『俺がここにいるから』(原題:Main Hoon Na)

  父の志を継いで骨の髄まで軍人として育ったラームが命じられたのは、パキスタンのテロが
 狙う将軍の娘の警護の為の大学への潜入だった──と、ハードに開始したストーリーが突如学園
 ドラマに早変わり! 『オーム・シャンティ・オーム』ファラー・カーンの初監督作!
 
 
 
 
 

  ごりごりごりごり(笑)。  
  歌もダンスも良くって、ダンスのみDVDを買ってしまいました(歌とダンスのインド映画には
 人気俳優にはその人の複数の映画のダンスシーンばかり収録するという素晴らしいDVDがある)。  
  作曲のアヌ・マリクはこの映画で二度目のベスト・ミュージック・アワードを取ったそうな。  


  冒頭、インドとパキスタンの対立、その融和をはかる為、双方の捕虜交換作戦を行おうとする
 将軍の命を狙って彼のいるテレビ局にテロが乱入。  
  その戦闘で命を落とすシャールクの父、と大変にハードに物語が開始するのですが、そこは
 インド映画。どんなにハードでシリアスなストーリーでも必ず娯楽は忘れません。だがそうは
 言ってもそれは使命を忘れ過ぎではないのか!>ラーム  


  いくら童顔と言えどもさすがにそろそろ「青年」レベルの役は無理かと思うシャールク、今回
 は「周りから完全に浮いているおじさん大学生」という扱われ方でちょっとほっとします。うん、
 いくら若く見えても三十越した男は大学生の男子女子には「おじさん」でしかないよねぇ。ちなみ
 にこの時シャールク実年齢39(笑)。  


  そういう扱われ方なんで今回シャールクのお相手は一体誰に、と思っていたら成程、先生か。  
  この先生役、インドの田畑智子(美人度300%増・命名:わたし)、スシュミタ・セーンが
 大変にいい味を出してます。ツンからデレに移っていく辺りがたまらなくかわゆし。  


  もう一人、ラームの異母弟ラッキーの恋人となるサンジュー役のアムリター・ラーオも実に
 あいらしい。  
  現代っ子ぽい格好してる時にはラッキーに相手にされなくて、サリーを着ていかにもなインド
 女性モードになって初めてラッキーやまわりの学生がぽーっと見とれるんだけど、見てるこっち
 には現代モードでも十二分に可愛いんだけどな。日本で言うなら、茶髪にホットパンツの女性が
 突然黒髪に着物で現れたようなものか。まあそれはぐっときちゃうかもしれないですね。  
  彼女が現代っ子モードの時の「Chale Jaise Hawaein」が曲・ダンス共にすごく良い。若さの
 喜びにあふれてる感じです。  


  そしてタイトル曲「Main Hoon Na」。もう何と言うかラーム、ブラコン過ぎ(笑)。  
  歌詞だけ見たらラブソング以外の何物でもありません。何も知らない他人が見たら間違いなく
 勘違いされますよ。  


  見所は何と言っても冒頭とクライマックスの戦闘モードシャールクではないでしょうか。もう、
 カッコ良過ぎだよ! 先生の顔見ると勝手に歌っちゃう人と同一人物とは思えませんよ!(笑)  
  教室に忍び込んでテロリストをやっつけるところで、柱の影からすっと出てくる姿が必殺
 ばりに格好良くてきゅんきゅんきました。ステキ!  


  そしてエンドロールが非常に良かったですね。『オーム・シャンティ・オーム』でもそう
 でしたが、こういう、映画に関わるすべてのスタッフに感謝を忘れない姿勢、好きです。この
 監督は本当に映画というメディアを愛しているのだなぁ。  



 2013.5.10  




  ……それにしてもラッキー、キミは一体何年留年し続けるつもりか(笑)。  
  ただでさえ苦労の多い母親なんだから、早く独り立ちして楽さしたれよ。  

  ……ただ敵のラーグヴァンは見た目の割にちょっと悪役としては小粒な気も。
  もっと手強かったり学生に無慈悲でも良かったなぁ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る