『オネーギンの恋文』

  一度すれ違ってしまった二人は、熱い思いを抱きながら決して結ばれることはない。この世で
 最も美しいものは、失って二度とこの手に還らないもの。飾られた映像が二人の恋を彩る。
 
 
 
 
 
 

  柔らかいこころを、柔らかく受け止めるのは、とても難しい。
  熱く、柔らかく、まっすぐなこころ。
  それをきちんと受け止めるには、自分も何かを捨てねばならない。
  何かを捨てて、自分の一番柔らかい部分を相手に差し出すというのは、とても、危険なことだ。
 もしも刺されれば、深く深く傷つく。息の根さえ止める程傷つく。
 

  自分がそれを捧げた時に、相手も同じものを差し出してくれる、それは奇跡に近いことだ。
  全く同じタイミングでそれが起きることなど、そうあるものではない。
  けれどもそれは、一度掴みそこなったら二度と戻らない。
  仮に強引にひき戻したとしても、それはもう決して「一番柔らかい部分」ではない。
  それが与えられた時に逃さずとらえて手に入れる、そんなことができる人はそうはいないのだ。
 

  けれども本当は、「手遅れ」なことなど、この世にひとつもないのかもしれない。
  本気でやり直そうという強い思いと意志さえあれば、どんなところからでももう一度人はそれ
 を取り戻せるのかもしれない。最初と全く同じ気持ちを再び得ることは無理だとしても。
  「手遅れ」なのは、彼女の「立場」なのではない。
  あの時に、あの自分が一番柔らかな時に、それを逃さず掴んでくれなかった、その時彼女の心
 には決定的な亀裂が生じたのだ。そして傷は癒えることなく血を流し続ける。そこから柔らかな
 もの、みずみずしくあたたかなものが、どんどん流れ出す。流れ続ける。
  

  そうして今や、彼女のこころは決定的に変わってしまった。
  かつての彼がそうだったように、彼女はこころに、がさがさした皮をかぶせることを覚えた。
 今でも血を流し続ける傷を抱えて、彼女はその皮を決して脱ぐことはできない。彼が愛を信じず、
 その先に必ず変質や幻滅が訪れると頑なに決めつけて彼女を拒んだように、すべてを捧げて手酷
 くはねつけられた傷の痛みの記憶から、もう一度無防備に柔らかな部分をさらけだすことを恐れ
 て、彼女は踏み出すことができずに彼を拒む。
 

  そうして人は後悔の味を覚える。
  ああ、どうして自分はあの時、こちらに向かって差し出された手をとらなかったのだろう?
 
 
 

  映像が、鳥肌がたつ程美しい。あまり説明しない分、状況や心情を映像描写でこれでもかこれ
 でもかと説明してくれていて、その判りやすさはちょっと可笑しくなってしまう程なのだが、映
 されているものがあまりに美しいのでつい酔ってしまう。
  特に、川は良かった。葦の茂みからオネーギンを見つめるタチヤーナ、その川面の白く眩しい
 輝き。決闘シーンではそれが一変し、何でこんな設計をしたのかと疑問に思いたくなる程低い低
 い桟橋に、灰色の重たい曇天の下、風に吹かれて泡立った波が不吉に音をたてる。
  緩急の効いた絵もいいですね。静と動、と言うより静止と走、と言うべき感じで、動きのある
 シーンでは画面が走っている。その間にはさまった止め絵のような静けさが美しい。
  音の使い方もやはり沈黙と疾走とが効果的に使われている。紙の上を走るペンのかすれた音。
 唇からもれる吐息。腹の底に響くような蹄の音。疑うことを知らない恋人達の歌声。音を消され
 た世界の中で、泣き叫びながら走るタチヤーナ。
 

  それにしてもオネーギン、見ていてほんとに、「ああ、バカバカ、何だってこんな時にそんな
 ことを言うんだよう」と、イライラさせられる困ったさんですね(笑)。どーしてこんなに素直
 じゃないんだろう。いや、内面は実は思いっきり素直なのに、わざとカッコつけてシニカルぶっ
 てるのが透けて見えるので、地団駄踏みたくなります。
  そりゃ確かに言ってることはそう間違ってないよ。ウラジーミルは田舎もんだし、オリガは簡
 単に誘惑される女だ。でもねえ、事実だからって言っちゃいかんことってあるし、例え言うにも
 言い方ってもんがあるし、もし言っちゃったとしてもその後のフォローってもんがあるでしょう
 が(笑)。
  彼の一言に真剣に反応するウラジーミルに、困ったような、とまどった微笑みで「野暮かそう
 じゃないかなんて関係ない」って、アンタねえ(笑)。どうしてそこでもう一言、更に突っ込ん
 で「そういうこととは関係なく僕は君が好きだからつきあうんだ」って言えないワケ? どうし
 て「親友の君とは決闘したくないんだ」って言えないワケ? ああもう、ほんとカッコつけなん
 だからなぁ。
 

  恋する女の観察力でタチヤーナはそんなオネーギンを見抜いている。彼本人よりも彼を理解し
 ている。「彼にはあなたのような友達が必要なのよ」きっとその裏にはもうひとつの言葉がある。
 「そして彼には私のような女が必要なの」。
  それに彼女は確信を持っている。だから、パーティの席で、彼の視線をからめとり、彼が自分
 の後をついてくることをはっきりと意識して外へと駆け出す。
  思った通りあの人はついてきた、その時彼女は恋の成就を確信していた筈だ。だが彼の口から
 飛び出したのは思いもよらない拒絶の言葉だった。その時彼女は、彼の心の虚無や歪みが、自分
 が予想する以上にひどいことを知るのだ。絶望を抱えて彼女は呟く。「不幸なひと」。
 

  そうして彼は、この地で大切なものを二つも失った。
  今までの人生の中で、あんな風に自分にこころを捧げてくれた人は他にいなかった。それを彼
 は、二つとも、自分から手放した。失って初めて気づく、その重み。
  もう二度と、彼の元へは手紙は届かない。

  2000.6.25
 
 
 

  ……それにしても、ロシアの話でありながら、登場人物が誰ひとりロシア顔じゃないのが可笑
 しい。英語も違和感あるしなー。ま、それはしょーがないことだけどね。でも、主要人物以外は
 ロシア人俳優を使っても良かったんじゃないかなぁ。

  ……ドレス、みんな綺麗でいいなぁぁぁぁ。パーティや舞踏会でのゴージャスなのも勿論いい
 んだけど、最後のあの白いドレスがとっても綺麗だった。
  彼女の家に勝負をかけに行くのに、入念に化粧して身支度を整えるオネーギンが、可笑しくも
 哀れだった。

  ……予告で『あの子をさがして』がかかり、予告だけでもう泣き入りかかったのだが、その直
 後に『ミラクル・ペティント』だったのでさっと涙がひいていった(笑)。何じゃあこれは。

  ……映画の後に喋っているおばちゃん二人組の声が聞こえてきて、「あの決闘で死んだ人は単
 純な男やったなぁ」とか話してたんですが、「あの時代は正式な決闘やったら殺しても罪になら
 んねやなぁ」と言ったと思うと全く間をおかずに同じ調子で、「森首相がまたアホなこと言うて
 たなぁ」と言うのに意表を突かれた。何だその話題のワープぶりは。しかも、相手はそれに全く
 動揺せずに「何であんな人が首相やってるんかなぁ」とすかさず応じていた。なにわのおばちゃ
 んズおそるべし。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る