『さよならは言わないで』(原題:Kabhi Alvida Naa Kehna)
  異なる人生を歩みながら、僕達はそれぞれずっと、愛を求めてさまよう旅人だった。その出逢
 いから、僕達の進む方角、辿り着く最終の地は、定まっていたのかもしれない……インドの名匠、
 カラン・ジョーハル5年ぶりの最新作!
 
 
 
 
 
 

  教訓・ポイ捨てはやめましょう  



  ……ということもともかくも(笑)。  


  いやいやいや、でも本当に良い映画でした。でも前作『時に喜び時に悲しみ』と同様、ストー
 リーは1分で言えます。  
 「互いに自分達の結婚生活に疑問を感じている二人が、辛さを分かち合う為友人に。やがてその
 絆は愛に変わり、それぞれの家庭を崩壊へと導く。相手の偽りの幸福を信じて袂を分かつ二人、
 だが新しい人生を掴んだ元伴侶に励まされ、最後は全員がハッピーに」。  
  ほら、言えた(笑)。  
  これで3時間13分。  


  もうですね、前作でも本当に感心しましたが、ほんっとーに、これ以外話は無いのね。ただた
 だひたすらこの話だけ。まあ、互いの親のからみはあるし、リシの父の死などのエピソードもあ
 りつつも、この筋そのものを混乱させるような他の要素などは一切ありません。  
  比較的始めの辺りに大変印象的に出てまいって、その後二人の再会のタネになった「ブラック・
 ビースト」さえ、再会してしまえばもうポイ捨て。それでいいのかニューヨーク市民!   
  が、その癖、その時にたまたまベンチに座ったでぶでぶ迷惑オヤジは何年も後になって出てき
 たりするのは何なんだろう(笑)。でもかつて自分の息子をあんなにぼろかすに言われながら、
 なんていい人なんだ。  


 「だから、どうしてそれで3時間話がもつんですか!」と皆さん思われるでしょう。ズバリそう
 でしょう。  
  実を言うとわたしでさえ「休憩」入った時には思いました。「もう告白タイム済んじゃったよ、
 この後残り半分一体どうするの??」  


  休憩中にいろいろ推理し、後半ではもういきなり既に離婚してて再婚していて、デーヴを立ち
 直らせる為にマヤが奮闘するのか、足が治ってサッカー選手に返り咲いたり、あるいはマヤの励
 ましで一流のコーチとなって凄いチームを築き上げるのか、と思っていましたが、さすがはジョー
 ハル、そんなややっこしい筋は一切盛り込みません!   


  しっかり告白しちゃった後でも互いにうじうじし、やっとこ本当にくっつき、辺り一切目に入
 らぬラブ・イズ・ブラインド状態に突入、それが落ち着いて自分や相手の周辺状態が改めて見え
 てきていわゆる「不倫カップルの倦怠期状態」を迎え互いの状態にイライラキリキリしたりだの、
 もうホントこの筋だけでたっぷり見せる見せる。
  それが全然飽きないのだから、本当にこの監督ときたらスゴイ。  
 『時に喜び時に悲しみ』でも思いましたが、この監督、本当に小さなこと、わずかなことを丁寧
 に丁寧にこつこつ積み上げて、ひとの心の移り変わりを細かくよく見せて下さいます。好きだなぁ。  


  もうね、やる側の方もやられる側の方も、「いやでもそれキミ悪いやろう」「キミ勝手やろう」
 と思う。両方側にそう思うし、あるところでは「それはされても仕方がないかも」とも思うし、
 また「でもこれでされちゃこっちも可哀想だよな」とも感じる、それがものすごいリアルだな、
 と思うのですね。  
  実際の話、「やった側が100%悪い」ことも無ければ「やられた側が100%悪い」なんてこと
 もそうそうない訳で、もし本当に一方的にどっちかの味方でなく仲介できる第三者がいて双方の
 話を聞いたら、きっとそう感じるだろうと思うのですね。
 「ここは確かにヤツが悪いけど、でもこの部分においてはキミもこうすべきだったよ」みたいな。
  そういう「リアルなカップルの空気」がちゃんと描かれてる。  


