『ロッタちゃん はじめてのおつかい』

  あたい、ロッタ。この子、バムセ。大人なんていなくったってへいちゃら、何でもできるの。
 だってもうあたいは大きいんだもの! スウェーデンから届いた最強の「子供が主役」な映画!
 
 
 
 
 

  ひやー、ロッタちゃんだ、ロッタちゃん。
  劇場の客席に座って、わたくし、一瞬にして、今はもう遥か遠い昔のお子様時代(笑)にワー
 プしてしまいました。好きだったんだー、『ロッタちゃんのひっこし』。
  多分幼稚園、下手したらそれ以下くらいで読んだ筈なんだけど、ちゃんと覚えてる覚えてる。
 チクチクするセーター、自分も大キライ(実は今もキライ)で、「そうだ、そんなものには穴開
 けていいんだ!」って思ってたなぁ。そうそう、「ママがどうしても飲んでほしいならココア飲
 んでもいいわよ」って言うんだよね。その頃、うちにはココアなんてハイカラな飲み物は常備さ
 れてなくて、すごく憧れたもんである。
  この「おひっこし」もステキだったなぁ。子供ごころに「どーして一晩で帰っちゃうんだろ
 う?」と不思議でたまらなかったもんである。そりゃ、「晩ご飯にミートボール」とか聞いてし
 まったら大きく心はぐらつくが(笑)、その誘惑を断ち切ってもいいと思う程、この屋根裏生活
 は 魅力的だった。自分だったらほんとにクリスマスまでいるのになー、と思ったものだ。
 

  そんな感じで記憶が怒濤のごとく甦ってしまう、それ程にこの映画は完璧にロッタちゃんワー
 ルドを体現しておりました。わずかにひっかかるとすれば、頭の中の記憶のイメージのロッタちゃ
 んは、もっと不細工だったが(笑)。それに、やっぱ字幕の一人称は「あたい」でしょう! 絶対
 そうでしょう。すごく好きで、ちっちゃい頃真似したもんです。
 

  その「ロッタちゃんには可愛過ぎる」グレテ・ハヴネショルド、しかし絶品です。この天晴な
 ふくれっ面ぷり! 成程、これはまさしく「ロッタのふくれ面」だぁ。見事。
  そして、自分もロッタと同年代で読んでいた時には全く気づきませんでしたが、ベルイさんっ
 て何て寛大な大人なのだろう(笑)。素敵だわー。こんな大人がまわりに一人でもいたら、子供
 はすっごくラッキーだよね。
  それにやはり読んでいた時は諸悪の根源のような気すらしていた「ママ」も、とっても良かっ
 た。ああ、やっぱガキにはこの良さって判らないんだなぁ。反省。こんな風に子供に謝れる大人
 なんてそうはいません。
  で、もっともいい味を出していたのは「パッパ」!(大笑) 彼でしょう。いいわぁぁぁ、こ
 の間の抜けっぷり。この後、『ロッタちゃんと赤いじてんしゃ』も見たのだが、そちらではこの
 抜けぶりに更に更に磨きがかかっていて、殆ど芸人の域に達していた(笑)。こういう友達がぜ
 ひ一人欲しいです。どんな悩みがあっても、この人見てるだけで深刻に悩むのがアホらしい気持
 ちになってきそうだもん。
 

  「ロッタファッション」がとってもキュート! 特にアニマル帽と赤いブルゾンがたまりませ
 ん。帽子をよくかぶってて、それがどれもかわゆい。おデコ広いと帽子似合うんだよなー。
 

  2000.7.20
 
 
 

  ……最高の脇役はやはり彼「バムセ」でしょー。彼も、イメージの中のそれより可愛かったが。
 ぬいぐるみ、激欲しかったけど一瞬で売り切れで、しかももうスウェーデン製のは入ってこなく
 て、日本製のになっちゃうそうだ。でもでも、スゥェーデン製の方が絶対可愛い! いいもん、
 いつかリンドグレーン・ガーデンまで行って買ってやるう!

  ……リンドグレーンでは『長ぐつ下のピッピ』も大好きだった。世界一強いんだよねぇ。リン
 ドグレーンの話の子供、それも女の子は、みんなしっかり両足を突っ張って地面をふんづけて立っ
 ている感じがあって、とても良いです。

  ……こないだ何気なくつけていたテレビに「14歳になったグレテ・ハヴネショルド」が現れ、
 度胆抜かれました。うおおおお、すっかり大人だぁぁ。びっくり。
  撮影の時の記憶は、当人もう殆どないとか。じゃあこれを今見たら、「我ながら可愛いわー」
 などと思うのだろうか?(笑)
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る