『こねこ』

  猫好きさん必見! 最初から最後まで、可愛い猫達勢ぞろいの、スペシャルラブリーな猫映画。
 猫を愛する気持ちは世界共通!(笑)
 
 
 
 
 

  ……………………うおぉぉぉぉぉぉぉぉお、ラブリイィィィィィッッッ!
 

  と、感想なんてこの一言で済んでしまいそうなものなのだが(笑)。出てくる猫出てくる猫、
 みんな嫌がらせかと思う程あいらしい。わたくし、ラブシーン見るよりずっと激しく興奮してし
 まいました(爆)。
 

  主役猫・チグラーシャ(片手に乗せたい!)は言うまでもなく、肝っ玉のワーシャ、おすまし
 美人のイザウラ、芸達者のジンジン、舌出っばなしのシャフ、ちゃっかり者のペルシーク、靴下
 履いてるブドゥライ、ちっちゃいトラ縞ルイジック、そして名前もないけど2匹の真っ黒ちび猫、
 ああ、もう、何故君達はそんなにもかわいいんだあああああっ。←魂の叫び
 

  ……と、まあ、猫のかわいさだけで十二分に幻惑されまくりな映画なんですが、決してそれだ
 けにとどまった映画ではない。
  ここに出てくるモスクワは、何と言うか、非常に「普通」で、その癖おとぎ話のようにキラキ
 ラ輝いている。
  街灯が明るくきらめきたくさんの車が行き交う夜景。その中で家の壁をすうっと横切っていく
 「月の王」の影。
  このシーンで、わたしはこの映画にぞっこんになりました。
 

  また、フェージン役のアンドレイ・クズネツォフの哀感漂う表情が絶品。
  シャフのあの「素早さ」には、笑いながら泣き入りました(笑)。
 

  ラストは何とも言えないしみじみとした味わいがあります。
  手放しで甘くはない、突き放す程苦くもない、微妙な陰影。
  この、程々の味わいを出せるラストをもった映画というのは、実はそう多くはないような気が
 します。

  1999.9.3
 
 
 

  ……それにしてもトイレを覚えただけであの喜びよう。しみじみと「親バカ」という一言を感
 じました(笑)。

  ……子役2人がかわいい上にそっくり、と思っていたらほんとの姉弟、しかも監督の実の子だっ
 たとは。お姉ちゃんの前髪がたまらなくかわいい。二人とも、おそるべきまつげの密集度です。

  ……しかし子役は自分の子、両親にもスタッフをやらせて、まさに家庭内手工業状態。経済的
 にもかなり苦しかったようだが、そこまでしてまで撮りたかったのが「猫映画」っていうのがす
 ごく良いわ(笑)。

  ……映画の中の話とは言え、みんな良くチグラーシャとそうでない猫の区別がつくなあ、わた
 しなんてずっとチグラーシャの筈の場面でも時々違う猫に見えるよ、と思っていたらほんとに違
 う猫だった(笑)。
  全部で5匹いたそうだけど、せめてもう少し似ている猫を使えよ(更に笑)。縞模様とか眼と
 か全然違うではないかー。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る