  また、世の中に問題の無い夫婦なんぞいない方が珍しいと思うのですが、だからって全員そっ
 ちいっちゃうかというと勿論そんなことは全然無い訳で、それには本人の倫理観だとか周囲の環
 境(超ど田舎でそんなんしたら一瞬でバレバレ、とか)とか、いろんなものが関係してくると思
 うのですが、最大の問題として「その相手に巡り会うか否か」ではないかと思うのですね。  
  まあ今は勿論、出会い系だの何だのあって、こと「簡単に簡単な仲で済ませられる相手を見つ
 けよう」と思ったらそう難しい話ではないのでしょうが、この二人の場合、そういう「結婚生活
 の不満を外の適当なもので発散しよう」的な発想はそもそもかけらも無かった訳で。  
  元に様々な不満や疑問や何とも言えない馴染まなさがあって、でもそれでも継続させていた、
 そこに出逢ってしまったのが「その相手」、「自分と似た傷を持つ、自分の心を分かち合える相
 手」だった、だからこそそこへ踏み込んでしまった、そういうことがちゃんと描かれている訳で
 す。そこが本当にうまい。  
  この手のドラマや映画では日本でもよく単純にやりがちな「ふられた者同士がくっつく」とい
 う安易な方向にいかないのもとても良かった。そうそう、現実ってそんな風には滅多とならない
 もんですよ。ここもリアルだった。でも「キャサリン」はどうか、リシ(笑)。  


  ……ただですね、ひとつだけどうしても「いやそれはなんぼそう感じたとしても言ったらあか
 んやろう」と思ったのは、やっと思いが通じ合ってラブラブになった二人の恋ソング、「この絆
 だけが真実、他のすべては偽りの絆」という歌詞。  
  それはいくら歌の歌詞とは言え言うたらダメだろう、と。
  このワンフレーズで、せっかくの、色んな状況を乗り越えて見い出した愛、の美しさが台無し
 になるではないの、と。  
  マヤにすれば、両親を失った後に自分を育ててくれたリシの父母、兄妹のように育ったリシと
 の絆、デーヴにすれば女手ひとつで自分を育ててくれた母との絆、学生時代から同じ方向を向い
 て歩んでいたリヤとの絆、そして何より、たったひとりの息子アルジュンとの絆、それを「すべ
 て偽り、これひとつが真実」というのは、いくら恋に目が眩んでいても絶対に言ってはならない
 ことだと思うのですね。  
  同じ理由で、わたしは「今までの人はすべてアナタとの為のレッスン」とか何とかのたまう誰
 かの歌も大嫌いです(笑)。  


  あと、「何故そこで告白する、キミ達!」とも思った。  
  いや、もう、それはさぁ。終わらせてきたんなら、それは言うたらダメでしょアナタ達。終
 わったもんをなんでわざわざ聞かなあかんねん。  
  しかもマヤ、いくら致し方なかったとは言えタイミング的にあれは最悪。そら旦那も暴れま
 すって。  


  心底真剣に「終わらせる」と決め、本当に「終わらせて」きたのなら、何も言う必要さらさら
 無いと思うのですね。自らの罪悪感とか良心の呵責とか、そんなもんは黙って自分ひとりが背
 負っていけばいいことで、相手の背に乗っける必要なんて皆無だし、ある意味、それって「不倫
 をするよりも身勝手」です。もし本当に気持ちとして「終わって」いたのなら、それってただ単
 に自分が楽になりたいが為の行為でしょう。  
  ただこの二人がここで言ってしまうのは、本当は、本当のところは「実は終わってない」から
 なんだろうと思う。心が終わってない、まだ繋がっている、でもそれをどうしても断ち切らない
 といけない、その為の荒療治だと。  
  勿論それでも勝手なことは120%勝手なことに代わりは無い訳で、お前等そんな状態でそんな
 ことを相手に頼んなよコラ、とは思うのですが、やはりリアルな問題としてこういうことをやら
 かしてしまう莫迦というのは相当いるのではないかと思うのですね。  


