『奇跡の海』

  この世には「完全なペア」がいる。二人が完全でいる為に、それぞれに課した楔は、人には決
 して理解されることはない……ああ、けれども、二人には判っている、ほら、あれが……奇跡だ。
 
 
 
 
 

  大変に運が悪いことに、劇場で隣にろくでもない二人組の女に座られた。本編が始まってから
 わざわざものを食べ出すわ、上映中にトイレに立つわ……蹴りを入れようかと真剣に思ったが、
 わたくしを見守る神のまなざしに支えられ、耐える(笑)。ああ、ほんとあれは、今思い出して
 も腹がたつわ〜。
 

  けれど、そんな風に心をかきみだされながらも、確実にはまっていく。透き通りながら、どん
 どんどんどんこわくなる。
  こんなことってあるだろうか。
 


  そうなのだ。彼女はどんどん綺麗になる。愛しいヤンと出会って、自分の「才能」に到達する。
 神の家で語られる言葉に背いても、その「才能」の求めるところへつき進む。例えその為に苦し
 んでも、辛くても、進むことを決してやめない。そしてどんどん歪んでいく。とてもまっすぐな
 まま歪んでいく。そしてどんどん綺麗になる。
 

  「善」という言葉は奇しくも「禅」と響きが等しい。そしてそれは、そのふくむ意味も、どこ
 か似通っているように思える。仏に出会えば仏を殺せ。
  それが何事であるか判ってもらおうとか、納得させようとか、そんなことはもう意味がなく、
 不必要な行為なのだ。見えている道があって、そこを歩むしかない。
 

  一見して「良いこと」と思われないからといって、それが果たして「善いこと」ではないのか。
 「良いこと」など、社会や時代でいかようにも変わる。しかし「善いこと」は、自分の内にしか
 規範を求めようがないのだ。他がどうあれ、変えようがないのだ。それが他人の精神といかに相
 容れないとしても。
 

  一見、まるでこの二人はすれ違っているかのようだ。彼女は彼だけを求め、その為に彼の言葉
 に従って男と寝、彼は彼女の為に辛さをこらえて、それを勧める。
  ならば判っていれば良かったのか? 彼は彼女の愛の深さを受け入れ、自分の傍に置き離さな
 い。そして彼女も静かに彼によりそい尽くす。
  だがそれはやはり違う。前者が間違っていると言うなら、きっと後者だってそれと同じくらい
 間違っている。それらはそれぞれに「善」だが、彼等は前者の方を選んだ。それはより困難で、
 理解されない道だ。それでも選んだ。そしてまっとうした。
 

  本当は「誰かの為」なんて言葉は大嫌いだ。「相手を満足させる為」それをするのは、更にも
 う一段深く下げれば、「相手が満足するのが自分にとって喜びである為」だ。だから口でどんな
 にそう言っても、それは畢竟「自分の為」だ。
  だがこの二人は完全にその域に到達している。普通、こんな風に「誰かの為」を口に出しまく
 るような人間は、その言葉に溺れて酔ってしまうのだが、この二人は完全に覚めている。「相手
 の為」だと言いつつ、こころの底ではそれが完全に「自分の為」であることを、意識もしないで
 ちゃんと判っている。意識もせずに理解している。そして実行している。完璧なペア。
 

  だが、だからこそ迷いもする。何故ってそれは結局、「自分の為」だからだ。自分がいくら相
 手の為を思ってしたことでも、相手が口にしたことをそのまま実行したことでも、それが本当に
 「相手の満足」「相手の喜び」になるとは限らない。それはかなしいことのように見えても、痛
 い程真実だ。
  だから二人はそれぞれに迷う。これがほんとうに正しいか?
  特に「常識」に縛られていないベスの場合、その悩みは深くて深刻だ。なぜなら彼女は、相手
 がそう望むなら、それが世の中の「常識」とどんなに違っていようとも実践してしまうから。
 「常識」レベルでの悩み(これは世間の常識から見ておかしなことではないのか?)が全くない
 分だけに、自分の行動が相手に届かなかった時の悩みは深い。
 「私のしたことは間違っていたの?」
 

  だいじょうぶ。そんなことはない。なぜなら、ほんとうの「ペア」が相手に与えられるものは
 たったひとつ、「行為」ではなく「こころ」なのだ。ほんとうに相手に届くのは、「したこと」
 ではなく、「それをしたこころ」なのだ。そしてそれは間違いなく、彼の元に届いた。だからこ
 そ彼は再び、自分の足で歩いた。
 

 

  何に魂を捧げるか?
 

