『オープン・ユア・アイズ』

  何ひとつ不足のなかった筈の人生から、私は突然、突き落とされた……長く辛い苦しみ、だが 
 闇は晴れ、何もかもが望むようになって……なのに、消えない、どうしても、この「痛み」が。
 
 
 
 
 
 

  
  かなしみで胸がふたがれるような思いのする時、人は一体、どこにその「痛み」を感じるのだ
 ろう?

 
  

  例えば自分が何かの事故でふた目と見られないような顔になったとしたら。
  それはそれで、勿論ショックだと思うのだ。こんな風に他人が引き起こしたものなら、その相
 手を恨みもするだろう。
  けれども……けれども、例えどんな顔になっても、「自分」の中味には何ひとつ変質がないま
 まだろうと思うのだ。
  何よりわたしは、捨てることがきっとできない。どんな顔になってしまおうとも、食べること
 も、飲むことも、笑うことも泣くことも、遊ぶことも……喜びや楽しみやそういうものを、何ひ
 とつ、捨てることができない。忘れてしまうことができない。
 

  いかようにでも構築できる世界を手に入れながら、彼は何故「悪夢」を見るのか?
  完璧な幸福を手にしていながら、何故そこに安住できない?
  何故いつまでも「それ」に心を掴まれている?
  何が不安で、何が恐いのか?
  夢の中でも人は孤独か?
  痛むのは……胸か? 心か?
 

  もしかしたら人の心は、「完璧な幸福」などには耐えられないように出来ているのかも……し
 れない、それはとても……怖い、ことだ。
 

  このままでは、目覚めた先でも、きっと彼はひとりだ。
  何度目覚めても、永遠に終わらない。

  1999.10.2
 
 
 

  ……しかしこのパンフレットで800円は暴利では(泣)。途中のスッカスカのコメント集に
 は怒りで青筋たってしまった(イッセー尾形さんのは、良かった)。こんなんチラシに乗せとけ
 い!

  ……それにしても主人公、女たらしの癖に、手を出したらいかん女のタイプも判らんのか(笑)。
 ヌリアってあれ、絶対一度くらいついたら離さんタイプの顔ではないか〜。まさに命知らずな男、
 セサール。

  ……そういえばそのパンフのストーリー解説で、「巧みな誘いについ彼女の車に乗ってしまう」
 とあって、笑った。あれが「巧み」かぁ〜? わしが男ならその場で車蹴飛ばしてバイバイだけ
 どなぁ。見ていて、「何で乗るよ!」と内心思いきり突っ込んでしまった。

  ……まさかあんなところでこんなにも笑う羽目になるとは思わなかった、
  「ドッキリカメラ」!(大爆笑)
  スペインにもあるのねぇ〜。ああ、見てみたい。

  ……それにしてもソフィアのあの白いワンピース……ああなってこうなってそれで出てきた服
 装が「あれ」かと思うと……急に服の露出度が上がっている気がするぞう(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る