『π』

  この、混沌と不条理と曖昧さに満ちた、予測し難い「世界」というもの、けれどもきっと、そ
 の底にはたったひとつ、美しい「世界式」が黄金のように流れている……そう、きっと。
 
 
 
 
 

  ……うーん、今一歩。
  いや、もう三歩。
  ものすごく惜しいところまできていて、もうほんのわずか踏み込んでいてくれたらきっと生涯
 で忘れ難い映画になったことと思う。
 

  「世界を支配するたったひとつの式の存在」というテーマは割とありふれたものだと思う。の
 で、問題はその見せ方だ。
  でも、それが、何て言うか、どうも表面的。仮説にも飛躍がないし、出てくる数の不思議も心
 を騒がせる程新奇なものでもないし、物語の展開はとっても筋が通っていておとなしい。
  この展開でも、もっとぶっとんだ数の世界を見せてくれるか、あるいは数についての話はこの
 程度のあっさりしたものでいいから展開が手のつけようのない程ぶっとんでいくかしてくれたら、
 もっと興奮できたのだけどなぁ。
 

  ただ、認識がとぎすまされていくことによって視界や時間感覚が変化する、という辺りは良かっ
 た。感覚器が自分の体からはみだして世界中を縦横無尽に駆け巡るその感じ。
  それにやっぱり、「世界を司る法則は美しくなくてはならない」という発想にはグッとくるも
 のがありますね(笑)。この逃れ難い思い。
 

  けれど問題は、「何をもって美しいとするか」ということかもしれない。研ぎすまされて純化
 されたものは確かに美しい、けれど曖昧で複雑なものがつくりだす目眩のするような美しさとい
 うものがこの世には確かに在る。
  最後に彼は、ここにたどりついたのだろうか。
 

  割とこういう、あったかい方向にラスト落ちてきてしまったのがやっぱり自分にはちょっと無
 念。いや、あったかいのが嫌いな訳ではないんですが。でも勝手に、もっとタイトで、もっとクー
 ルな映画だと思い込んでしまっていた為、落差にがっかりしたんですね。
  だけどラスト・クレジットのバックに「蟻」が出てきたことを思うと、やはりシニカルオチ?
 とも思うが、それも深読みかなぁ。本編通してずっと、そういう「底意地の悪さ」みたいなもの
 が感じられない驚く程素直で善良な映像だったもの。

  1999.8.16
 
 
 

  ……そういえば中学生くらいの頃、「この世を支配するたったひとつの式が存在するならば、
 その式を変化させることによって世界の方がそれに伴って変化するのではないか」ということを
 かなり真剣に考えていた時期があったのをふと思い出した(笑)。つくり方にもよるが、テーマ
 としてはこっちの方がおもしろい気がする。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る