『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(原題:Om Shanti Om)

  スターとして日々を過ごす中、廃墟の撮影所で僕は前世の記憶と巡り会った。あれはかつて
 自分が愛し、そして失ったひと。必ず仇を討つよ、あの日の僕と君の為に。ハッピーじゃな
 ければエンドじゃない、ダンスがなければ映画じゃない。インド映画の旋風再び!
 
 
 
 
 

  *警告  
   この先登場人物が陥る運命や人間関係について完全ネタ割ってます。  
   未見の方は、知らないで見た方が絶対に楽しいのでこの先読まないように!  
   また、公式サイトや予告でもその辺バラしまくりなので、まだそれ等を見て  
   いない幸運な方は、そのまま目をそむけてDVDを買って下さい!(まだ日本
   版は出てないけど)  







 
  実はわたくし、この映画三回見ました。  
  一回目は何年か前に、インド映画好きの集まりの上映会で。今回劇場で普通に一回、その後に
 大阪にてフルマサラで一回(笑)。  


  だからもう、なんか最初の方から泣きまくり。  
  ああ、今こうして喜びにひたってるオームが、きらめくばかりの美しさをふりまいている
 シャンティが、この先ああなるんだと思うともうそれだけで泣けて泣けて。  
  特にオームが母親に「遅くなっても僕は必ず帰ってくるよ」て言うとこと、パップーにボトル
 賞もらってスピーチするくだりで泣きました。そして勿論、生まれ変わった後での同じシーン
 でもだだ泣き。二回目も三回目も泣きました。  


  この、今世でのスピーチシーンが本当にいい。  
  前世での一度目も勿論、彼は思いの丈をそのままに言ってるんだけど、二度目は本当に成功を
 勝ち取った、その上での言葉。  
  しかもスターのオームは正直傲慢で自分中心な仕事っぷりなんだけど、本当は映画にはそれを
 支える多くの人々がいて、自分の今の栄光はその下支えあってのことで、口から勝手に出てくる
 言葉の中でそれにはっきり気がついていく。  
  言葉そのものはイタコみたいに同じことを言っていても、一度目のオームの「映画」によせる
 真摯な思い、そして二度目のオームの実績という土台が重なり言葉が実感を得てありありと立ち
 上がって、一段高いステージにのぼってるんだよね。  
  操られたようにああ言いながら、あの時の売れない端役だった自分と今の栄光の姿とが重なって
 いく感じがたまらない。作り手の映画に対する愛をひしひしと感じます。  


  そう、もう本当にね、映画っていいんだよ、夢があるんだよ、素敵なんだよ! てことが
 全身で語られているような作品で、そういう映画がスクリーンに映ってるのを見ながら劇場の
 席に座ってるのは本当にいいもんだと実感しました。ああ、愛だなぁ。  
  その愛が炸裂してるのが、何と言っても「Deewangi Deewangi」です。→動画こちら  
  この八分程の一曲の中に、何と31名のボリウッドスターが集結。  
  どれ程シャー・ルク・カーンが、そして映画が愛されているかの証拠です。素晴らしい。  


  ちなみにわたしはトップに出てくる青いサリーのラニ・ムケルジー(この口の大きな笑顔が
 最高!!)、三分半辺りのピンクのサリーのジュヒー・チャウラー、五分辺りのオレンジの
 サリーのカージョルがたまらなく好きな女優さんです。特にこのカージョル、ぐっとセクシーで
 思わせぶりなムードで出てきて、その後に顔をつきあわせてぱっと破顔するところがかわいくて
 たまらない。ダンスも抜群に上手いです。  
  男優はサルマーン・カーンが出てくるのが嬉しい(六分半辺り)。しかしすごい筋肉だ。  


  他、ダンスと言えばやはりこれが忘れられない「Dard-E-Disco」。この腹筋!  
  まさに「水もしたたるいい男」です。この、水の中から出てくるシャールクがもう震える程
 カッコいい!!!  


  ちなみに上映会で見た時についていた字幕はおそらく英語字幕を直訳したもので、歌詞の中に
 「二ヶ月ごとにワイルドさが欠けていくんだ」「二ヶ月ごとに興奮してたまらない」という謎の
 言葉がありました。何故二ヶ月(今回の映画では「一瞬ごとに胸がうずいた」てな字幕でした)。  
  そしてダンスはないけど、「Ajab Si」も大変好きな曲です。この柔らかな優しさと切なさと
 手の届かない憧れに満ちあふれたメロディ!  


