『ロスト・チルドレン』

  夢を見る、というのはひとつの力だ。眠って見る夢も、起きて見る夢も……そう、それを手に
 入れたくて彼は子供を攫う、そして彼女は……たった一人の人の為に、戦う。
 
 
 
 
 

  冒頭、ドミニク・ピノンが6人でてきたシーンには、笑った! 笑った!!
  わたしは一人で笑いの渦に巻き込まれていたのだが、みんなあまり笑ってなかった。なぜ?
 (実際、こんなことになったらどうしよう……ピノンが6人……考えただけで可笑しい……)
 

  いろんなものが通りすぎていった。
  数限りない想い。
 

  さみしさ。
 「ミエット、幼い」
 「そうでもないのよ」
  彼女の過去が、この一点に集まっている。
 

  やさしさ。
  靴をすぽんと脱がせて、足を揉むワン。
  ゆっくりと表情のほぐれていくミエットの、そのまなざし!
 

  にくしみ。
  泣き笑いながら、手回しオルガンをまわす団長。
  何故、泣くのだろう。
  憎いだけなら、ただ笑っていればいいのに。
 

  せつなさ。
 「ぼくよりもワンが好き?」
  答えられないミエットを見つめる、少年の瞳。
 「もう帰りな。暗くなるから」
 

  よろこび。
  脱出成功。
  ボートのオールは、二人の手で握られている。
  ミエットのその満足気な微笑み!
 

  おかしさ。
  いつどこで、どんな状態にあっても食べることにしか関心のないダンレー!
  きっと夢では、食べ物が腐る程でてきて、それにクランクが押しつぶされると思ったのに(笑)。
 

  かなしみ。
 「青い檻がきらいだった」
  この一言で、わたしはどうやってもこの二人を憎めなくなってしまった。
  例え波止場で、ワン達を殺してしまっていたとしても。
  針のように、この一言はつきささった。
 

  うれしさ。
 「頼りになるでしょ?」
  そう、二人で組めば百人力だ。
  ベストパートナー。
 

  つよさ。
 「あたしが身代わりになる」
  たったひとりの人の為に、どうしてここまでできるのか。
  そういえばワンの為にどんな危険な目にあっても、彼女はワンを決して責めなかった。
 

  いとしさ。
 「ヒーター」
  涙が出た。
 

  くやしさ。
 「弟は一人でだって生きていけるわ」
  弟の為、こんなに必死になるワン。それがまるで、自分のことなど眼中にないかのように感じ
 るミエット。
  けれどその気持ちを、湯の中のやわらかく白い豆腐を、玉じゃくしでくずれないようにすくい
 あげるようにして、そっと受け止めるワン。
 

  いかり。
  けれど、夢が見られないのは彼の罪ではない。
  どこへ持っていきようもない。
  彼にできるのは、腹いせに子供のおもちゃを海に捨てることだけだ。
  ほんとうの夢は、そんなものからつくられる訳ではないのに。
 

  いいものを見た。

  1996.5.27
 
 

  ……それにしても、「鍵を手に入れるシーン」とか、その後の「警官、橋になるシーン」とか
 「ミエットの涙が奇蹟を呼ぶぜシーン」とかを見ていて、「トムとジェリー」を思い出してしまっ
 たのはわたしだけ?(笑)

  ……ひとつ気に入らないとすれば、夢の中、ミエットが年をとっていくところ。
  だって、大人になったミエットが、あまり綺麗じゃないんだもん!(笑) きっともっと美人
 になるよね。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る