『ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!』

  一人と一匹の平穏な暮しに現れた謎の下宿人。その存在に二人の関係は狂い始め、陰では彼の
 恐るべき企みが進行する……って、一体何の映画の話?(笑) 感動と笑いとスリルの30分!
 
 
 
 
 

  ……いやー、これ、泣きましたよ。マジで。
  だってだって、グルミットがあんまり、可哀想過ぎるんだもん!!
  ウォレスったら、なんぼ何でもアレはひどすぎ。何度画面内に手を伸ばして、そのつるつる頭
 をひっぱたいてやりたくなったか判りません。
  知恵のまわる悪党ペンギン・マッグロウに先々こされて、「君もあれくらいしろよ」なーんて
 言われちゃって、じいっと見上げるその恨めし気なジェラシー全開のまなざしがもう!! その
 奮闘ぶりはまさに「尽くす女」そのもの(笑)。だけどちいっともそれが相手に届かない。その
 やるせなさが見ていていじらしい。
  そしてとうとう切なさ限界に達して家出を決行! 少ない荷物の中に二人の写真を入れるあた
 り、涙を禁じ得ません。レインコート(ウルトラ可愛い!)を着て、さみしそうにウォレス達が
 くつろぐ窓を見上げる目! グルミットぉ、もうこんな奴捨てて、うちの子になりなよぉ。
 

  だけど彼のウォレスに対する愛はゆらがない。2作目にして、ウォレスの間の抜けぶりには更
 に更に磨きがかかってるんだけど(笑)、それでもグルミットのハートはウォレスまっしぐら。
 誕生日のプレゼントを期待してぱんぱんになってる顔つきや、とんでもないものもらってしまい
 ながら、不満ひとつ言わずにそれで散歩に行ってあげ、外でこっそり外すとこなんざ、飼い犬の
 鑑です。
 

  ホント、どーして君程の犬がこんな飼い主がいいのよ、と思うのですが、大ピンチの時に「グ
 ルミット、もう大丈夫だ、僕に任せておけ!」言いながらカケラも役に立たないその姿に、苦笑
 しつつ、ああ、やっぱこりゃダメだよねぇ、こんな奴、一度惚れたら終わりだよなぁとしみじみ
 思う。下手にできた男より、こういう奴の方が一度惚れたら後をひくのだわ、きっと。
  そしてその横で大活躍のグルミット! チャキチャキチャキ、と目にも止まらぬ速さでレール
 を組み上げていく凄腕に目眩が。ああ、だからどーしてあなた、こんなところで大人しく飼い犬
 なんかやってるの(笑)。この才能を生かせば世界を制覇できるだろうに……(更に笑)。
 

  そんな訳でこのコンビの良さが絶妙に光る1作なのですが、その光に更に磨きをかけるのがマッ
 グロウの存在。いやー、ステキだわ。こいつのせいでグルミットがあんな哀しい目に、と思いつ
 つも、どうにも憎めません(だって、彼のせいと言うよりウォレスのせいだし(笑))。
  クールで賢くて機転が効いてワルでふてぶてしくて。カッコ良過ぎるう。博物館襲撃で、額か
 ら緊張の汗を流しつつコントローラーを操作するその姿に惚れました。「ふうっ」と汗を拭うの
 にくらくらきた。「仕事に打ち込む男の色気」を感じてしまいました。いや、マジで(笑)。
 

  相も変わらずそのインテリアセンスは抜群です。ことに、「豚の絵の額を外すと中に豚貯金箱」
 というのが非常に好きだ(笑)。どこからどう見ても「グルミットルーム」だったのが、あっと
 いう間に「マッグロウルーム」に変わっちゃうのも好き。この壁紙可愛いなぁ。思わずアードマ
 ンのページからとってきてしまいました(笑)。
 

  2000.7.10
 
 
 

  ……しかし、ウォレスって普段何やって稼いでるんだろう(笑)。まあ、イギリスには、こう
 いうごく一般的な人でありながら実は地所持ちで、質素に暮らしてる分にはあくせく働かなくて
 も大丈夫、って階級の人が割といるらしいですが。

  ……激笑してしまったのは「ペットは禁止だよ」か(笑)。この台詞や、画面にマッグロウが
 現れる時のタイミングがぴたぴたと決まっていて、たまりません。上手いなぁぁ。
 「君だったのか!」にも転げまわって笑いました。見た判るやん、ウォレス!!

  ……そしてグルミット、椅子に座って編み物をし、両手で線路を組み立てながら、何故に新聞
 を運ぶ時には口にくわえて四つ足で来るの(笑)。この辺りの「犬くささ」が大好き。

  ……牛乳瓶にぎゅうと詰められたマッグロウがあいらしい。何と、この形そのまんまのキーホ
 ルダーが売っていて、思わず購入してしまいました。そっくりです! 他に「チキン指名手配ポ
 スター」のマグカップまで買ってしまった(笑)。マッグロウラブです。

  ……後日、我が友すばるちゃんに教えていただいて判明したことなのですが、何と! マッグ
 ロウは立派な「女性」であった!!
  いやー、これは衝撃でございました。ああ、わたしの恋が。
  しかし、それが判って改めて見直すと、ますますあのグルミットの嫉妬のまなざしが目にしみ
 る。成程、あれはまさに「尽くす女対戦」だった訳ね。そりゃー負けられないわ。

  ……劇場で見た時、同時上映でアードマン・コレクションがかかったんだけど、その中の「チ
 ビのレックス」に気が遠くなる程笑いました。あれ、2本だったから良かったけど、あの調子で
 5本くらい連発されてたら間違いなく笑い死にしてたと思います(笑)。チビのレックス、ぐにゅ
 ぐにゅむにゅむにゅ〜。って、歌まで歌えるよこの人は(更に笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る