。  
  演技は全く問題ないんだけど、風間くんってキャラの見た目にも中身にも、なんか合ってない
 感じが。  

  ……しかし、アジのフライを全部揚げてしまってからキャベツを刻むのは、手際としてどうか
 と思いました(笑)。  
  ジブリの映画の良いところは「食べ物が美味そう」だと思うのですが、今回作画のせいなのか
 今ひとつでした。お弁当はかろうじておいしそうだったが。  
  あと海ちゃん、お布団は起きてすぐにあげるのではなく、かけ布団をめくった状態でしばらく
 置いてからの方が湿気が抜けていいですよ。  

  ……作画と言えば、セーラー服のリボンの結び目、あれ何ですか(笑)。有り得ないひどさ
 でした。最初「これは一体何を表しているのか」とまじまじと見てしまった。  

  ……しかしわたしを含めて多くの女性は風間くんより水沼くんを選ぶ気がする(笑)。  
  で、更に言うなら、数学部の吉野くんがさりげなく最強なんじゃないかと(更に笑)。  
  数学部にいるくらいだから理系的賢さがあり、実は運動神経もバランス感覚も抜群で、高い
 ところもものともせず、女子ともさらっと会話ができて(これはいわゆる筋金入り理系くんの
 「女子を全く女子と意識してない」ところからくる雰囲気で、見ていてすごく感じが良い)、
 とどめにメガネくん。もうパーフェクト。  
  こういう男子と、ほんとにまるっきり男女抜きの友達づきあいを「腐れ縁」レベルに十年間
 くらい続けて、その間に双方それなりに他で恋愛も体験し、最終的に「あれ、気づいたら互いに
 まわりに残ってるのってお互いだけじゃん」で結婚するのがいいな←妄想大全開中(笑)  

  ……パンフに宮崎駿が風間と水沼について、「海に素直なアプローチなんぞしない。硬派なの
 である」とか書いていて裏手で突っ込んでしまった。これのどこが硬派だよ!  
  そもそも硬派なら、あの「男の魔窟」にあんなにあっさり女子を導き入れたり仕事の手伝い
 なんかさせるかよ、と思うし、海と知り合ってからの風間くんのあの怒濤のアプローチがけは
 勿論、水沼なんか、初対面の空の肩にちゃっかり手をまわしてエスコートする女たらしっぷり
 だと言うのに(笑)。  
  これを硬派と言ったら、60年代に真に硬派だった方々はカンカンだと思いますよ。  

  ……だがしかし、海と風間くんは戸籍上では完璧な「兄妹」な訳だから、この先絶対に結婚
 できない訳だよね? どうすんだこれ。  
  まあ子供つくんなきゃ、別に生涯二人暮らししてたってそれはそれでいい訳ですが。でもいざ
 「子供欲しい」てなったら、もう海が未婚の母として、父親不明で産むしかない訳だよね? 
  ほんとどうすんだこれ。  
  親父も何もそんな面倒なことしなくても、戸籍ぶんどって連れてこられる状況ならどう考え
 ても「船仲間なんで、うちの養子にします」で親戚納得しただろうに。  
  大体、他人の子を自分ちの子として戸籍出してまで連れてきておきながら、更によそに養子に
 出すってあまりにも無責任では。お金は送ってたみたいだけど、普通ならしばしば会いに行く
 くらいするもんだろうに。大事な大事な親友の子だろ? 
  それも、預け先が「もう一人の大事な親友」なら安心できるだろうからまだしも、それ程の
 仲ではない相手に渡したというのに、金以外は放置か?  
  で、海の両親の性格からしたら、この経過なら、普通に風間少年を海や下の子に紹介してる
 気がするんだけども。「血は繋がってないけどお前達の兄さんだぞー、仲良くしろよ」って。  

  ……更にこの状況で、わざわざ風間くんに対し父親を「澤村」だと教えて育てる意味も不明。  
  だってどう考えたって、「両親が亡くなって船乗り仲間に養子として引き取られた」のと、
 「両親は生きているが自分だけを養子に出してよそで家庭を築いている」のでは、前者の方が
 ずうっと良いではないですか。
  後者は、「自分が愛人の子」でも、「二人の子なのに自分だけよそへ出された」のどちら
 でも不憫この上ないですよ。  
  風間父が「実は立花が父」の事実を知っていたのかが不明なのですが、ハマの船乗り仲間と
 いう狭い世界でこんな話はそうそう内緒にできるもんでもないと思うので、知っていたと考える
 のが妥当だと思うのだけど、じゃ真実息子に教えてやれよと。  
  もし風間父が知らなかったのなら、何故預けた時に話さない澤村。
  「親父は立花で、自分は立花の親友だから自分達の子にした、立花の子だから自分の子のよう
 に思って養育費も送った」でいいじゃないですか。で、立花がどんなにいい奴だったか話して
 やればよいのに。なんでわざわざ相手を不幸な立場に追い込むようなことを?  
  まあ話しちゃったら全くこの物語が成立しないんで仕方ないけどさぁ(笑)。  

  ……そういや、もともとヒロインの名が「海」だと知らずに見ていたので、最初の方ではてっ
 きりヒロインの名前は「めぐ」とか「めぐみ」とかなんだと思ってました(笑)。  
  本名が「海」だと判って、ああ、La merか! と納得したんですが、これ本当に自分はたま
 たま運良く知っていたから判ったのであって、一般的に「メル」と聞いて、「ああ、名前が海
 だから『メール』を短くして『メル』にしたんだね!」と思う日本人はあまりいません(笑)。  
  ただ一言、水沼でも風間でもいいから、「松崎さんのあだなって、フランス語の『海』から
 来てるんだよね?」と言わせるだけで良かろうに、何故その手間を惜しむ。  

  ……手間を惜しむと言えば、風間くんは何故あの屋根の上から飛び降りなければならなかった
 のか(笑)。説明してくれ。  
  ただ運動を目立たせようということではなくて、どうもあれは「伝説の復活」? かなんか
 みたいなのだが、その「伝説」だか「伝統」の内容の説明がまっっっっったく無い。これには
 度肝抜かれました。  
  ここはいわゆる「ボーイミーツガール」の重要なシーンであると言うのに、その行動のいわれ
 が全く説明されない、て有り得ない。  
  こんなの素人の脚本家がやるレベルのミスだと思うのですが、一体どうなっちゃってるんで
 しょうか、ジブリ。行く末が心配です。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る