  それは自分にとって永遠の悩みだ。この悩みはあまりに根深く、とうとう短大では仏教学科ま
 で選択してしまった程だ(笑)。しかし当然の如く、学問を学んでも何ひとつ判らなかった。言
 葉では判らない。ベス、貴女の言う通りだった。
  信じられる強さというものには反発しながらも敬服してしまう。それが自分にはないから。そ
 してどこかで、それに憧れるこころもあるから。
  ドドが彼女を「弱い」と言った時には心底驚いた。どうして。あんなに強いじゃないか。この
 物語の中に出てくる誰よりも彼女は強い。
  しかしヤンはやはりそれをちゃんと判っていた。ほっとする。
 

  信じる強さ。信じない強さ。わたしはどちらかと言えば後者の方でやっていきたい人間なのだ。
 でもそれが貫けるか。疑問もある。とても苦しい場所に追い込まれた時、果たして「神様、助け
 て下さい」と思わずにいられるか。でもそれは決して思いたくない言葉なのだ。苦しい時にだけ
 すがるというのは、やはり間違っているような気がするのだ。普段「信じない」と言うものをそ
 んな時だけ頼りにし、もしそれを切り抜けたからといって、そこからそれを信じるようになった
 り、あるいはけろっと忘れてまた「信じない」と言ったり、そのどちらも嫌なのだ。神というも
 のはそういうものではないように思うのだ。
 

  だからこそ自分が信じたいのは「奇跡を起こさない神様」なのだ。決して手をさしのべない。
 どんなに信じていても、奇跡は起こらない。けれども確かにそこに在って、それをただ信じる。
  それがわたしの理想だ。でも、そんな神は、自分にはまだ、見つけられない。
  それにこの物語で出会った気がする。こういうことなのか?
  これは決して「神の奇跡」ではない。「人の奇跡」だ。
  こういう道もあるのか? こういう魂の行き着き方もあってよいのか?
 

  何に魂を捧げるか?
  おそらくこの問は、生涯わたしのこころに住み着いて去らない。
 

  隣にとんでもない女二人が座った話を書いたが、わたしの隣に座ったその彼女が、案の定、ベ
 スの死のシーンで、泣いていた。
  何を泣く? かわいそうだから? 哀れだから? ドドのかなしみに心をつられるから?
 

  冗談じゃねえ!
 

  見なければ。ちゃんと見なければ。同情するようなことではないのだ。そんな簡単な方へ流さ
 れてはいけないのだ。「死」と「かなしみ」は深く結びついている。しかしそれをごっちゃにす
 るな。
  ラストでなら泣いてもいい。しかしやはり横の彼女はラストでは泣かなかった。そしてクレジッ
 トと共に、友人と笑いながらさっさと出ていった。
  全く、冗談じゃない。
 

  死んでしまった。そしてしばらく、彼女が見えなくなった。それまでは彼女が映っていないシー
 ンでも、彼女の存在を感じた。それがなくなった。それは、ひどくさみしく感じられた。
 

  そこへ鐘が響いた。荒海の真ん中、他に何もない、ぽつんと浮かぶその油田基地の上、高い高
 い雲の中で、確かに鐘は鳴り響いた。そこに居た。
  鐘の音が好きだと言った。よそ者がもたらすものは音楽だと言った。ダンスが好きだった。
 
 

  其処に居た。
 
 

  1997.5.8
 
 
 

  ……何よりベス役のエミリー・ワトソン。彼女の発見こそが「奇跡」のようだ。すごいことだ。
 惚れてしまった。
  同じようにヤンにも惚れてしまった(笑)。ステラン・スカルスゲールド。なんでだ? なん
 でこんなもっさい顔してて、髪の毛生命危なそう(笑)で、お腹ぼってりしてんのに、なんだっ
 てこいつはこんな格好良いのだ? 「愛してるって言い続けろ」。ぞくぞくきた。まさしく「理
 想の恋人」。
  ドドもすごくすごく好きなんです。ほんとうは一番の理想は彼女かもしれない(笑)。彼女は
 わたしが絶対に持つことのできない「やさしさ」をしっかりと持っている。そしてその全身全霊
 でベスを愛している。こんな風になれたらすごいだろうなあ。

  ……しかしなんといってもウド・キアー。これでしょう。
  一体どんな役で現われるのか? と思っていたらあれだよ(笑)。『キングダム』でも『ヨー
 ロッパ』(ここでちょっと自慢だが、わたしは『欧羅巴通信Vol.1〜6』を全部持っているのだっ
 た。この中のとりみきの漫画は最強だ。ところでこの映画、パンフレットってあるの?)でも笑っ
 てしまったが、今回も出てきた瞬間、ちょっと吹いてしまいました。またこんなんかい。んもう
 ほんと、ウド君とトリアー君たら、仲良しなんだから。
  しかもウド君、「これだから売春婦は信用できねえ」みたいなことをのたまっていたが、こん
 な言い方をするってことは、かつて信じた売春婦にハートブレイクな目(笑)にでもあわされた
 のか? だが、君にはそんな状況は似合わないぞ! ウド!(激爆)

  ……それにしてもこの船の連中ってよく判んないだけど、女とはやりたい訳でしょ? でも、
 女がよりついてくれないから、ただでさえ狂暴系なのに、欲求不満がそれを助長して殆どケダモ
 ノ状態な訳でしょ?
  だったらその獣性(笑)をちこっとこらえて、女によりついてもらうようにすれば、少なくと
 も欲求不満の方は解消されて、それに伴って狂暴性の方も少しはましになって、そしたらますま
 す女がきてくれるようになって……といいことづくめのような気がするのだが、ここの連中はわ
 ざわざ自分等で悪い循環をつくり出してるようにしか見えないのだが、どうか(笑)。しかしそ
 れにしても、この船にはこの二人しか乗員がおらんのか(更に笑)。

  ……各章の始まりの扉にあたる映像も美しかった。特にあの「虹」が現われた時には、喉がつ
 まって、殆ど涙が出そうになりました。8枚綴のこの図柄のポストカードを見て、迷わず購入を
 決めました。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る