『ロング・エンゲージメント』

  地獄のような戦場のど真ん中に味方から見捨てられた5人の囚人。生き残りは誰もいない、
 だが彼女は信じず、想いだけを武器にからんだ糸をほぐしに旅立つ。旅の終わりはいつ?
 
 
 
 
 
 

  ……うひゃー、ねこさんかわういいぃ。  
  はい、以上。


  ……や、それは嘘ですが。はい。  
  でも本当に、オドレイ・トトゥの飼い猫は絶品でした。犬さんもらぶりん。  


  まあそもそもは、『デリカデッセン』を見てハマりにハマって、『ロスト・チルドレン』 で更
 にツボに落とされて、こうして見続けている訳なのですが、やはり自分が好きなのは「ジュネ&
 キャロ」なのであって「ジュネ」単独ではないのだろうな、という気がひしひしとしてくる。  


  や、好きなんですよ。撮り方も、映像も、好きですよ。  
  でもなんか足りない。  
  例えば後でパンフ見て知ったんですが、原作ではこの主役のマチルド、車椅子なんですね。  
  が、「小説ならその姿が見えないからいいが画面でずっとそれが映っていると重苦しい要素に
 なってしまうから」と歩く時ちょっとひきずる程度、に変えたのだと。  
  でもきっとキャロなら車椅子でやるよ。で、すげえ活動的な車椅子なんだよ(笑)。並の二本
 足歩行の人間なんざ目で無いってくらいに、活動的通り越してもう暴力的な車椅子ムーブを見せ
 てくれるんだよ、きっと。で、そうゆうキャロが好きなんだよ、わたしは。  
  ああ、またコンビ組んでくんないかなぁ、この二人。  


  話はですね、どっちかにもっと寄せれば良かったのにという感じ。  
  原作読んでないので不明なんですが、とりあえず映画では、「戦争の混乱の中、多数の人の思
 惑や誤解が混ざってもつれにもつれた糸ほどき」、すなわちミステリモード部分と、「この世界
 を動かしているのは愛の力よ!」的正統メロドラマモードとの2つに分かれてて、そのどっちに
 も寄り切れてない感があるのですよ。
   もうひたひたにこのこんがらかった謎説き、その中で見えてくる様々な人の様々な喜びや哀し
 み、という方に徹してたらかなり面白いミステリドラマになっただろうし、もうその辺はもっと
 ずっと単純なからみに変えてしまって、過酷な時代に自分の体にも過酷な運命を背負って、やっ
 と平和がやってきたのに戻らない婚約者の生をひたすら信じる美しき女性の愛のドラマ、にして
 しまったらそれはそれですごく真っ当にいい話になったと思うのね。  
  なんかね、こう、2本分の映画を見てしまったような感じで。それも、どっちも中途半端な。  


  まあ、とは言っても、この映画。  
  戦争シーンがもうものすごく強烈でものすごくえげつないんですが。  
  けれども戦いの日々は終わり、時が過ぎて……その、見るもおぞましい戦場であった場所を、
 主人公が訪れるシーンがあるのですね。  
  え、行くのかあそこに、と瞬間どきっとしたのだけれども。  

  色の無い、ただただ黒々としたむきだしの土、土砂降りの雨でぬかるみ泥水がそちこちにたま
 り、葉も枝も無い折れた朽ち木がぽつぽつと立ち、かろうじて寝そべって身を隠せる程度の崩れ
 た煉瓦塀がわずかにあるばかりの荒み切った土地。  
  たくさんの爆弾が砂利を吹き飛ばし、人を吹き飛ばし、肉を粉々にしてまき散らし、累々と死
 体が横たわった「地獄」と呼ばれた場所。  


  地平線まで、花が埋め尽くしていた。  
  見渡す限り、柔らかな草が揺れて、ほの黄色い花がゆらゆらと咲き乱れていた。  
  カメラがぐっと上昇する。  
  あの「地獄」の時には決して上がり得なかった高さ、何故なら土地の向こうに、地平線の方角
 にいるのは敵。そんなところまで上がったらこちらは丸見え、格好の標的だ。  
  だから、こちらの側に属するカメラは決して敵地が見渡せる位置まで上昇できない。  
  けれども今、花の草原をカメラは上昇する。  


  カメラが高く上がると、花の咲く原は遠くの方で黄色い草地に変わり、ゆるやかな、なだらか
 なカーブを描いて夕陽に染まっている。  
  草地の中、逆光に、小さな民家が固まって黒く浮かび上がる。  


  ああ。  
  あんな風だったんだ、向こうは。  
  知らなかった。  
  あんな姿をしていたんだ。  
  ここは世界の果てではなく、向こうにも「世界」はあったんだ。  


  涙が出た。  
  ラストシーンでは全然平気だったのに、このシーンでは泣いた。  


  このシーンで充分です。  
  このシーンがあるだけで、この映画は間違いなく10本分の価値はある。ええ。


  2005.4.20




  ……いやもう本当にねこさんが夢のように可愛かった!  
  特にトラジマちゃん。もう、あの脇腹に頭ぐりぐりが! ぐりぐりが!!←些か興奮気味  
  でもあれってね、いくら優秀な動物トレーナーさんがいたって限界があると思うのですよ。
  増してねこさんだし。犬ならまだしも。  
  あれはもう、あのねこさんがとびきり人好きなのと、オドレイ・トトゥも間違いなく大のつく
 猫好きなんでしょうね。ねこさんって、飢えてて餌欲しいとかならともかく、普通の時に猫嫌い
 な人や興味の無い人に絶対あそこまでしないよね。  
  で、あんなになつっこい上に御主人様の危機まで救うなんて! なんていい子ちゃん!  
  でも、やった時には怒られちゃうのよね〜。よしよし、キミの活躍はちゃんと御主人様に伝
 わったからね。安心おし。

  ……しかしオドレイ・トトゥ大変に良い脱ぎっぷりです。  
  マッサージ師の役、羨まし過ぎ。あんなちょっとの出演で、全裸のトトゥに触れちゃうんです
 よ! あれはどう考えても、彼氏役よりよっぽどお得でしょう!! 真顔で代わってもらいた
 いです!!!←更に興奮度亢進中

  ……ジュネの映画で嬉しいのは、何と言ってもぴのんです! 大好き、ドミニク・ピノン。  
  今回は鬚です。鬚ぴのん。出た途端にもう嬉しくって。うふ。  
  ただ今回は全くアップのシーンが無かったし、色も落としてあるので、あの夢のように美しい
 ブルー・アイズが見られなかったのが大変に残念。  
  ああ、またピノン主役で1本撮ってくれないかな、ジュネ&キャロ。

  ……『アメリ』の時も思ったのですが、オドレイ・トトゥのヘアメイクの人上手いなあぁ。  
  や、同じ人かは知らないんですけど、でもほんと上手にまとめるわ。  
  今は自分も結構髪を伸ばしてるので、あの髪型、やってやれないことは多分なかろうと思うん
 だけど、自分でやったらできあがる前に手がつるだろうなぁ……可愛いんだけどなぁ……。

  ……ちょっと世間の感想サイトなぞを覗いたら、「登場人物が多くて把握できん」という意見
 が多くてちょっとびっくり。そんなんでは金田一耕助シリーズも見られないんでわ?  
  外人の名前はややこしいから覚えにくいんだ! 言われそうですが、そんな方にはぜひ『L.A.
 コンフィデンシャル』。キャラそんな多くないし、名前も簡単。でも大混乱必至ですから!(笑)
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る