『カル』

  いつもどこかから見つめている。見ることがすべての謎を暴き、また新たな謎を産む。積み上
 げられた屍の山、流される血、生きたまま切られる心と体。衝撃のラストが観客を襲う!
 
 
 
 
 
 
 

  自分が「ミステリ者」であることが、映画において裏目に出たり効を奏したりすることがある。
  『シックス・センス』では吉と出た。だが『ボーン・コレクター』ではこの性癖の為にずいぶ
 ん評価が下がった気がする。
  『カル』では、その効果が良否いっぺんに出た感じ。
 

  まず、「良」の面。
  これは何と言っても、「気持ちよく裏切ってくれた」ことでしょう。
  えー、ミステリをある程度数こなしてスレてくると、登場人物が大体出揃った段階で、例えま
 だ殺人が起きてなくても「この人物配置ならアンタ犯人」てのが読めてしまったりするのですな(笑)。
 例えば、探偵や依頼人が無条件で信じている友人・恋人・過去の恩人などが出てきた場合、かな
 り要注意だ(更に笑)。
 

  この伝で、わたしは最初にスンミンが出てきた瞬間に「コイツ犯人」と決めました(爆)。で
 もでも、それではあまりにもセオリー過ぎる。最近のこの手のモノってセオリー裏切りが常套だ
 から、そう単純には来ないであろう。
  と考えていて、まず最初の殺人のバックに絵がかかっていたのが気にかかった。複製、と言う
 より模写っぽかったんだよね。で、チョ刑事が初めてスヨンの家に行った時、ミレーの『オフィー
 リア』(この絵大好き!)の絵葉書を手に取っていて、その後、別荘でこれを別角度から、顔を
 スヨンにして模写されたそれを見た瞬間、「きっとオヤジだ!」と思う。最初のあの絵、親父が
 模写したヤツなんだろうと思ったの。で、「炭」が出てきて自分の推理に確信を抱く。
  が、それと一緒に画材店の袋が出てきたのに「む?」と思う。これはあまりにあからさま過ぎ
 る。ミスディレクションに違いあるまい。きっと親父はとうに死んでいて、もうすぐ死体が出て
 くるぞ(この段階でここまで考えてしまうのがミステリすれっからし(笑))。
 

  ここで再び「スンミン犯人」説浮上。で、それにとどめを刺したのが「スヨンの過去話」。
  「昔お隣に住んでいて自分のすべてを知っている少年」、これはもう絶対、「実はオンナ」以
 外に考えられないではないか!(ああ、本当にスレている(笑)) まさに黄金パターン。それ
 に、チョ刑事を襲った車のナンバー「3979」、これ、記憶に間違いがなければ確かこの人の
 車のナンバーだった、気がする(*)。これで確定だっ。
 

 (* ミステリ者の常として、こういう話に登場する車のナンバーはできる限り記憶しておくの
  ですが、ちとコレ自信なし。いや、このナンバーは絶対に襲撃シーン以前に出てきてるんです
  よ。でも、この人のナンバーだったかなぁ……。
   最初の殺人の後に出てきた車は、その時は覚えたんだけど、死体が発見された車が同じもの
  に見えたんで「じゃこれは忘れていいや」と記憶から消去しちゃったんだよね。でもこれは
  「50××」だったように思うんだ(かなり自信ナシ)。もしコレが「3979」だったら何
  のヒントにもなってなかった訳だが……。
   ちなみにチョ刑事のナンバーは「7039」で、スヨンのは「1357」あるいは「153
  7」だった。ギヨンのナンバーは映らなかった。
   もし二度目を見ようと思っている方、「3979」がどのシーンで出てきて、ほんとは誰の
  ナンバーだったのかぜひ教えて(笑))。
 

  ……だが、風呂場に血をなすりつけているところで、悩む。何でこんなことをする必要がある
 のか?
  この段階で考えられるのは、「702号室を発見されたくないから」という理由のみ(ここで
 すごーく謎なんだけど、誰も場所聞いてないのに何であの部屋バレた訳? まあ、オ刑事の行動
 追ってきゃ判るんだろうが、発見早すぎやしないか?)。犯行場所をあそこではなくここだと思
 わせたい。
  ということは、「702号室には発見されたくない何か」があるというのが順当な思考になる。
 発見されたくはないが、持ち出して処分できるようなものではない、何か。
  だが彼女はここで、「自分が犯人として捕まること」自体は既に覚悟している。なら……彼女
 にこれ以上隠したい何がある?
  ここで初めてスヨンへの疑惑が。そう、彼女が自分の犯行以外に隠したいことと言えば、スヨ
 ンに関わることに決まっている。
 