  映画の内容としては前世の敵を今世で討つ、と言ってしまえば世界のあちこちにありふれた
 お話ではあるのですが、そこはやはりインド映画、敵を討つ為の舞台装置がスゴ過ぎます(笑)。
 どんだけ金かけたんだ、オーム。  


  これは一応、最終的には映画もちゃんと作って公開しようと思ってるんだよね? そうでなく
 ただ全部仕込みだとしたら一体どれだけの金をあれにつぎ込んだのか、考えただけでも恐ろしい。  
  でもあんな形でプロデューサー死んで、昔の建物の下から死体出てきたら、もうそれこそ映画
 どころじゃなくなるよなぁ。永遠に作られない映画、『オーム・シャンティ・オーム』。  
  この復讐シーンの際に、パーティ会場のシャンデリアの下を徹底的に避けて歩くムケーシュが
 見所です。そりゃそこは踏みたくないよねえ。  


  そしてコメディ風味の多いインド映画には、大抵「何故か主人公のいつも隣にいてチャチャを
 入れたり要らんことして場をひっかきまわす男」てのがいるんですが、今回この位置にいる
 パップーがたまらなく良いです。  
  茶々は確かに入れまくるんだけど要らんことは全然しなくて、それどころかこの友情の篤さは
 何。この「隣男」は、親戚だったりすることが多いんだけど、この子はほんとにただ親友って
 だけで、でも実にオームと、彼の母親に対しての心遣いが細やか。  
  三十年後の老けた姿のメイクがほんとに老け切ってるんだけど、その姿でテレビでオームの
 スピーチ見てるまなざしと、再会した時の心底嬉しそうな表情に泣き入りました。この、テレビで
 スピーチ見てる時に、後ろにさりげなく自分とオームとの若い頃のツーショット写真が飾って
 あったりして、また涙をそそります。ああ、いい子だぁ、パップー。  


  この映画は復讐譚ではありますが暴力的要素は低く、緩急も上手くできているので長い時間も
 飽きさせず、そして歌もダンスも大変優れておりますのでインド映画初心者には絶好の代物だと
 思います。今度こそ日本にボリウッドの根を!



  2013.4.12     




  ……それにしてもいくらリフォームしただけとは言え、床材くらいはがすだろうに何故死体を
 見つけられなかったのか、インドの大工。どんだけ適当に工事したんか、それともどんだけ深い
 こと穴掘ったんか、ムケーシュ。  

  ……そしてこの人を忘れてはならない、股間ピストル、アクシャイ・クマール!!
  んもう激笑しました。サイコーです。何ていいひとなんだ、アクシャイ。撃たれたい(笑)。

  ……しかしスター・オームの映画ってどれも皆ヘン(笑)。あの障害者のひとはあの状況から
 一体どうやって恋を成就させるのか、そしてラブラブマンの活躍はどうなるのか(笑笑)。

  ……しかしインド映画を再び日本に流行らせたいというその心意気は買うのですが、公式サイト
 でも予告でもそして様々な雑誌媒体でも、あまりにネタをバラし過ぎじゃないでしょうか。  
  特にシャンティが実は既婚だってことは絶対バラしちゃいけないネタだと思います。  
  敵がムケーシュだってことはまあ百歩譲ってバラしておいてもいいけど、前半部分の大きな
 楽しみのひとつは、ぱっとしない脇役俳優のオームがもしかしたら夢に、まるっきり遠い星の
 ような存在だったシャンティに手が届くかも、心が通じるかも、というときめき感を抱きつつ
 画面の二人を眺める、てとこだと思うのですよ。  
  ここを、「どうせ人妻だもんな、オームの恋はかなわないんだよな」て思いながら見てたん
 ではその面白さはがくんと落ちると思う。「生まれ変わっての復讐譚だからこの二人は不幸に
 死ぬのかも」て思ってたとしても、恋の成就はそれとはまた別だもの。  
  そういう意味では初回、全くストーリーを知らずに見ることのできた自分は幸福でした。
 オームと一緒に胸をきゅんきゅんさせて二人の接近を見守り、衝撃の事実に一緒に傷つき、
 最悪の事態に呆然とできたもの。    

  ……三回目の鑑賞は大阪・心斎橋シネマートでのフルマサラ。  
  これがもう楽しいったら!!  
  事前に歌詞とダンスを徹底的に叩き込んで挑んだ「Deewangi Deewangi」、最高でした。  
  この曲はサビのとこの振りが簡単でしかも何度も出てくるので皆様もぜひ覚えてダンシング
 してくださいませ。  

  ……しかし「フルマサラ」というのは「マサラとして何やってもいい」てことであって、
 「映画館で何してもいい」てのとは違うだろ。と、最前列に座っていたグループを見て思う。  
  通常の、登場人物が普通に会話してるシーンとかでべらべら喋ってるのはどうかと思うし、
 スクリーンをカメラで撮るとか、それはもう全くマサラ関係ないでしょう。それはダメで
 しょう。  
  インド映画上映でマサラができるのは余程の映画館側の理解と厚意の賜物なので、こういう
 ことやってると今後マサラさせてくれる映画館がなくなっちゃうかもしれません。マサラ参加
 される皆様、お気をつけて。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る