『ムトゥ 踊るマハラジャ』(原題:Muthu)

  暑い国から熱い男、ラジニカーントがやって来た! 日本に一大マサラムービー旋風を巻き起
 こした記念碑的作品。まさに「世界の男の王様」ラジニのウルトラアクションを見よ!
 
 
 
 
 

  SUPER STAR RAJNI !!
 

  この文字がくるくると画面に現れた時、もうわたしのハートはわしづかみにされたも同然でご
 ざいました(笑)。
  いやぁ、日本のスーパースターにしきのあ○らがいかにスケール小さいか判ろうってもんです。
 この、いささかの照れもない見得の切り方! 魂にグっときます。
 

  計2時間46分という長大な時間を、これだけ単純なストーリーにも関わらず飽きずに見せちゃ
 うという力技にもう脱帽。勿論、この出来の良さは、インド映画内でも群を抜いたものでありま
 す。すべてのインド映画がこんなに凄いと思ってもらっちゃ、それはちょっと困る。
  役者がまず良いし、音楽も一級。衣装やエキストラ(動物含む(笑))にはほんとに贅沢に金
 がつぎこまれていて、要のダンスシーンでは1曲に6日をかける、細部に労を惜しまない丁寧な
 つくり。工夫されたカメラワーク。1本の映画にここまで全力投球してくれる、その心意気が嬉
 しいじゃないか。今の日本の映画に、こんなパワーや愛があるか?
 

  でももしかしたら、それは見るわたし達の方も同罪かもしれない。「映画を見る」ってことに
 そんなにパワーや愛を使っていない。
  いや、別に、使うのが即良いことで使わないのが悪である、などとは思わない。そんなことは
 さらさら思わないけれども、でも、「映画を全力で見るっていう体験もなかなか楽しいよ」とい
 うことを知らせてくれたこの作品は、わたしにとって大切だ。
 

  本当に本当に楽しくて、見ると幸せになります。というのも、この「ムトゥ」という奴が実に
 嫌味のない、ホントに「いい奴」であるところが大きい。
  お金持ちの家の使用人で、旦那様と大奥様の為なら例え火の中水の中。それが、「主人と使用
 人だから」ということでなく、もうひたすら純粋に相手を好きで尊敬してるから、というのが透
 けて見えるんですよね。その底抜けの「純粋な好意」が泣かせます。
  強くて何でもできて口も達者で粋で陽気でハンサムで優しくて、こんなに非の打ちどころのな
 い人なんて、もし実際にいたらぜーったい嘘っぽくなったり嫌味に感じちゃったりするもんです
 が、それをこの「底抜けの善良さ」と二枚目半のおっちょこちょいぶりやお茶目さが救っている。
 ほんと、親友にしたくなっちゃう男です。
 

  そして歌にも歌われている通り、「人生を思いっきり楽しまなくちゃ!」って思いが全編にあ
 ふれている。娯楽の中にまぎれこんでしまってはいるが、実はこの映画、結構含蓄深いというか、
 ある意味説教くさい映画なんだよね(笑)。「なるも運、ならぬも運」「金を蓄えれば心の重荷、
 徳を蓄えれば心の平安」「神さまは心の中だ」「大地を耕すのに武器などいらない」などなど。
  でも、これがこの映画の中に出てくるとちっとも説教くさく感じられず、むしろ「うむうむ!」
 と大きくうなずいてしまったりするのは、やはりその本質が「娯楽」で、生きるということを心
 底楽しんでいる人達の口から語られるからだろう。
 

  まあそんなこともさておき、ミーナちゃんの可愛らしさは特筆に値する。目眩がしそうなナイ
 ス・バディ。これを見ると、日本の鶏ガラのような女優に全く魅力を感じなくなります(笑)。
  そのミーナちゃんをああしてこうしてあんなことまでしちゃうラジニカーント。と言うとただ
 ならぬことみたいだけど、実はインド映画は性表現が厳しくキスさえ御法度。にも関わらず、い
 や、だからこそと言うべきか、ラブラブシーンは工夫が満載で、「これなら軽くキスでもさせて
 終わらせておいた方がよっぽど穏便なんじゃ……?」と内心思うこと受け合い(笑)。
  特にこれは良かった「ミーナ楽器を奏でるラジニ」!! いやー、たまらんわー。わたしも奏
 でてみたいです、はい(爆)。
  しかしホントに、ムトゥとラブラブになってからのランガのむんむんのお色気にはくらくらき
 ます。んもう、ただ立ってるだけで色っぽいんだもんなぁ。「恋してるのよ!」って気持ちが全
 身からあふれてる。チャーミングだなぁぁ。
 

  とにもかくにも、マサラムービーの美味しいところがぎゅぎゅっと詰まったこの1本。未見な
 ら見ましょう。一度見た方も何度でも見ましょう!
 

  2000.7.10
 
 
 

  ……ムトゥがランガの兄貴をぼこぼこにやっつけてる時に、バルコニーから「イイネ!」って
 親指立てる旦那様がサイコー。しばらくこのポーズはマイブームでありました(笑)。

  ……ポーズといえばやはりこれ、「手ぬぐい回し掛け」! はい、わたしも帰宅してから、お
 うちでこっそり練習しました(爆)。でも、タオルだと柔らか過ぎてイマイチですね。手ぬぐい
 みたいな布地のものに、のりをバリバリに効かせたらちょっとはそれっぽいかも。

  ……ムトゥの素性が判った後に、それを聞いたアンバラッタールが「道理で似てると思った」
 と言うのに激笑してしまった。そりゃーそうだ。
  でも、老人で登場した時は、最初、ホントに判んなかったですよ。凄い演技力。

  ……やはり何と言っても馬車! あの、壮大な馬車チェイス! あれはすんごかったですね。
 間違いなくかなりの数の馬がお亡くなりになっていると思うぞ。死人が出なかったのが不思議な
 くらい。ここまで全力を尽くすとは、いやはや、実に……ああ、合掌。

  ……そして大好きな台詞は、手紙がめぐりめぐって庭に全員が集まって、「どうして皆集まっ
 ちゃったの?」「皆で歌って踊る為!」いやー、いいわぁぁ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る