『ミモラ 心のままに』(原題:Hum Dil De Chuke Sanam)

  少女は涼風に似た青年と青いレモンのような恋に落ちた。だが恋は引き裂かれ、愛の無い結婚
 を強いられる。彼女の本心を知った夫は愛の為、自らの心を切り裂く決意をする……インドから
 贈られた、二つの「愛」の物語。
 
 
 
 
 
 
 

  映画の前から何に期待してたって、彼ですよ、彼。サルマーン・カーン!
  『カランとアルジュン』で一目惚れして以来、ぜひもう一度スクリーンで再会したいと願って
 いたひと。ああ、嬉しいなあぁ〜。
 

  と、胸ときめかせつつ登場を待っていたわたし。そんなところへ登場人物の台詞は容赦なく降
 り掛かる。
 「イタリア人が来る」えっ? 「世界中の言葉が話せる人だ」ええっ? 「イタリア人とインド
 人のハーフなんだよ」えええっ? 「インド音楽を学びにやってくるんだ」ええええっ?
  どこからどう見ても音楽家には不必要な筋肉で固められたあの体。そして確かに一般のインド
 俳優に比べれば色白で彫りも深い優男。だが。だがしかし。
 

  そして待ちわびた登場、しかしそこから彼はもうわたしの度胆を抜いた。何とカーンくん、
 「天国のパパ」とマジ会話を交わしながら砂漠を歩いてくるんである。その会話っぷりたるや、
 まるで『ファイト・クラブ』のノーマンくん一人喧嘩か人形の無いいっこく堂か、といったとこ
 ろ。相手も無しでいきなり頬張られちゃったりするんである。
  さすがは『カランとアルジュン』で黄泉から生まれ変わった男。あの世との交信も堂に入った
 もんである。
 

  そして訪れた家でさんざ発揮する「イタリア人ぶり」。
  しかしこの映画、日印国交50周年記念作品らしいのですが、これで仮に日印の友好は深まっ
 たとしても、イタリアからは国交断絶されるんじゃないだろうかと思わず真剣に心配してしまい
 ました。これほんまにだいじょうぶか、オイ。
 

  だけど、うーん、見てるとどんどん憎めなくなって、ふふ、と笑みまでもらさせて、何だかも
 う、君には負けたよ、うん、好きだなぁ、と思い始めてる自分にふと気づく。
  この辺はほんとに上手いよねぇ、インド映画。最初は「絶対追い出してやる!」思ってたのに、
 相手のふるまいについ笑っちゃったり、思いもかけない心の純粋さに触れたりして、どんどん惹
 かれあっていく二人の心が本当に微笑ましい。
 

  でも、あの状況で叩かれたからと言って、あんなに怒るのはどうかと思うぞ、サルマン。
  あれは、だって、叩かれたって文句言えないよねぇ。どう考えたってあんたが悪い。何逆ギレ
 しとんねーん。
  ……と、思ったが、その後のアイシュちゃんが激かわいかったのにもう胸キュン!←死語
  何度はたき落とされても蜂蜜を口に運び、立ち去ろうとして腕輪が壊れ、傷ついた腕にやさし
 く触れた相手の唇、その傷を愛おしむように胸に抱いて涙する。くーっ、もう、俺もこんな風に
 アイシュを泣かせてみたい!←オイオイ(笑)
 

  もう、ほんとにほんとに、この二人があまりにあいらしいカップルだったので、裂かれてしまっ
 た時には胸が苦しくなる。いや、インド映画のお約束だもの、きっとこの後には障害を越えて二
 人は再びハッピーさ。そう自分に言い聞かせるのだけど、何とアイシュちゃん、とうとう結婚ま
 でさせられちゃった。えええ〜、一体どうなっちゃうの(涙)。
 

  この時の、サルマンと仲裂かれてからの、生きる喜びのかけらも無い瞳、堅く引き締められて
 微笑みの影さえよぎらないその唇、生気の無い萎れ切った抜け殻のような姿に目を見張る。凄い
 演技力だわ、アイシュ。
 

