『イギリスから来た男』

  娘の死の贖いを得る為、男はまっしぐらに突っ走る。追う男、逃げる男、二人それぞれの輝か
 しい過去への苦い追憶……そして男は知る、娘を死の淵に運んだもの、その正体を。
 
 
 
 
 

  ……うおおおお、激カッコいいいい。
  んもう、テレンスがスクリーンに現れたその瞬間に、口の中でうなってしまいました。カッコ
 良すぎるよぉ、この61歳。これは、マジ惚れします。
  本当に、物語も映像もすべて、テレンスの為にあるような映画です。まるでテレンスのプロモー
 ションビデオのようだ(笑)。ひと目見た瞬間から最後まで、彼から目が離せない。
 

  ソダーバーグは、わたくし、『カフカ 迷宮の悪夢』がむちゃくちゃに好きだったりするんで
 すが、あれをちょっと思い出しました。あれよりも、何というか、もっと小洒落て見せようとい
 う意図を感じるのですが。コマーシャルフィルムみたいだ。
  細かなカットの切り替わりが、特に最初の方ではちょっとうっとうしかったりします。エドや
 イレインと初めに会って会話するあたり。
  途中からそれがちょっと落ち着いてきて、集中して見られる感じ。ことにラストに向かうシー
 クエンスは、良かった。
 

  追いかけて追いつめて、夜の一歩手前なのか夜明け近いのか、青い光が満ちる海辺でテリーを
 捕えたウィルソンの表情がいい。テリーの言葉に、脳裏をよぎる幼い娘の顔。「今度悪いことを
 したら警察に言い付けるからね!」
  ……ああ、そうだ、そう、あれは自分が言わせた言葉だ、ずっと言わせ続けて、その内冗談に
 もならなくなってしまった……そして自分は何度目かの刑務所暮らしに戻り、娘は遠くへ去って
 いった……けれど変わらない、心は変わらない、「お願い、わたしの大事なあなた、どうか悪い
 ことをしないで、お願い、どうか」。
  追う者と追われる者、けれど心は同じだった……かけがえのないもの、「家」になってくれる
 筈だった相手、なのにそれを……手放した、自らの手で、最も大事な相手を追いつめて苦しめた。
 これは……この苦しみは、このいたみは、その報いだ。
  彼は男にとどめを刺さずに、もう誰も待つ者のいない、「家」のない英国へと一人帰ってゆく。
 その瞳は、沈痛で、そして穏やかだ。
 

  しかし、このテレンスの常軌を逸したキレっぷりは本当に本当に良い。アンタほんと、無茶苦
 茶だよ(笑)。投げるか、普通? 180キロを。おそるべし、オヤジパワー。
  こんなオヤジに目をつけられたら、そりゃもうおそろしいに違いない。地の果てまでも追って
 くる。夢見るぞぉ、これは。
  反して追われる方の連中はどいつもこいつも腑抜けっつーか、情けない。特にものものしく出
 て来たと思ったらあっさり麻薬捜査官に捕まって、その後もすぐに殺られちゃう殺し屋二人組の
 情けなさは際立っている。隠れ家でエイヴリーが窓の外の人影を撃った時、きっとあれはテレン
 スじゃなくて仲間の誰かなんだろうなー、とは思ったが、その後もあんな、なしくずしに同志打
 ちしていくとは思わなんだ。結局まともにテレンスに反撃したの、アダーラだけじゃん(笑)。
 

  随所に挿入される『夜空に星のあるように』が良かった。上手いなぁ、とうなってしまう。ま
 たこの中のテレンスが美しいんだよなぁぁぁ。本当に眩しく輝いていた、あの古い、もう帰らな
 い時代。
  ピーター・フォンダも勿論良いんですが、このテレンスの老若あわせた強力な魅力の前ではち
 とかすんでしまいますね。何とも言えん「金持ち笑顔」は良かったが。この笑顔に惚れたのか、
 ジェニー?(笑)

  2000.10.7
 
 
 

  ……それにしてもテリーの自宅、あれは何なんだあぁ。セットじゃないと思うから、ほんとに
 あるんだろうな、ああいう家が。何と言ってもあのプールの位置はコワ過ぎます!!

  ……アダーラ、まるでしずかちゃんのようですね(笑)。お風呂シーンがやたらに目についた。
 普通、彼氏主催のパーティが始まりながら、延々と風呂には入らんと思うのだが。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る