『ことの終わり』

  始まったものにはすべて終わりが訪れる。出逢ってしまった、理不尽な別れ、そして再会。だ
 がつかの間の幸せは一瞬で指をすりぬけていく。神よ、何故そんなにも私達の傍にいるのです?
 
 
 
 
 
 

  「誠実」は「真実」とイコールではない。
  「相手に誠実であり続ける」ことは、「相手に包み隠さず真実を伝える」こととは違う。
  嘘をつく、何かを隠す、それは「覚悟」をもって為すべきことだ。一生その嘘を貫き通す、墓
 の下まで持っていく、それは確かに「誠実さ」だ。「覚悟」がある。
  強く強く心に誓った、それは自分と「あの人」だけが知っている契約だ。心の中に星のように
 輝いて、それを自分と「あの人」とが見守っている、それでいいのだ。凛と見上げて、一人歩ん
 でいけばいい。
 

  ……なのに、ああ、人の心というものは何故こんなにももろいのだろう。
  この世のどこかで生きていてくれたらそれでいい、そう思った筈なのに、願いは聞き届けられ
 た筈なのに、それでも埋まらない、心に空いた穴が、埋まらない、どうしても。一生その穴を抱
 えて生きていく決意だった、なのに耐えられない、「不在」にもうこれ以上耐えられない……心
 が、壊れてしまう。
 

  それが限界に達したその時、彼は再び姿を現わした。これは試練か、それとも福音か……決し
 て伝えるつもりのない、伝わらなくても構わないと思った想いが届いた、その時、心は決壊した。
 もう構わない、この一瞬があるならもう他に何も要らない。神様、もしこれが試練というなら残
 酷過ぎます。
 

  そして行為には相応の報いが訪れる。
  けれど、きっと、彼女は倖せだった筈だ……例え報いでも、それは彼の身でなく、自分にふり
 かかった。
  彼にしてみればそれこそが「報い」なのに。
 

  許せない、あんなものは信じていない、その為に自分達はあたら時間を無駄にして、挙句にこ
 んな結末に到った。こんなものなど信じられない、百歩譲ってもしそれがあったとしても、苦し
 みしか与えないなら何の為にいると言うのか。もし本当にあるなら自分はそれを憎もう。
 

  そのようにしか心を支えられない。そのように思う以外に逃げ場が無い。
  なのに少年は、いつか彼女が「あの人」に願ったそのままに、綺麗な頬で彼を見上げる。
 

  ……どこまで打ちのめされたら終わりが来るのだろう。
  どれ程このようなものを見せつけたら気が済むというのだろう。
  ああ、ならばいい、あるのならそれでいい、あまねくこの世に降り注ぐがいい、殊に自分の大
 事な人達の上には……けれど、どうか、もし本当にあなたがそこにいるのなら……お願いだ、ど
 うか……私のことは、放っておいて。
 
 
 

 
  際立つのはまさにサラの「誠実」さだ。
  彼女はその途方もない心で、まわりの人すべてに、そして自分自身に誠実であろうとする。
  そのまっすぐな心が誓いに結晶する。ついに飛び立とうとした夜に、夫の一言に踏み止まって
 しまう。けれども結局、留められずに男と旅立つ。
  表面に顕われた行動だけ見ていると実に勝手で不道徳な女だ、なのに心はこんなにも澄んでい
 てどんな行為にも汚されることがない。そのあふれるような「誠実」さが人の心をとりこにする。
 こういうものに一度触れると、それなしで生きていけなくなる。手放せない女になってしまう。
 

  そしてもうひとつは、ヘンリーとベンドリックスの心の結びつきだ。
  どんなことよりこのことの方が「奇蹟」のように思えてしまう。どうしようもない状況の中で、
 からみつく蔦のように交わるふたつの心。
  だがきっとこの「奇蹟」もサラの存在がなし得たものなのだろう。彼女には「男と女」のつな
 がりを超えて人を離れ難くさせる何かがある。それを理解しているから、男達は敢えて彼女を独
 占しようとせず、二人で分かち合うのだ。
 

  本当ならそのまっすぐな心で、彼女は誰より、幸せになれる筈だった……なのにこれでは、
 「あの人」へ心を捧げたことが、不幸の始まりのようにさえ見える。
  けれどそれは、本来、人の幸不幸などは関係がない、問題にしないものなのだろう……それは
 時折、閃くように、まるで気紛れのように顕われて、人の心に刻印を押す。それの前には、人智
 は無い。
  けれど、そうなら、もし本当にそんなものがあるのなら……教えてほしい、どうしてこんなに、
 人の心をもろく造ってしまったのかを。
 

  2000.12.4
 
 
 
 

  ……階段のシーンが最高だなぁ。この手、この足、このまなざし。たまらない。

  ……衣装がとっても見ごたえあって、いいなぁ。特にサラの衣装はどれもいい。二人で演奏会
 をやってるホールに行く時の服が一番好きかな。

  ……同じシーンを方向を変えて二度、はいいのだが、全く同じカットが多すぎてつまんなかっ
 た。もっとそれぞれの視点で徹底してくれたらいいのになぁ。

  ……しかし、そうか、玉ねぎってそんなにダメなのか。わしいっつもバリバリ食ってるなぁ(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る