  もう本当に、こんな絶望の淵に沈んでいては何も残らない、どうやってこれから生きていけば
 いいのか考えもつかない、いっそ死のうとしたのにそれも失敗に終わった。もう自分には何も無
 い。このまま生きた屍のように毎日を過ごすしかない。
  そんな悲しみの果てに手渡された手紙、それを見て初めて目の奥に灯る光。再び還ってきた熱
 い心の底からの涙。
  それを夫は見てしまった。
 

  ……しかし、この旦那、本当に凄いわと思うんだけど、だが素直についてきてもらうのはどう
 かと思うぞー、アイシュ。
  そりゃこの状態で彼女に財力なんてある訳ないから、金は旦那に出してもらわなしゃあないと
 思うのね。でもさああ、ついてこさせんでも良いではないか。
  まあねえ、確かに、まだ子供みたいなもんだし、そりゃ、一人では行かせられんのは判るけど
 さぁ……でもなぁ、そこは踏ん張れよ、アイシュ。つっぱねて一人で行けよ。
  おまけに、ここまでしてもらいつつ逆ギレかますし(苦笑)。いや、まあね、事態が全然進ま
 なくってイライラくる気持ちは判んねんけど、でもそれはあまりに旦那が可哀相(涙)。
 

  でも本当に本当にこの旦那は凄いですわ。圧倒される。
  実はこの人、『DDLJ』での可憐な演技で日本男児のハートをわしづかみにした(←言い過
 ぎ)カージョルの旦那さんだったりするのだが、その事実を某サイトで知った時、わたくし少な
 からぬ衝撃を受けたものでした。「いや……そりゃ惚れちまったもんは仕方がないが……しかし、
 だがしかし……ああ、俺のカージョルよ、君は何故そんな選択を……」と、ショックで2日は寝
 つけなかった程です(←言い過ぎ)。
 

  だもんだから、出てきた瞬間には結構顎が外れた。「ああっ、こ奴はにっくき(←言い過ぎ)
 カージョル旦那!」
  んで、こいつがアイシュに横恋慕して二人の仲を裂く大きな邪魔者になるのは目に見えてたん
 で、こころの中では「はいキミ悪役」。
  そんな訳ですごーく個人的な色眼鏡も入りつつ、結構白い目で見てたんですね。だけど……う
 うむ……しかし……ちょっとちょっと、いいじゃないよアナタ。
 

  親父に「愛する女を他の男の手に手渡す時、お前の心は引き裂かれるだろう、それでもいいの
 か」てなこと言われ、「その時にはあなたがわたしの力になってくれますよね」みたいな会話交
 わす辺りでむむ、と思うが、この時には「いや、まだ騙されてはいかん、奴こそアイシュの不幸
 の元凶!」と思う(←言い過ぎ)。
  だけど、いざイタリアに渡り、時に心ここに無いアイシュを叱りもせずに辛抱強く見守り、八
 方手を尽くしては探し回るその姿に、むむー、とうならされる。
 

  で、結局アイシュの逆ギレを招いた彼の「微笑み」なんだけど……これがもう、絶品なのだわ。
 「よう考えたらこんなイタリアくんだりまで来て、あちこちまわって、やっと手がかり見つけた
 思たらてんで見当違いのミョーな奴で、何だかなぁ、ほんま、俺って一体こんなところで何やっ
 てんねやろ」みたいな、ぼやき節入った、自分で自分に「惚れた女にこんなんやって、ほんま俺っ
 てアホやなぁ」って突っ込んでるみたいな、その上に隣で涙拭いてるアイシュがかわいくてしょ
 うがなくて、みたいな、そんな複雑な気持ちがいっぱいに入り交じった上でふとこぼれた「笑み」。
  ここでまず最初に「うっ!」てきました。しまった、ちょっとカージョルの気持ちが判ってし
 まいそうだっ。それは絶対にイヤだぞっ(←言い過ぎ)。
 