  でもってこのやられた側の二人、が偉いなと思うのは、そういう、相手がいくら口で言おうが
 「心が全然終わってない」ということをちゃんと見通して、それでちゃんと追い出してあげる、
 というところではないかと。  
  もし本当に「心も終わって」いたのなら、多分この二人、相手を許していたのではないかと思
 うのですね。  
  特に、別れた後のリヤは本当に素晴らしく美しい。それまでの仕事に没入する姿も凛々しく良
 かったですが、仕事に張り切りながらも家族として、子供の親としてすごく満たされて幸福であ
 る、その笑顔が本当に素敵です。  


  また、感動してしまったのがデーヴ母。  
 『時に喜び時に悲しみ』でも思ったのですが、この監督って本当に「血縁」よりも「地縁」を大
 事にする人なのだな、と。  
  自分自身が傾向として間違いなくそういう人で、だからどっちかって言うと「血縁最高」的な
 色合いの強いインド映画では時々違和感を感じることがあり、特に「地縁より血縁!」と最大限
 に訴えるマニ・ラトナム監督の映画では時々ものすごい不満を感じて。育ててくれた人、自分が
 本当に苦しい時に傍にいて、愛おしんでくれた人達よりも、年月を経てぽっと現れた「血縁」の
 方がずっと価値があってそっちが一番、となるのが何ともしんどくて。  


  だからこの人の映画、そこが凄く嬉しい。  
  血の繋がりなんか皆無でも、誰よりも「親子」で「家族」で「兄弟」な『時に喜び時に悲しみ
 の一家も、そして息子が勝手して家飛び出した後も、孫の為、そして嫁の心の為に家に置かせて
 もらえないか、と頼むカマラ母さんも。  
  孫がさみしそうだ、というのも無論あるけど、でもこれはよりリヤの為なんだろうなと思う。
  今まで自分がいて、そして比較的ヒマな仕事のデーヴがいて、それで安心してリヤは子供おい
 て外でバリバリ働き「男の役目」を果たせた訳だけど、ここで自分まで出ていってしまったらリ
 ヤは家と仕事が両立できなくなってしまうし。  
  そしてそんなことよりも何よりも、今大変に辛くさみしい思いをしているリヤの傍にいようと
 すること、それはつまり、デーヴは確かに血の繋がった自分の子供だけれども、わたしはあなた
 の味方なんだ、息子が勝手であなたにひどいことをして、そのことについては自分も明らかに息
 子が悪いと思う、今度のことはあなたは何にも悪くない、だからわたしはひとりぼっちになった
 あの子の傍にいようとは思わない、あの子はひとりでそれに耐えるべきだし、あの子よりわたし
 はあなたとアルジュンの傍にいたいの、という態度の表明であって、それが見ていてほんとに嬉
 しくて、これでどれだけリヤは慰められただろうと。実に感動しました。  
 『ヴィーラ』のおかんに爪のアカをのませてやりたい(笑)。  



