『マグノリア』

  絶望と苦悩を抱えた人間が、部屋のソファで、ステージの上で、テレビのスタジオで、酒場の
 カウンターで、それぞれ苦しんでいる……やがて偶然が動き出し、「奇跡」が彼等に訪れる。
 
 
 
 
 

  ………………うーん、ダメだ。
  ダメ。
  でも、何でダメなんだろう??
 

  長過ぎる、と思う。だれたし、飽きた。
  でも「長い=ダメ」では勿論ない。何しろわたしは一日に3本インド映画を見て平気な女(笑)。
  その上、テーマ的には非常に好きである。もう、むちゃむちゃツボである。互いに無関係に見
 える何人もの人間、それぞれが絶望的な状況にあり、その状況が極まっていく中で互いの運命が
 つながりあい、やがて奇想天外な出来事によって極限まで達した緊張が破られ、カタルシスに到
 る。ほら、すんごいいいやん(笑)。聞いただけで面白そうでワクワクする。
 

  見せ方……が、多分自分にとってはダメだったんだと思う。いろいろあるんだけど、まず、な
 んつーか、野暮ったいのね(笑)。それも、つくってる側は「どう、ね、カッコいいでしょ、こ
 の映像の切り方イカしてるでしょ?」って思ってるのが透けて見えるのがもう何とも言えず野暮。
  それぞれの人間関係はものすごく単純で簡単なのにいかにもややこしそうに見せるやり方も好
 きじゃないし、そうやっておいて実はそれぞれが殆どからんでないのもがっくりくる。死にかけ
 老人がクイズ番組のプロデューサーだった、わぁすごぉい、……なんて思うかっつーの(怒)。
 

  それから、間の取り方がダメだった。タメの部分が結構多くて、それも上映時間の長さにつな
 がっている一因だと思うのだが、そのタメの効果が見えない。タメるだけタメてそれを発散させ
 ずに次にいってしまう。勿論そのたまりにたまった分はラストの「カタルシス」で爆発、という
 つもりなんだろうけど、これだけタメが多くてこれだけ長いと、そこまで持ちこたえられないん
 ですね。神経をそこまで保っていられない。
 

  それから、個々のエピソードにちょこちょこ納得できない部分が多かったのも痛い。天才少年
 なんて、「本番前一分」とかあればトイレに行けちゃいそうな感じがするし、あの司会者おじさ
 んがぶっ倒れた時には「何でこの合間に行かないの?」と首をひねってしまった。
  気の良い警官があのいかにも神経たかぶった姉ちゃんにいきなりぞっこんになるのも理解しが
 たかったし、「セックス教祖」が突然父親を許すのにも面喰らったし、その父親の現妻もどんな
 転機があって急に旦那に惚れたのか全然判らないし、元天才君がバーテンに「惚れてる」って気
 持ちも唐突で実感として見えてこない。
  ……いや、無論ね、何もかも説明すればそれでいいって訳じゃない。そんなことは判ってるん
 ですが、いかんせん、この映画、長いから(笑)。これだけ長いのに説明が足りないと感じると
 ころが多く、逆に「こんなにしつこくやらんでいいのに」と思う部分が多すぎる。
 

  で、この納得できなさが「カタルシスの不発」につながっている感が。それぞれの状況に疑問
 がありすぎて、「どんと一発逆転」を出されても「それが何な訳?」と非常に冷めた目で見てし
 まうのだった(笑)。
 

  で、まあ、この辺は純粋に好き嫌いの問題なんですが、あの「カタルシス」が全然気分よくな
 かった(笑)。なんか、陰惨な気分になっただけ。
  これだけ大量の生き物が死んだのに何がカタルシスじゃい、ってことじゃないと思うのね。そ
 れまでのつくり方によっては、例えば銃でガンガン人殺しまくるようなラストだって「うおお、
 カタルシスだぜ!」って思えるのに、これはダメだった。カエルは全然平気な人なんですが。う
 うむ。何故だろう。
  ちなみにこの世で一番嫌いな生き物がかの方、という友人がいるのですが、もしその人がこん
 な状況に出くわしたら、マジ発狂するでしょう(笑)。この街のカエル嫌いの方の行く末が心配
 です。
 

  とにかく驚いたのは、この人の入りですね。一回目で行ったんだけど、二回目の並びが凄いこ
 とになっていた。
  しかし、本当にこの映画に感動したのは果たして何人いるのか(笑)。少なくとも、わたしの
 まわりの相当数の人はだれてました。普段なら上映中に会話するカップルには「黙れ」と言い放
 つタイプなんですが、この映画に限って非常に寛大な気持ちでいられた(笑)。「まだ終わらん
 の?」うむうむ、その気持ち判るぞ。またそういう会話の多いこと。
  途中、かなりの人数の人が出ていったし。上映後の出入りの際に耳にしたたくさんの会話でも
 褒め言葉はゼロでした。
 

  まあ何にせよ、こんなにつまんなかった映画は久々です。それも、もっとタイトにやってくれ
 たらこんなにつまらなくはなかったろうと思うので無念がひとしきり募ります。
  世間の評判と自分の評価って違うものだ、などと当たり前のことをつくづくと感じてしまいま
 した。
 

  2000.5.23
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る