  だが旦那の攻撃(?)はなおも続く。
  さすがにアレは逆ギレだったわ、と気づいたアイシュが次の日電車で向かいあわせの席に座り
 ながら彼に謝る、この時のアイシュの可憐さもまたたまらないんだけど、それが目に止まらなく
 なる程、このシーンの旦那は良い! 良過ぎる! 瞳の奥からあふれ出すやさしい光、口元をよ
 ぎるやわらかな笑み。
 「私達って一体何なの!」とゆうべ叫んだ妻の言葉に今答えて、「この関係に名前をつけよう」
 「僕等は友達だ」と手をさしのべる。「言ってもいい?」と許しを乞うた彼女に「僕も言っても
 いい?」と聞き返し、「何?」と聞かれて「何でもない」と目を伏せて微笑み首を振る、けれど
 スクリーンのこちら側のわたし達には、発せられないその言葉が痛い程伝わる。
 

  ……しまった、どうしよう、あんなにサルマンと幸せになってほしいと思ってたのに……この
 まんまこの人が不幸になるのって納得いかないしとってもイヤだ、と思ってしまっている自分に
 気づく。
  だけど、どうなんだろう、どう考えてもインド映画ってこの立場の善人ってひたすら善人のま
 ま身をひきそうだし……やっぱどうにもならないのかな。だって再会は再会するんだろうし、そ
 したらサルマンの元に戻るだろうし……でも、でもでも、なぁ。
 

  などとぐじぐし思っていたら、アイシュがとんでもないことになって度胆抜かれる。いや、あ
 なた、そこ撃たれちゃったらふつーは死ぬでしょう! 増して、あんな呑気にヒッチハイクなど
 していた日には! そして万一助かったとしてもあんなに素早く治らんだろうし傷跡ばっちり残
 るでしょうに! インド4000年の秘薬もイタリアには無いだろうに!
  と、内心で激しく突っ込みつつも、まあそこはいいとしよう、インド映画だし(笑)。
 

  だけど、うん、ここの、脅されても決して抜かなかった結婚指輪、そして妻の入院費の為に意
 を決して抜こうとし、でもどうしてもできない、そんな姿にまたぐっとくる。もはや自分と彼女
 をつなぐかたちあるものはこれだけ、結婚の首飾りも彼女は外してしまった。だからこれだけは
 自分からはどうしても外せない。
 

  入院中に偶然知り合った気の好い青年、彼こそが彼女の想い人だと知り、夫の気持ちはますま
 す強く固まる。彼女をどうしても彼の元に返さなければ。
  病院代で財布は空だ、でも送金が来るまで待ってはいられない。
  切符無しで電車に乗って、検札をごまかす為、以前に同じ電車で見た検札逃れのカップルの真
 似をして、二人はかたく抱きあう。つかのまの熱いふれあい、その瞬間にほとばしる想い。
  よく歌を歌いに現れるというバーで彼を待つ、その間にバーの主人に幸せな夫婦と思われダン
 スを強いられる。最初は困惑気味だった彼の頬を徐々にゆるませる本物の笑顔。
 

  その帰り道、酔った彼の足取りと言葉はいつになく軽い。
 「あいつはいい奴だ、必ず僕より君を幸せにする」「でもまたいつか必ず友達として会いに来る
 よ、あの橋の上から、ナンディニ、そう大声で君の名を呼ぶ。君ならきっと僕の声を判るだろ?」
  そしてどんなに酔っていても言えない言葉、「言ってもいい?」「何?」「何でもない」。
  ひやー、もう、たまらーん(泣)。惚れたぜ、旦那!←とうとう
 

  そして徐々に変化していくアイシュの心。
  ふたつに引き裂かれていく自らの想いを自分でどうしていいのか判らない、その辛さにあふれ
 だす涙にまた心臓わしづかみ。アイシュ、さあどうする!
 

  そしてついに再会の時は訪れた。
  このシーンの素晴らしさは筆舌を尽くしても言い尽くすことができない。台詞といい、それを
 語るアイシュと言い、身を切られるより辛い言葉をのみ込むサルマンといい……ああ〜、もう、
 君達はどれだけ俺を泣かせたら気が済むんだっ!←逆ギレ
 「わたしは愛の為に七つの海を渡ってきた、でも今この七歩を越えることができない」「あなた
 はわたしに愛を教えてくれた、そして夫はわたしに愛を育むことを教えてくれた」。
  そしてサルマンは言う、「今じゃ七つの海を越えるのも飛行機で七時間、けれど僕には君との
 七分間が一生のすべてだ」「七回の人生を彼と生きるといい、でも八回目は僕のものだ、その時
 は彼は要らない、彼はその時は邪魔者だよ」。ああ、切ないぜサルマン(涙)。
 