  歌は、どれもなかなかでした。  
  特に「ロックンロール・ソニヤ」好きですね。もっと踊って、カージョル! あ、でもパパは
 おとなしくしててね、発作が起きるから←シャレになってない(笑)
  コレを筆頭に、あちこちにサービス精神あふれる歌の使い方がナイスでした。アルジュンの運
 命の恋は果たしてあれからどうなったのか(笑)。
  でもやはり特筆すべきは二人のラブソングで、最初のあの「青が好きと言ったらまわりの人が
 みんなブルーに!」にはちょっと吹きましたが、そこからスタートしたラブソングでの絵の美し
 さに脱帽!  
  ブルー、イエロー、ブラック、パープル、グリーン、果てはクリスマスカラーと、本当に本当
 に目に鮮やかで美しいラブソングでした。これはどこかの液晶TVなんかでCMや販促の際のデモ
 に使ったら良いと思います(笑)。  
  いやでも本当に、メロディアスな曲も美しく、そしてこの映画始まって以来の、ラニ・ムケル
 ジーのこの心の底から幸福いっぱい、はちきれんばかりの満面の笑顔がたまらなく美しくかつ
 キュート! ああ、これであのフレーズさえ無かったら(笑)。  
  しかしラニ・ムケルジー、泣き顔も良いけどこの満面の笑み、良いなぁ。何が魅力って、この
 笑い皺がもうたまりません。すごくぐっとくる。  


  そんな訳で今思うことはひとつ、「次は5年も待たせないで、ジョーハル!」ということに尽
 きるかと(笑)。
  いや、まあ、例え1年でつくってくれたところで、それが日本のスクリーンで見られなければ
 意味は無いのですが。  
  どうか、まだまだこのじっくり続いている日本でのインド映画の下火が消えない内に、再び素
 晴らしい傑作をひっ下げてきてほしいものであります、はい。


  2006.11.12




  ……だがしかし「いくら何でもちっちゃい子教える教師が、そんな胸元あきまくりの谷間見え
 まくりのセクシースタイルってどうですよ日本ならPTAが許しませんよマヤ先生!」と思ってい
 たら、あれでもインド人にはセクシー度がゼロなのですね、シャールクさん(笑)。  
  いや、まあ、あれは単に映画の台詞に過ぎなくて、あの普段の通勤時のスタイルのラニを見て
 「セクシー!」と思わないストレートの殿方は世界に数人といないと思うのですが。ほんと、あ
 れで「セクシーさが無い」と言われたら、どんな格好して街を歩けばいいんですか。ビキニでも
 着て歩けというのか(笑)。  

  ……まあでも確かに、布の覆い度合として遥かに上でも、例の「お仕置きスタイル」よりサリー
 の方が遥かにセクシーなのですから、布の量とか覆った部分の形状とかの問題では無いのだろう、
 とも思うし、この夫婦の問題は「奥さんがセクシーな格好をしていないから旦那が燃えない」訳
 ではないからね、そもそも。どんな格好してようがリシにはマヤは世界一セクシーな女な訳だか
 ら。まあ、格好を変えることで、頑なになっているマヤの側の心を変える、という意味では大変
 効果があるとは思いますが。  

  ……でもこのラニ先生にこの「お仕置き」をされるなら男として本望、とも(笑)。ああ、ほ
 んと、あそこにリシしかいなかったら、あの後間違いなく大変なことになっていて、そしてほん
 とに愛が戻ってたかも(笑笑)。失敗して良かったね、デーヴ。  

  ……それにしてもリシさん、アナタ初婚と再婚で女の趣味違い過ぎます(笑)。  
  いくら心に深いショックを受けたとはいえ、それは変わり過ぎですよ。オヤジの跡をしょって
 いく勢いですよ。それはちとまずいですよ。  

  ……しかし、こんなにも美しい娘に成長したマヤにパパが手を出さずに済んだのは、偏にパパ
 のパツキン好きと巨乳好きのおかげですね。良かったな、リシ。  

  ……それにしても草葉の陰でリシママは、静かに微笑みながら「アナタ、ワタシは何もそこま
 でしろとは申し上げてなくってよ……?」と思っていらっさるに違いない。呑気にママへの伝言
 を息子に聞いてるヒマがあったら、それこそ天国での懺悔の言葉をリストにしておきなはれ、パ
 パ。
  パパ登場時にほぼ流れる「セクシセクシー」のテーマが最高(笑)。

