『パダヤッパ』(原題:Padayappa)

  俺は心やさしい王様、ヒゲの生えた子供。蛇にも毒にもびくともしないが、惚れた女にゃ滅法
 弱い。悪い奴には黙っちゃいない、俺には俺のやり方があるぜ! ラジニカーント、今回はもろ
 肌見せて大暴れ!
 
 
 
 
 
 

  いやいやいや、スカっとしましたね。
  ところどころで今ひとつ納得いかなかったり、ラストに多少後味悪い気もするのだが、この程
 度、『アシュラ』や『ディル・セ』に比べたら軽い軽い(笑)。全体的に見て、きっちり勧善懲
 悪通ってて、楽しい娯楽作でありました。
 

  しかし『ラジュー』『カランアルジュン』『ディル・セ』『アシュラ』と来て、すっかりハー
 トはシャールク一色、いくら世界のスーパースターでもやっぱ年が年だしねぇ、などと小生意気
 なことを思いかけていたわたくし、今回はもう完全にやられっちまいました。
 

  ラジニカーント、カッコ良過ぎるうぅぅっっッッッ!!!!
 

  相変わらずの「決めポーズ」も勿論イカすし、ニーランバリいわく「優雅なスタイル」のダンディ
 ぶりにもうっとり。特に、18年ぶりにニーランバリと再会し、わざと椅子も何もとっぱらった部
 屋に通されて、一人悠然と腰掛ける彼女に、ふっと鼻先で笑ってショール一閃! よく判らん棚板
 をおろして、ものすごーく強引に足組んで座るとこなんざもう。おいおいラジニぃ、床に足先届い
 てないぜ。
  「サングラスを取ったアッ! 掛けたアッ!」の無駄にカッコいいスロー見得切りも大好き!
 

  愛と正義と純情と、相も変わらぬヒーローぶりで、特に後半部分になると、殆ど神様入っちゃっ
 てる感もあるんですが、わたしが最も好きなのは、親父が全財産手放した途端にあっさりぽっく
 りいっちゃって、欲の皮のつっぱった婚約者に逃げられた妹を慰めるくだり。
  落ち込んで食事も取らずに泣きじゃくってる妹に、「泣くなよ、あんなロクでなし、兄ちゃん
 がもっとずーっとハンサムで優しくてお前にふさわしい素晴らしい男を見つけてやるから」言い
 ながら半ば強引にカレーを食わせ(笑)、挙句、「……でも無理かも」などとナサケないこと呟
 きながら自分もおいおいもらい泣き。その姿に微笑みつつもこちらもナミダ。ああ〜、いい兄貴
 だぜ、ラジニぃ。心底性根がやさしくて、ちょっぴり弱音も吐いちゃって。
  このシーンでほんとにこのパダヤッパという男は輝いたと思う。これ見てるから後半の超人ぶ
 りにも、「ヒーロー過ぎてイヤミ」という気が起きないんだよね。上手い。
 

  しかし、だがしかし、今回この映画で最も「ナイスキャラクターで賞」を贈呈したいのはこの
 人だッ、パダヤッパマザー!
  いやいやいや、味があるわあぁ。最初はごくふつーに、やたら息子を心配する子煩悩なおかん、
 としか思わなかったのだが、妹の婚約式でゴージャスな楽団とダンサーひきつれてやって来た
 ニーランバリに、「息子は相手が多い程燃えるのよ」ってお母さん。
  そしてこれがとどめだ、腹黒い義弟の計略にひっかかり、敵にぐるりと囲まれて、普通なら
 「お前だけでも先に逃げて!」となるのがインドの正しい主役のおかんだろうに、彼女ときたら、
 「ふん」って感じで片眉上げて、「パダヤッパ、やっておしまい!」
  ここに到って激笑しました。おかん、あんたサイコーだよ!
 

