『時に喜び時に悲しみ』(原題:Kabhi Khushi Kabhie Gham)

  裕福な豪邸、厳格な父、優しい母、仲の良い兄弟。完璧な家族の筈だった、けれど兄が恋を選
 んだその日、すべてが壊れた。真実を知った弟は絆を取り戻す為、兄を追って英国へ旅立つ……。
 
 
 
 
 

  たっぷり3時間半、途中に休憩入れつつも、歌って踊って笑って泣いて……大満足して帰り支
 度をしながらはたと気がついたのですが、この映画、すべてのストーリーを1分で言える(笑)。  


 「金持ちの長男(実は養子)が父の反対を押し切り結婚して勘当される、寄宿学校に行っていて
 それを知らなかった弟が、事実を知って兄を連れ戻す為イギリスへ渡り、義姉の妹と恋もして、
 最後は見事全員が仲直り」。  
  ほら、言えた(笑)。  
  これに3時間30分。  


  「まあでも日本の映画や連ドラだって、煮詰めれば筋はたったこんだけ、てよくある話じゃな
 い?」と思われる方もいるかもしれない。  
  だが違う。ほんっとーに、これしか無いのだ。  


  日本でこういう場合、兄の恋や弟の恋にそれぞれライバルが出てきたり昔の恋人が出てきたり
 してごたごたしたり、あるいは養子であることに何か巨大な秘密があったり、家族の誰かが重病
 になったり時に死んだり、あれこれあれこれ、「突き詰めればたかがそれだけの話」に色々盛り
 込むでしょう。  
  それは、そうしないと長時間話がもたないからですよね。  


  だがインドは違う。本当にこれだけ。  
  兄の恋に父親が反対する、その理由の為に「父親が用意した婚約者」は確かにいて、その子は
 昔からの友人で、彼に思慕を寄せていたりするのだが、そこがややこしくからむことなど一切無
 く、彼の心が他の女性にあることを瞬時で見抜いて身を引くし。  
  弟の恋にはもうライバルなんてそもそも皆無。弟の気をひく為に、女の子の方が別の男の子と
 デートに行くのを見せつけたりもするのだが、その相手も瞬時に消えて即らぶらぶ。  


  そしていくら何でもここは後でかなり大きく話に食い込んでくるのではないか、そう思ってい
 た兄の養子の事実もものすごい勢いでスルー。日本でドラマで捨て子だったら必ず重要なエピ
 ソードになるであろう「実の親探し」なんか皆無です。当人も育ての親も、そんなことに一切興
 味無し。潔いにも程があります。  
  また、すげい金持ち社長パパなので、兄弟で兄が養子、弟実子、ともなれば、「実の子の方に
 会社を継がせたい」思ったりとか、親がそう思ってなくても、子供の方がいろいろもめたりとか、
 そんなんあってもおかしくないのにそういうのも一切無し。皆素晴らしく広く美しい心の持ち主
 で感心します。  


  「ええと、でもそれでどうやったら3時間半話がもつの?」と思われるでしょう。そうでしょ
 う、皆さん!  
  それがもつ! もつどころかもう30分長くてもいいとさえ思う、それがインド映画の底力!  


  歌とダンスが長いのかしら、と少々インド映画に知識がある方ならば思うでしょうが、うん、
 確かに長いし曲数も多い、それはそうではあるのだけれど、でもそれならば他のインド映画だっ
 てそうですよね。  
  正直、これはインド映画の中でもかなり長い方で、にも関わらずかなりシンプルなストーリー
 で(笑)、それでもこの長時間、一瞬たりとも飽きさせません。  


  うまいんだなぁ、と見ていてしみじみ思います。確かにこってりした脇エピソードは皆無で、
 でも小さいことをこつこつこつこつ重ねていって、それが後できらきらと砂粒の中の水晶のかけ
 らのように光ってくる。そういう細かいことにたっぷり時間を取って、でもちっともムダな感じ
 を起こさせない。うまいです。  


  インド映画経験ゼロの方にまず見せるなら、こういうとこから見せたいですね。  
  他愛無いストーリーに全力をかけ、優れた音楽、優れたダンス、やたら長時間、暴力ゼロ、最
 後は勿論ハッピーエンド。  
  魅力たっぷりのステキな映画でした。  