  ……パパとカマラさんの性別を超えた友情、がたまらなく良かった。  
  年をとったらこういう異性の友人が欲しい、としみじみ思いますが、そうなる為には、やはり
 若い内にそれなりの基礎というか、礎を築いていないとダメなのだろうな、と思います。いや男
 は皆パパのように生きろという訳ではなくてね(笑)。  
  男と女の間に友情なんてあるもんかい、ということを頑なに言う人はいて、でもそれはやはり
 100%正解ではない、と思うのは、そういう人の主張というのは基本的に、「異性である以上色
 恋沙汰抜きの友情、などというものは成立しないから」で、それは誤りだとは思わないんですね。
 確かにそう。確かにそうだと思う。  
  でもそれをはっきり理解し意識しながら、そこの微妙な部分をきちんとコントロールして「友
 情」を成立させられる異性同士の関係、というのは間違いなくある、と思うのですよ。で、それ
 はお子様にはできない、おとなでなくてはできないことで、それを実現させ、かつ保ち続けるに
 はやはりそれなりの経験というのが不可欠だろうと。いやそうは言ってもパパ程じゃなくていい
 んだけどね(再笑)。  
  というのもともかくも、「色恋の回数」という意味ではなくて、もっと、「人間づきあいとし
 ての深度」というのをどれだけ経験しているか、というとこがポイントなのだろうと。  
  あと、思うに男よりも女の方が少しおとなでないとそういう「友情」は成立し辛いでしょうね。
 やはり男というのは幾つになっても男だし、どうしても女性よりは子供だから、ついあらぬ方向
 に走っていきそうになったり、その気も無いのにいらんことや余計なことを口にしたりしがちな
 のですが、そこを女側がさっと交わして流せないと「友情」として保っていけない。そういう意
 味でもカマラさんはパーフェクトです。  

  ……だがしかしこの映画最大の理不尽な点は「何故離婚した後もキミ達の暮しはそんなに裕福
 なんだ、デーヴ&マヤ!」ということではないかと(笑)。  
  まあ、インド映画では「何の仕事してんのか全然わかんないのにとりあえず金持ち」て大変よ
 くありがちではあるのですが。しかしこの二人、職業はこんなにも明確なのにこんなに稼げると
 は到底思えん。マヤさんちなんてあのシャンデリアは一体ナニ。  

  ……デーヴもデーヴで、ひとり暮らしでもあれだけの質が保てる稼ぎなら、ごく一般の「子供
 一人の夫婦」であるなら、嫁さんがそんなキリキリ働かんでも、ごく普通レベルで仕事して共稼
 ぎなら、いやいっそ専業主婦であっても、つつましくしてれば充分やっていけるのではないかと。  
  サッカーコーチって儲かるんですね。←違う

  …… 元々「東京国際映画祭に出す」と意識してつくったのか、デーヴの「サヨナラ」もそうで
 すが、そちこちにそういうのがあってなんとも嬉しく。
  でも、ちょっと英語の字幕を読み取り損ねたので自信が無いのですが、リシの経営してる会社
 名を「kamikaze」言うてたように思うのですが。それはどうか。

  ……しかし映画の公式サイト、これ一体何インチのモニタで見たら隅から隅までフルで表示さ
 れるのでしょうか(笑)。
  わたしのまっくさん15インチモニタでは全然ダメで、最初このトップはスキップできないもの
 だとばかり思い、毎回毎回律儀に見ていたのですが、ある日ふとスクロールしてみて初めて、右
 下の隅の方に「Skip」があることを知りました。感動でした。
  でも、スクリーンセイバーがwin用しかないのが! ショックで!
  ああ、パパスクリーンセイバーが欲しい!!!

  ……映画見る前に、インド映画仲間に「シャールク好きには辛いかも、シャールク結構ヤな役
 らしいし」言われてびくびくしてたんですが、全然そんなことなかったですよ! 『アシュラ
 に比べたら!! ←そこと比べたら世の9割9分の人が「いい人」ですよ>じぶん


キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る