『水の中のナイフ』

  けだるい日常に飛び込んできた異邦者を、彼は強引にヨットに乗せる。何かが欲しい、この真
 綿のような息苦しい日常を変える何か、でも……ああ、こんなことに、なるなんて。
 
 
 
 
 
 

  何かがないと、時々はとてもさみしい。
  始末に負えない倦怠とさみしさは似ている。手や足の指の先からじわじわとくいこんできて体
 の奥深くまでむしばみ、やがて内臓を喰い荒らす。
  だから時々は、何かがないと辛い。
  打ち上げ花火のような何か。
  それがないと、生きているのも死んでいるのも同じような気にさえなる。
 

  何もかもが自分で選んだものの筈なのに、どこか別の、大きいちからによって押し流されてい
 るような感じがしてしまうのは何故だろう。止めようがない。一度打ち上げてしまった花火がど
 う輝くのかは、つくった本人にもその瞬間まで判らないのだ。
  花火が終わった後は、花火の前よりさみしいだろうか?
 

  ヨットの形はナイフに似ている。風を切る羽のかたち。
  背筋をなぞられるような感覚が、肌にぴったりとはりついた倦怠を切り開く。
  水の上を走る彼の足は、なんて美しいのだろう!
 

  明日からまた同じ一日だろうか。
  花火の晩のことを、繰り返し夢に見るだろうか。
  かたちの変わらない入れ物の中で、中味は確かに変質したのか。
  こうして再び同じ道を走るのは、先の丸い針の山を歩くのに似ている。
  また新しい花火を待つ? それとも、自分が花火になろうか?

  1998.7.17
 
 
 

  ……パンフレットにヒロイン、ヨランタ・ウメッカのプロフィールが全然なかった。作品解説
 の中に一言「音楽学校の学生」とだけ……てことはこれがデビューで、これ以後は映画に出てな
 いってこと?
  しかし胸はゴム鞠のようだが、お腹もお尻もちょっとたゆたゆとしていて腕もぽちゃぽちゃで、
 あまりビキニ向けの体型ではない。なのにもう目が画面にくいこんでしまいそうな程色っぽい。
 ヨットの中でのその姿と、最初と最後、「日常」の中でのあの女教師のような眼鏡姿の対比とが
 凄い。

  ……これを見た当時、少し前に別の映画で同じ映画館に行ったんだけど、相当暑い日に行った
 にも関わらず、館内の冷房が弱めで非常に快適だった。だから、いつもなら何かはおるものを持っ
 ていったりするのだが、この時は何も持っていかなかった。そしたらこの日はそう暑くなかった
 にも関わらず、館内むちゃむちゃ寒かった……(涙)。おかげで早朝、まだ冷たい水に震える登
 場人物の気持ちはよく判った(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る