『幻の湖』

  琵琶湖のほとりを愛犬と走る道子。いつか運命の人と幸せになるのだと思っていた、あの男が
 私の愛を打ち砕くまでは。みてらっしゃい、これが女の怨み節。先の読めない超カルト・ムービー!
 
 
 
 
 

  見ている途中で、頭がぐるんぐるんになってきました。
  一体わたしは、今何の映画を見ているんだっけ? スポーツもの? 動物もの? ストーカー
 もの? 電波もの? 時代劇? SF?
  そのあまりの混乱ぶりに、「ああっ、一体オレはどの筋を追っていけばいいんだあっ」と頭を
 抱えてしまいたくなる。ラストには、「これでいい、これでいいんだ」と投げやりにも近い諦観
 の極みにたどりつきましたが。
 

  しかし、ううむ、噂には聞いていたが、本当に凄い。何が凄いって、まずこんな話を思いつい
 ちゃったってことが凄いし、それを本当に映画化してしまったってのも凄い。橋本忍パワーおそ
 るべしである。
 

  で、これが、「映画界に巨大な実力を持っている人の一時の気の迷いを誰も止められなかった
 が為にできてしまったヘンな映画」であることは間違いないんだけど、そうは言っても、ある部
 分ではこの映画、非常に出来が良いんである。
  まず何が良いって、登場人物全員の配役が見事なまでにハマっていて、しかもそれぞれの演技
 がまさに完璧であるところでしょう。いや、マジですよ、マジ。誰一人として全く手を抜いてな
 い。主役の南條玲子なんて、まさに道子そのもの。
  時代劇部分もすんごいですね。これだけで一本映画ができちゃう。
  ラストの宇宙シーンがあまりといえばあんまりなので(笑)、ついそこに目が釘付けになって
 しまうんだけど、そこ以外は本当に細かいところにまで気を配って画面がつくられている。そう、
 役者もスタッフもみんな上質で、真剣なんだけど……いかんせん、話がヘンだ(笑)。
  でも普通なら、こんなヘンな話はそれに見合ったB級の質で撮られることになるんだろうけど、
 そちらの質がやたらに高いので、その辺がまたこの作品を異様な仕上がりにしている。これは確
 かに、ただ「バカバカしい」と放り出すことができない映画だわー。
 

  しかしわたくし、初めて見た時は笑うというより、呆然としてしまいました。
  だって、展開についていけないんだもの。まあ、雄琴でソープ嬢をやっているジョギング好き
 で犬好きの女、というところまでは一応何ということもなく見れたんだけど、石仏たちの前で突
 然、同僚のソープ嬢・ローザが空を見上げて「イーグルはまだ実践装備についてない」なんて呟
 かれたって、あーた、わしにどうせい言うねん。
  このローザ嬢は、本当に、すごかったですねぇ。アップになると鼻の下ヒゲ生えてるし(爆)。
 しかし、いくら日本の内情を探る為とはいえ、あんな仕事をさせるとはアメリカって何てひどい
 国なんでしょう(笑)。
 

  勿論、もっとも強烈なのは主役のお市さんこと道子なのはいうまでもないんですが。この思い
 込みぶりはすごい。まるで池田理代子の漫画のキャラクター並みです(笑)。
  「東京中の人間が私の敵」ってヲイ。渡岸寺の十一面観音の暴悪大笑面を見て、それを淀君の
 姿に重ねあわせちゃったりしているが、日夏はともかく、淀君があんたにそんなにひどいことを
 したか?(笑) それに大体、あれは「悪人の笑顔」ではなくて、人間の卑小な悪心を仏が笑い
 飛ばしている顔だぞ。もっと勉強しましょう。
  日夏への復讐がいつのまにやら「ランナーの駆け引きと張り合い」になっているのにも呆然と
 してしまったし。あんた、何冷静に間合いはかっとんねん。これが二度目には日夏も同じこと考
 えているのが可笑しい。ランナーってこういうもんなの?←いや、多分違う
 

  大筋として見るとホントに呆然とするしかないんだけど、ヘンに小技が効いていて、それが何
 とも可笑しい。「駒沢オリンピック公園」って、いいよ、名前は出さなくて(笑)。一瞬だけ映っ
 た人気歌手(名前忘れた)のステージも、かなりヘンだった。「鯉の活け造り」に失敗したから
 と言って、ぶつんぶつんにそれをぶった切ってしまうのもコワいし、何故かそれに突然吠え出す
 シロもヘン。大体あなた、即死なのに何故2キロも走っちゃうの???
 