  ……だけど今更、何があるっていうんだろう?
  ここでミステリ者の「悪」い方の癖が出る。こういう猟奇殺しものの時って、「コロシそのも
 のには絶対共犯者ナシ」って頭っから思い込んでしまうんだよね。
  だもんだから、スヨンが犯人とは思わなかった。だって彼女には「生きたまま華麗に解剖」は
 できない訳だし、オ刑事が殺された時にもアリバイあるし。
 

  で、スンミンが死んで、「まあこんなもんだろう」と思いつつ、「ボタンの謎」と「ポラロイ
 ドの謎」がそのままなのが気にかかる。一体これからどう使われるの?
  そしてやってきたこのどんでん返し。これはなかなかに「おお」と思いました。スレた身には
 予想が裏切られるのって気持ち良いのです。
 

  だが「否」と出てしまった部分、それも実はこの「真犯人は誰か」に大いに関わっていたりす
 る。
  まあ、上の「こーゆーコロシに共犯者がいては不純(←この発想がいかにもミステリ者(笑))
 だろー」というのはさておいて、最大の問題は「何で、『今』なの?」ってこと。
 

  彼女が真犯人、それはいい。過去の男を殺してバラバラ、それもいいでしょう。
  でもさ、何でそれを「今」しなくちゃならないの? ギヨンは「過去の男」と言うより、口割
 られたら困るからやったんだろうけど、他の男はそういう意味じゃないだろう?
  やはりミステリ者としては、この手の「トラウマ殺人」は、それに走り出す為のきっかけ、そ
 ちらへ向かうスイッチがオンになる理由、というのがないと納得いかん訳だ。まあ、親父は5年
 前に殺ってたんだろうから「そういう方向」へのスイッチというのは入ってたんだろうけど。
  でもこんなにも間を開けて、しかもその間に複数の男とつきあっておいて、何故今更「いざ殺
 人」へよっこらしょと動き出すのかが判らない。ここで例えば、最後につきあっていた男との間
 に何か特別なことを入れておいてくれたら納得できたのになぁ。
  そういうのが全然ないから、立場的には一番あやしい彼女を全く疑う気になれなかったし、不
 満が残りました。

  2000.11.28
 
 
 
 

  ……まあそういうこともさておいて、ハン・ソッキュいいなあぁぁ。
  どう考えても主役顔じゃないんですが(笑)、実にいい。これがカッコよく見えてしまうとい
 うのがまさに映画のマジック。でも本当にカッコいいのよ。
  しかし、最後のアレは暴れ過ぎでは(笑)。何も自分を保存液びたしにすることはないと思う
 のだが、どうか。ショックは判るけどさぁ、証拠壊しちゃって。

  ……シム・ウナも綺麗だあぁ。いくら辛い話を聞かされた後とはいえ、あの状況で手を出さず
 にいたチョ刑事、尊敬します(笑)。まあ、手を出さなかったからこそ殺られずにすんだんだろ
 うけどさ(更に笑)。

  ……しかしだな、こういう時に「雨」を使うのはもういい加減飽きが来てるんですが(笑)。
 まあ、ラクというか、判りやすいから、使ってしまいたくなる気持ちは判るんだけど。
  『CURE』のあのせいせいとした、しかし逆にそれだからこそコワい光景を見習ってほしいわぁ。

  ……音楽の使い方はなかなか好きだ。サントラ買おうかなー。

  ……ミステリ者で良かったと思うことがもうひとつ、この手の話を「純パズルもの」として平
 気で楽しめること。あまり、こう、「この手のものばかり増えて昨今の世相は……」とか「衝撃
 シーンで客呼ぼうとするなんて……」とか「こういう代物が犯罪を助長させるんじゃ……」てな
 ことを考えたりしないのね。思うのは「それがミステリとして真っ当かどうか」だけ(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る