  オペラセンターの広いロビー、黒服の男女が立ち並ぶ中をただ独り真っ白い服を着て、男は静
 かに立ち去っていく。
  やがて人気のすっかりなくなった同じロビーを、真っ赤なサリーをなびかせて女は走る。
  息をのむように美しい対比。
 
 

  目の前に立った女に男は問う。
 「言ってもいい?」
 
 

  ああ、言ってもいいよ。
 

  2002.5.17
 
 
 
 
 

  ……ひそかにものすごーく好きなキャラが、アイシュおばあちゃん!
  もう、すんごくかわいんだぁ。なんか、『ナビィの恋』のおばぁを彷佛とさせました。
  孫に対するやさしい心情もステキだし、若き日の恋を語るその姿はあいらしく初々しい。いやー、
 こんなお婆ちゃんにわたしもなりたーい。

  ……それにしてもサルマンママ、もっと早く息子に彼女が来てること教えてやれよ(笑)。
  そしたらあんなにも再会に無駄な時間食わずに済んで、息子の恋も何とかなったかもしれない
 ぞー。全くもう。

  ……そしていくら教会で聞き損ねたからと言って、外でビールを飲むまでに仲良くなっても名
 前を聞かない君の神経もどうかしてるぞ、カージョル旦那(笑)。また、そこまで徹底して名乗
 らない君も君だ、サルマン。

  ……しかしどうしても謎なのは、アイシュ描く例の「似顔絵」。
  全然似ていないのはともかくとして、何だろうこの謎の造形は(爆)。あまりにもシュールが
 過ぎて何が言いたいのか全く判りません。誰だデザイン。

  ……それにしてもここイタリアだろ、にしてはずいぶんそぐわない民俗衣装に音楽にダンスだ
 なぁ、と思っていたら、何や、ここブタペストやったんかい!(激爆)
  一体何故にまたブタペスト。そこまで来たんならイタリアあと一歩。いや、一歩とは言わない
 がでももう少しだけ頑張ろうや。

  ……音楽は、なかなかにダンサブルでテンポの速い激しい曲調でございました。
  しかしそのリズムにぴったりついていくアイシュ、いや〜、ダンスうまーい。スタイル最高〜。
 お色気度としては今ひとつなダンスばっかりだったけど、でも許す!

  ……そんな中でどっしりと落ち着いた曲調でずんと胸を打つ「魅力的な人が来た」の歌。
  その重厚なメロディに乗せて広がるインドの風景のそれは美しいこと!
  風光明媚という言葉は、本当はインドの為につくられたのではないかと思ってしまう。広いバ
 ルコニーの彼方に広がる豊かな緑、その中に立ち並んだ石造りの家並み。しぶきを上げて流れる
 水、朽ちかけた古い寺院の石壁。
  いいなああ、すごくいい。インドって美しい国だなあ。インド行きたい。

  ……それにしても一番の隠れキャラ「サルマンパパ」彼は一体何者!?(笑)
  いつも雷のような音で息子とコミュニケーションを取り、時に張り倒し時に抱き締める。
  彼の意図が本当に謎です。一体あんた、息子を幸せにしたいの、不幸にしたいの??

  ……しかしカージョル旦那、最初「あんな綺麗な人とはとても喋れないよ」などと言っていた
 ので、うむうむ、身の程を判っているではないか、と思っていたらその直後に「彼女は絶対に僕
 と結婚するんだから」って何だその手の平返しは。喋れもしない女と結婚できるんかい(笑)。
  だがここで最もどうかと思うのはカージョル旦那よりその妹で、旦那が彼女の真意を知らない
 のは当たり前としてアンタ友達やろが。彼女の本心くらい判っとけって。例え知らなくっても、
 いきなり結婚話進める前にまず確認するくらいしいや。何て友達甲斐の無い女か。確かに兄貴思
 いではあるのだが。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る