  このおかん節はこの後絶好調に達します。泣き落としで結婚迫ってきたニーランバリパパに、
 息子の意志も確認せんと「OKよ」。
  ええ〜、それはないんじゃないの? おかげで2年越しのラブレターも破り捨て、親孝行ラジ
 ニ、心ならずも結婚覚悟。
  そんなぁ〜、と意気消沈しながら見ていると、おおっ!? おかん、コレは一体どーゆーこと?
  と、目をむいてる間にあれよあれよと急展開。「息子の好きな娘が誰かくらい判ってますよ」
 くう〜〜〜、イカスぜおかん! って、何であの状況で判ったの? アンタ息子の行動影から覗
 いとったんかい! 
  それにしてもこのシーンはほんと痛快でした。思わずガッツポーズしちゃうラジニの笑顔が超
 キュート!
  この後、「18年後」に入ってからは、すっかり影が薄くなったのがさみしいですが、しかし
 この前半の姿だけでもう充分に素晴らしい。この母にしてこの子あり。
 

  そんな訳で、前半はホント、燃えまくったんですが、惜しいかな後半、ちょっと尻つぼみ、と
 言うか今ひとつスッキリできん部分あり。
  と言うのもどうも「愛と正義の人」ラジニの態度が矛盾してる感があるからなのですが……だっ
 てさぁ、「結婚は愛しあう二人の意志だ!」言いつつ、ニーランバリの罠にはまって従兄との結
 婚ドタキャンした長女に、「よし、ならお前妹と結婚せえ」ってオイ。無論、妹がイヤと言えば
 この話、無しになったんでしょうが、どう見ても断れる状況じゃないよコレ。んで、まあこの子
 は父の顔をつぶすまいとして「はい」言うたんでしょうが、それに「私もそれで構わない」と答
 えちゃう従兄に呆れる。だってアンタ、たった今別の女と心からの結婚の誓いをたてたとこやん!
 なのに突然「んじゃ妹」「はいOK」ってどういうことだ。それって全然「愛しあって」ないや
 んかー。
  こんな結婚ではどう見ても次女、幸せにならんやろ、と思うのだが、ラジニいいのかそれで。
 でもって、あんな根性無しの男と結婚しても、長女も絶対不幸になると思うが、どうか。あの程
 度の脅しで相手にあんな不実な態度を取れる、そういう奴って似たような状況になった時、また
 きっと相手に同じことをするとワシは思うぞ。
 

  ……ま、そうは言っても敵の非道なやり口に、ズバズバやり返していくラジニの態度は確かに
 小気味良いんですがね。ことに、追っ手との華麗なカーチェイスの最中、「キミ、趣味は?」な
 どとおトボケたやりとりを花婿と交わすシーンは笑いました。
 

  そして何と言ってもコレ、ラジニカーント、もろ肌脱いで大暴れ!
  いやぁ〜、実に良い体をしていらっしゃる。とてもこの年齢(撮影時48歳)とは思えません。
 黒くつやつやと光るその肌に、もう目は釘づけ。ひや〜〜、惚れるうぅっ。
  さすがに腹筋割れるとこまではいかないが(笑)、それでもこれだけ締まってたら充分だよねぇ。
 思わず花婿が「すごい」呟きつつ親指立ててしまうのも判ります。
 

  だがしかし、そんなラジニも女の妄念には勝てなんだ。どれ程善人光線ほとばらせても、「怒
 れる女」は決して改心なぞしない! このシーンでの「……なんてことをこのニーランバリが言
 うと思う?」てな手の平返しにはうおお、と思いました。おそるべし、女の執念。
 

  そう、今回、彼女はある意味、ラジニも食っちゃっていましたね。すんごい存在感。その癖や
 ることはヘンだ。
  「最高の服」あれが? 「最高の車」あれが?? 「最高の男」まあそれは認めるが。
  大体、兄貴の婚約式だというのに全然関係ない自分の恋歌を歌って踊りまくるところもかなり
 キている。親父が死んで、燃え盛る怒りのあまり、二人の幻を見つつ躍り狂うシーンはなかなか
 迫力で感心したが、挙句に思いついた復讐が「赤いサリーで牛に襲わせる」ってオイ。それを止
 めるのに、「黄色い絵の具をぶっかける」てのもどうかと思うが(笑)。それにあの毒薬、白い
 ミルクに入れたりしたら普通すぐバレるから止めようね。
 

  しかし女性で「決めポーズ」あるのって彼女が初めてじゃないでしょうか。少なくとも、我が
 数少ないインド映画経験では他に記憶がありません。これだけでもすごいぞ、ニーランバリ。人
 の顔を足げにしつつ、「足が汚れたわ」言い切るところに悪の華を見た。
 