  とにかくもう、語っても語っても語りつくすことのできない大迷作。
  シュールやダダを狙っている訳ではないのに、こんなにも人に説明のできない作品がこの世に
 あるのだということに心打たれてしまいます。こういう、やっている側は極めて真剣なのに、中
 身がどんどんはみだしちゃって収拾がつかなくなってる状態って好きだわー。
  滋賀県は、もっとこの映画を全国にアピールすべきだと思います(笑)。

  2000.5.8
 
 
 

  ……でもしかし、これはちょっとマジで思ったんだけど、ペットが死んだくらいで、普通警察
 はこんなに親切にしてくれないよねぇ。あんなに人集めて証言までとってくれてさ。実際同じこ
 とがあってもこうはしてくれないだろうなぁ、と思うとちょっとため息。
  もしもこんな風に自分のペットが殺されたら、そりゃもうひどいことな訳で、お金なんかで解
 決するんじゃなく、ちゃんと罰してほしいと思う道子の気持ちはある意味正当だと思うもん。こ
 ういうことやる奴にはホントにもっと厳しい刑を与えてやっていいと思う。その辺の法がしっか
 りしてれば道子だってここまでエスカレートしなかったのにね(そうか?(笑))。

  ……だがしかし、この場合、きちんと鎖につないでおかない道子の方にも大きな責任があると
 思うが。あーた、自分の過失もちょっとは考えーよ>道子

  ……『アポロ13』でロケットの発射シーンで既に泣き入ったわたしですが、これから発射シー
 ンは笑いなくして見られない(泣笑)。どうしてくれるの、『幻の湖』。でもほんと、これは呆
 然としたわー。グサッ、ぷしゅー、ドドドドド、だもんなぁ。
         ↑   ↑     ↑
        刺す音  出血    発射音

  ……それにしても道子に隠れて影が薄いが、「笛の男」長尾、こいつも相当に思い込みが深す
 ぎやしないかい。大体こいつ、何に関しても話が長いよ。時代劇モードの昔話が長いのはまあ仕
 方ないにしても、髪を贈られただけで何故あそこまで長々と陶酔入ったモノローグができる。大
 体アンタ、今仕事中やろ(笑)。そしてそんなにも言葉が多いのに、仕事仲間には「ラジャー」
 一言で済ませるその横着ぶりも光る(更に笑)。

  ……しかしわたしにとって、この物語最大の謎は「ランドウェイ・KT・ジョニー号」の
 「KT」とは一体何の略なのか、ということかもしれない(爆)。
  今年二十歳なのだから、もしかして、まだ生きておられるかもしれないですよねぇ。それに血
 統書付の名犬なんだから、「ランドウェイ・KT・ジョニーJr」がいたって不思議じゃないぞ。
 ああ、会ってみたい。

  
 
 

  *おまけ*

  そんな訳ですっかりハマってしまったわたくし、図書館でこんな本まで借りてきてしまいました。
   
  『幻の湖』 橋本忍 集英社 定価九八〇円!!(現在絶版)
  
  しかしこの本ほんとうに凄い。ある意味映画を越えてますね。
  後書き。「出刃包丁の若い女と、LSIだけではだめだが、仏像を基本におけばなんとか話は
 成り立つ」。そうか? そうなのか!??
  しかも、倉田とのデートの時、道子は長命寺の石段で前を歩いている「老婆」を「シロ」と見
 間違えるという荒技をこなしています。

 「どうしたんです?」
 「シロと間違えたのよ、あの人を」
  倉田が頷いた。老婆の後ろ姿は全身の白い毛に黒い斑点のシロにひどくよく似ている。

  ……うなずくなぁ、倉田!

  しかし、どんなお婆ちゃんだったんでしょう。どうしてこのシーン、映画に出してくれなかっ
 たのだ、と憤慨しましたが、きっと「後ろ姿がシロによく似ているお婆ちゃん」をどうしても映
 像化できなかったんでしょう。さもありなん。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る