『数に溺れて』

  「ああやっていつも何かを数えているのよ」シシーと名付いた3人の女、この世をとりまく美
 しく正しくちりばめられた数の秘密。1から100までのカウントの間に語られる水底の夢。
 
 
 
 
 
 

  ジンクスにも占いにもこだわる質ではないが、「数」の抱え込む秘密には胸がときめく。
  その数字に、何かの意味を象徴のように持たせたりすることにはそんなに興味がない。わざわ
 ざそんなことをしなくても、数はただ数であるという、それだけで充分に魅力的だ。
  どこまでもどこまでもずっとつながっている。けれど目をこらしてみるとその間に巨大なジャ
 ンプがある。すかすかとぎゅうぎゅう、その矛盾を平気で抱き込んでいるところがいい。そんな
 ものを隠して、普段は何ともない顔をこちらに向けているのがたまらない。
  十進法という記数法も好きだ。そもそもどうして十進法が、こんなにも標準のものとして世界
 中に浸透したのかは知らないが(指が十本だから??)、その無駄のない、美しく扱いやすい形
 にはうっとりする。
 

  彼女達はいつも何かを数えている。そうすることで、世界の秘密を自分達の中に取り込めるよ
 うに。自分達の秘密を世界に漏らしてしまわないように。
  隅々まで計算し尽くされた画面が美しい。森の緑や海の波まで人工物めいている。すべてが計
 算の下、数という力の元にひざまづいているかのようだ。
  それにひきかえ、シシー達の隣にいる男達は皆どこかいびつで醜い。はみだしている。複雑で
 美しく規則正しいモザイク模様を、明らかに乱している。
  彼等をこの世界に組み込むには、「溺れされる」しかない。
 

  世界はいつか、彼女達の魔法で支配される。その秘密を追う者達ですら、いつしか数の世界に
 取り込まれている。だから連中は彼女達にとって敵ではない。むしろ、モザイクを美しくする為
 の飾りだ。
  けれども検死官の男は最後にそこから逃げ出そうとした。彼女達とよく似た、数と死の魔法使
 いである息子を持っていた内は良かった、だがそれを失い、彼は暴走し始めた。
  だが彼は土壇場で再び気がついた。この世界には既に魔法がかかっていることに。3人の魔女
 のゲームの成就の為、最後の生け贄として自分が「溺れる」ことが必要だということに。
  水はいつも女のものだ。そして数もやはり女の中にある。
  それに「溺れる」のは男だけだ。
 

  何かを数えている間だけ、わたし達は世界を支配することができる。
  そしてカウントする、その間だけ、わたし達は死への歩みを正しく認識することができる。
 

  2000.6.28
 
 
 

  ……縄跳びの女の子が良かった。星の名前で数を数えるのが好きだ。あの数え方、100まで全
 部知りたいなぁ。

  ……映画中には、1〜100までの数字が全部埋め込まれている、そうである。
  最初に劇場で見た時はそれを知らなかったので良かったが、知ってからはテレビで流されたり
 する度に目をぎらぎらに光らせてチェックするようになってしまった(笑)。でも、いまだに全
 部は見つけられません。くそう。

  ……グリーナウェイの映画、ことにナイマンと組んでいる時の映画はみんな好きなんだけど、
 一番好きなのはこれ。その理由が「数」であることは言うまでもないが。

  ……しかし、娘に母親の名前をつけるのはまあ外国ではよくあることなのだろうが、娘孫二人
 とも同じ名前であることにこの親父は反対しなかったのか(笑)。子供の頃はさぞ混乱したに違
 いない。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る