『ボンベイ to ナゴヤ』(原題:Aye Meri Bekhudi)

  憎むべき敵を追って、男はインドからはるばる日本へやって来た。陰の黒幕「YAKUZA」の佐
 藤、美女NO.1山田の娘、抜きつ抜かれつ爆走する新幹線! ああ、エキゾチックジャパン!!
 
 
 
 
 

  実はわたしとこの映画とは、日本公開のずっと前から赤い糸で結ばれていたのであります。
  その糸を結んでくれたのはこれ、『ムトゥ 踊るマハラジャ』。
  この映画、ニフティのオフで見たのですが、オフの後にインド人が経営するインド料理屋へ行っ
 たのですね。
  そうしたらもう、インド人の店員さんと、通じぬ言葉で盛り上がる盛り上がる。そして彼いわ
 く「うちのオーナーの兄は日本でインド映画の主役をやった」。そして取り出された1枚のチラ
 シのコピー。
 

  そこには何故か、新幹線、そして走る男の写真が。下の方に映っている悪人、どう見ても持っ
 ているのは日本刀。タイトルはヒンディー語で、読めません。
  チラシの下部には、英語でストーリー紹介がされていました。わずかな英語力を総動員して解
 読したその内容は、
 「インドの警察官がマフィアに親を殺される。マフィアの男は悪の証拠の入ったフロッピーを持っ
 て日本へ逃げる。男も日本へ飛び、新幹線に乗って後を追う。仕事で日本に来ていた男の恋人の
 協力でフロッピーを入手するも、彼女は悪の手にかかる。男は哀しみの中、復讐の鬼と化して立
 ち上がる……!」
  ……こんな感じ。
 

  うそっぽーい、こんなアホな映画あるかいな。とわたしはその時思ったものだ。何せ当時は、
 我がインド映画歴はたった2本。『ムトゥ』と『ラジュー出世する』です。そのパンフにも、
 「インド映画は必ずハッピーエンドでヒーローとヒロインが結ばれて終わり」ってあったし、ヒ
 ロイン死んじゃうなんてある訳がない。わしの英語の力がないのであろう。
 

  ところが時を経て、この映画『ボンベイ to ナゴヤ』の公開決定。そのチラシを見て、衝撃を
 受ける。「こ、この映画はもしかしてあの……!!!」
 

  その通りでありました。そして、見た。で、ストーリーがすべて自分の理解で正しかったとい
 うことを知った。
  だが。
  ストーリーはまさにこのまんま、が、ストーリーなんぞ裸足で逃げ出す程、この映画はわたし
 の予想を遥かに超えた!!
 

  んもう、映画見ながらあんなに声に出してツッコんでしまったのって初めてです。それも、わ
 たしだけでなく、劇場のあちこちでツッコミの声がばんばん聞こえてくる。それがまたいちいち
 適格で、可笑しい。ああ、大阪で見て良かった。
 

  何と言っても「悪役」の筈のダニーがいい。実にいい。
  いっつもパチンコ屋から出てくるわ、オヤジ丸出しで女の子を口説くわ、妙なところ妙に礼儀
 正しいわ、何だかやたらにキュート。あんたねえ、深刻な報告を踊りながら聞くなよ。また、そ
 れを部下にまんまツッコまれんなよ(爆笑)。
  ヒーロー・ヴィジャイは、どうかすると彼よりずっといかつく見える。敵の腹をバイクでふん
 づけながら「命をもてあそぶのはやめろ」。って、アンタがや、アンタが! 全編通して、踊る
 シーン以外に笑顔無し。が、そのわずかな笑顔はなかなかに人なつっこくて好感が持てました。
 

  どうも話の継ぎ目が今ひとつ理解不能でヘンだ、と思っていたら、これは「スペシャル編集」
 がなされていて、かなり話をカットされているそうなのですね。
  道理で、ずーっと主人公ピンピンしてんのに「入院生活はどうだった」てなこと言われてる訳
 だ。ラストでは悪役が、何の説明もなく両手に手錠をはめたまま逃げてるし。「ちょっと笑って
 る間に画面を見逃したのか……?」と悩んでしまったじゃないですか。
 

  しかし、どんなに編集しても歌と踊りはノーカット!(笑) この男気が素晴らしい。
  しかも、その「歌と踊り」、予想よりずっとレベルが高かった。日本のダンスではバックダン
 サーとかが全然いないので、その中で二人きりのダンスでいかにメリハリをつけて飽きさせずに
 見せるか、ということに神経が払われていて、その情熱と工夫に感動。ありとあらゆる場所や乗
 り物をダンスの為に総動員してます。
 

  ……が、その情熱と工夫の熱の入り方がまた新たな笑いをひき起こしているのだが。何故、何
 故車がガンガン行き交う交差点のど真ん中で踊る? お子様の乗り物を占拠してまで、何故デパー
 トの屋上遊園地で踊るのだ? せっかく大きく窓をとった名鉄パノラマカーの最前部の見晴しを
 犠牲にしてまで、何故踊る??
  そのバックで、通りすがりの名古屋の善男善女が二人に寄せるまなざしが実に微笑ましい(笑)。
 呆然と立ち尽くしているお子様なんか最高。名古屋駅前のロータリーで、車を動かすことも忘れ
 て見とれていた運転手さんも絶品です。
  しかし、こんなに奇異な視線の嵐にさらされても、二人の笑顔とダンスは崩れない。その集中
 ぶりは、まさにプロ魂炸裂していて、感動させます。いや、ホントだって。
 

  とにかく最初から最後まで、もうムチャクチャな映画なんだけど、どーして許せてしまうのか
 なぁぁ。監督兼主演のアニル・バクシーは日本に在住十数年で、撮りたくて撮りたくてたまらず
 撮ったようですが、それが画面の端々からにじみ出ている感がある。「ああ、この人、ホント日
 本が、名古屋が好きなんだなぁ」って感じられるんだよね。そこがいいのかな。
 

  2000.7.13
 
 
 

  ……最も笑ったのはここか、「名古屋を出発し東京に向かった新幹線が到着したのが名古屋駅」!
  このインドウルトラマジックには脱帽。せめて、東京に着いて(着いた、ということにして)
 からは悪役が出てくるパチンコ屋を違う店にするくらいの神経は配れと思うのだが、全くお構い
 なし。その辺のラフさが最高です。カーチェイスならぬ新幹線チェイスってのもたまりません。
 で、抜いちゃうし(笑)。日本が世界に誇る綿密な鉄道ダイヤも形無し。

  ……そして度胆を抜かれたのはこれ、「休憩」の入り方!
  何がすごいって、こんなことさせられた後もダニーが実に呑気に日本生活を堪能しているとこ
 ろが最高にすごいです(笑)。ほんま頭天気やなぁ、キミ。

  ……恋人が日本にやって来た理由が「インドダンスショー」というのもすごいが、名古屋で行
 われている筈のそのショーの舞台のバックには、「飛鳥」とかいう文字が書かれた謎の垂れ幕が
 かかっていた。あれは一体何だったのか??

  ……そして最大の謎は「山田の娘」!
  まずその容貌も謎なのだが(爆)、何と言ってもコレ、何故彼女は父が他人に入れ替わってい
 たことに気づかなかったのか?
  顔は、まあインド4000年の神秘で完璧に変装できてたんだと仮にしても、言葉はどうする、
 言葉は。「最近うちのパパ、どうして急にヒンディー語しか喋らなくなったのかしら?」くらい
 のことは思えよ。呑気なのにも程があるぞ、キミ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る