『ムーラン・ルージュ』

  夜の魅惑をふんだんに詰め込んだこの街で、ダイヤモンドと文無し詩人は出逢い、歌って、恋
 をした。誰もが必ず覚えているあの歌、あのメロディに乗せて、夢の舞台がいま幕を開ける!
 
 
 
 
 
 

  ええええええ、もういいやーん。
  もう君等二人、くっついとこうよ。
  そんでこのままずっと、幸せでいようよ。
 

  「そしていつまでもいつまでも二人は幸せに暮らしました」の一体どこが悪いのだ。高く困難
 な障害や壊滅的ないさかいを乗り越え、固く固く結ばれた、その瞬間にこうならなきゃならん、
 その理由が全然判らん。
  いや、勿論、出だしでラストは判ってるんだよ。でも、でもさ、ここは卑怯なミステリの叙述
 トリックのごとき手段を使ってもいいから(「あの時古い彼女は死に、そして生まれ変わった」
 みたいな(笑))、ハッピーエンドが欲しかった。
 

  純イメージではあるのだが、こういうのって非常に西洋っぽい気がする。日本ではさ、避けら
 れない困難に出会った恋人が、二人の愛の成就の為に心中しちゃったりはよくあるが、困難を越
 えて幸せになった、まさにその瞬間に片っぽが息絶える、てのは今考えてもさっとは思いつけな
 い。あるのかもしれないが。
 

  だって、こういうの、「泣かせる」以外にそれが無くちゃならない理由がわたしにはさっぱり
 判らないんだもん。その通り泣いたけど。ああ泣いたさ! だって「泣け」ってつくってあるん
 だもん!!←逆ギレ(笑)
  幸せになってはいおしまい、だとこの物語の持つ意味やパワーが薄れるの? そうは自分には
 思えないけどなぁ。確かに「彼女の死」で彼は人間として成長し、二人の恋は永遠に素晴らしい
 物語として残されることとなった訳だけど、もー成長も何にもしなくていいから君等ラブラブで
 いようや、そう思ってしまう。
 

  ……と、まあ、そんな風に不満に思ってしまう程、わたしはこのカップルにはしあわせラブラ
 ブで終わって欲しかった訳さ! だって最高にイカした二人なんだもの!!
  何てったってニコール・キッドマンがいいなぁ。実に美しく、実に今までのイメージ覆してま
 す。こんなニコール、見たこと無い。で、間違いなく今まで見たニコールの中で一番いい!
  ユアン・マクレガーも下を脱がずによく頑張った(笑)。歌手でもやっていけそうな程の歌の
 上手さもともかくも、歌っている、その表情がものすごく良い。歌う喜び、が全身からはちきれ
 そうなその笑顔。たまりません。
 

  そう、うん、もうまんまとラストでは泣いたけど、実を言うと、わたしこの映画では最初っか
 ら殆ど泣きっ放しだったのだな、これが。
  まずどこで泣いたかって、「サウンド・オブ・ミュージック」で泣いた←早い(笑)
  告白すると、そもそもこの曲は自分にとって、「いつどこでどんなかたちで聴いても泣けてし
 まう一曲」だったりするんで、もう致し方ないっちゃないんですが。ちなみに、泣ける理由は何
 か特別な思い出がある訳でも思い入れがある訳でもさらさら無く、ただ単にメロディが目眩がす
 る程美しいから、の一言に尽きるのですが。
 

  そんな訳で使われていたのがこの曲だった、というのも大きな理由なんだけど、ここ、まずざっ
 と芝居のアウトラインが出来て、アブサン(!)で乾杯、その後、瓶から妖精が飛び出して 皆で
 歌って躍りまくる、そこでもうダダ泣き。
  だって、もう! こんなにもこんなにも画面が歓びで輝いている。歌うこと、リズムに乗るこ
 と、映像が隅から隅までその歓びに満ち満ちている。それがもうたまらなくて、ひたすら泣けた。
 

  その後の「カンカン!」でも泣いたしな。ユアンの歌口説きも勿論、「再演再演で50年」だっ
 たっけ、あれもキたし、ロクサーヌなんかたまらんかったし。さすがに例の二人の「まるで処女
 (by王様)」はだいじょぶでしたが(笑)。
 

  何でこんなに倖せそうに歌うんだろう。歌うという、その真の歓び、パワーがあふれだしてい
 る。それに芯からこころをうたれる。
  そういう意味において、この映画は『ジーンズ』なんかよりずっとインド映画だ(笑)。歌い
 たいから歌う。躍りたいから躍る。そういう純でまっすぐで、心楽しいものに満ちている。
 

  それから自分にとってものすごくポイント高かったのは、これが見事に「舞台劇」であるとこ
 ろ。何度も何度も繰り返される言葉、「Show must go on!」。
  そう、幕は決して下ろされてはならないのだ。例えどんなことがあっても。決して一流、上流
 では無いムーラン・ルージュの舞台、けれどもどんなダンスや芝居でも、そこにいる全員がプロ
 としての芸人意識をびしっと持っていて、舞台を続行すること、最後まで幕を下ろさないことに
 全力を注いでいる。誰もが何よりもそれを優先させている。その姿にぐっとくる。こうでなくっ
 ちゃ。
 

  2002.1.17
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る