  おかげでヒロイン、サウンダリヤーの影の薄いこと薄いこと。なんてったって、ラブラブダン
 ス出てくるのがやっと後半入ってから。映画終わって、一緒に見てた友達と盛り上がってたんで
 すが、彼女の役名を思い出せずに全員で首をひねりました。その癖俳優名ではきちんと言えると
 ころが、さすが皆さんインド映画フリークです(笑)。
  と言っても「18年後」は、老け顔は似合ってなくても「スパルタ母さん」としての口うるさ
 さはなかなかのものがありましたが。でも、「ほっぺにチュ」でぱっとOKしちゃう辺りはかつ
 ての純情ぶりを思い出させて可愛かったぞ。
 

  しかしラジニカーント、前半の「青年」モードも無論いいんですが、なんてったって「18年
 後」、実年齢とも近い「アダルトラジニ」になってからがグッと光っておりましたね。あのヒゲ、
 そしてサングラス! くう〜〜っ、カッコいいっ。胸ときめきました(←マジです)。
  やっぱこれくらいの方が良いよねぇ。そろそろ「若いヒーロー」役からは解放してあげたらど
 うか。って、これだけ大スターになっちゃうと難しいだろうけど。
  ……あ、とは言え、今どきのギャル共に「ダサ〜」言われて「粋に変身」してきたあのスタイ
 ルは、ちっともイカしてませんでしたが(爆)。ズボンもいい、ジャケットもいい、だがあのシャ
 ツはナンだ。
 

  2001.5.1
 
 
 
 
 

  ……あのお約束の「ヘビに噛まれませんでした?」ギャグ、きっと答えはもらえないまま終わ
 るんだろうな、と思っていたら、意外にも返事がいただけたのでびっくり。そしてその返事が
 「アレ」だったのにまたびっくり(笑)。あの笑顔からはそんなことが起きていたなんてちっと
 も判らなかったぞ、ラジニ!
  しかしこの人いい味出してましたね。しつこさにイヤミが無い。よく顔が判らなかったんだけ
 ど、『アシュラ』の主役の義兄に似てた気がするのだが??

  ……それにしても、「ここは父の大事な思い出の家だから」言いつつ、喧嘩の時には破壊しま
 くるラジニって(笑)。戦いながらいつの間にか2階に移動しておりましたが、あれはどう見て
 もガラスをぶち破って飛び下りたかったからにしか見えません。
  そして、あれだけ暴れておいて、ニーランバリには「無闇に人を殴るな」言うのに笑いました。
 まあ、確かに君は「無闇に」殴ってる訳ではないかもしらんが、でもしかし。

  ……「あのカッコいい敬礼を見せてくれ」って息子におねだりする親父が可愛かったです。な
 んだかんだ言いつつ息子心配しまくってるし。
  んが、あそこで「お前は妾の子だ!」「私が拾って頼んで育ててやったんだ!」言うのはどう
 かと思うがなあぁ。いくらその後に心の広いとこ見せようが、あれぢゃ弟グレるって。

  ……しかしハーモニカ吹きながら女追い掛けるのはやめたがいいと思うぞ、ラジニ(笑)。ど
 う見てもあやし過ぎるって、それ。
  そしてどう見ても吹いていないし(笑)。シャールクのマンドリンもかくやってくらいでした
 な、あれは。

  ……何と言っても今回はその卓越したCG技術に感動(笑)。特に、子供と言えば子供になり、
 虎と言えば虎になっちゃうラジニが凄かった。
  そうそう、虎と言えばあの謎の「豹柄ダンサーズ」には度胆抜かれました(笑)。

  ……そしてこの映画でわたしの抱いた最大の疑問はコレ、「ついたり消えたりするプラカシュ
 (ニーランバリ兄)のヒゲ」!!(激爆)
  親父に死なれて、復讐ダンスを躍るニーランバリを止める時には、ヒゲ無いんですよ。「あれ、
 いつの間に剃ったんだ?」思っていたら、直後の「牛復讐シーン」では復活。こりゃ一体どーゆー
 ことだ!???
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る