  ……えーと、以後はカージョル絶賛コーナーです(笑)。興味の無い方は日付下のツッコミ
 コーナーまで飛ばしちゃって下さいませ。  


  てな訳でカージョル&シャールクですが、やー、なんかもうこのカップル、本当に好きですね。
 剽軽だけどその実純で一途な青年、勝ち気でドジで、でも涙もろい優しい女性、をこの二人の組
 み合わせでやらしたらほんと最高です。  


  特に今回は本当にカージョルが光ってました。  
  正直、「美人度」で言ったら、許嫁になるナイナーの方が上なんですよ。まあ好みはあるけど、
 スタイル的にも多分ナイナーの方が上とされるんだろうと思う(わたしの体型好みはズバリカー
 ジョルの方ですが。あの二の腕!)。  
  しかもカージョルって、自分が美人だという自覚が無いのか、時々ものすごい壊れたもろ「不
 細工」としか言い様の無い顔も平気でつくるし。あれ、普通ヒロインレベルの女優はやってくん
 ないですよどう考えても。  


  ただ立って並べたらどう見てもナイナーの方が美女、でも「ヒロイン」がカージョル以外に考
 えられないのは……やっぱり、「オーラ」の差だと思うのですね。明らかに。  
  そこは監督さんも大変によく心得ていて、金持ち邸のゴージャスな部屋でゴージャスなサリー
 を着てゴージャスに踊るナイナー、それに引き換え外で裸足で粗末なサリーで跳ね回るカージョ
 ル、それでもやはり光っているのはカージョルの方なんですね。この全身から喜びの満ち溢れた
 素晴らしいダンス! その対比のさせ方が素晴らしい。  


  カージョルはかなりダンスが上手い方なのですが、それが本当にいつもエネルギッシュで、高
 く飛ぶしスピード感が凄く動きに大変キレがある。全身からはち切れそうなパワーが漲っている。  
  そして何と言ってもこの爆発的な笑顔。惚れ惚れします。ああ、やはりアジャイになんかやる
 のは勿体なかったよ、オレのカージョル!←カージョルの実旦那・アジャイについてはこちらに
 わたしのひねくれた心情がありますので映画のネタバレありますが良ければご参考までに−『
 モラ〜心のままに』  


  そんなカージョルだからラブラブダンスを踊っても、セクシーよりは明るいお色気、極めて健
 康的な路線になってしまうのがご愛嬌ではあるのですが、そこがまた魅力的なんだなぁ。  
  インド映画で前半は恋人で後半では結婚して場合によっては子供もいて、てよくあるパターン
 で、そうすると前半ではたっぷりヒロインだった人が急に影が薄くなって、主人公ばかりの話に
 なったり周辺人物のエピソードが中心になったりするのですが、この映画でも御多分に漏れず後
 半は弟と弟の彼女がメインで画面の全面に出ることは急激に減るのだけど、それでも存在感はあ
 るし魅力も充分。これはやはり彼女の実力です。  


  弟のラブダンスに便乗して踊り出そうとするのをシャールクが最初止めるのに、内心でめちゃ
 突っ込みました。「シャールク止めるなよ、プーのダンスよりカージョルのが見たいんだよ!」 て。
  できれば最後にもうワンダンスして欲しかったなぁ。それで、あのパパと一緒に踊りまくって
 欲しかったです(笑)。カージョル最高!
 

  2005.11.25
 
 
 
   ……しかしローハンもプーちゃんも、幼き日のあのあいらしい面影はどこへいってしまわれた
 のですか(泣)。特にプー、アナタこんなになってしまって、草葉の陰でお父さんは泣いているよ!  

  ……お父さんは泣いている、と言えば、あんなに店を取られるのではないかと心配していたカー
 ジョル、父の死後はあっさり店を畳んでしまったのですね。嗚呼気の毒な父。  

  ……それにしてもインドの人は他人の結婚式を乗っ取って自分のラブダンスを踊るのが伝統に
 でもなっているのでしょうか(笑)。多いよなぁ、他人ブライダル乗っ取りダンス。  

  ……ダンスと言えば、お父さんのシャバシャバダンスにはすげい心を奪われました!  
  すごいよお父さん。アンタまだまだ現役だよ。ナイナー息子と取り合う勢いだよ。  
  どうも若い頃は散々やんちゃしてそうな雰囲気だったし、もしかして兄貴はアンタがよその女
 に産ませた子では? とちょっと勘ぐってしまいました。  

  ……しかしDJばあや、いくら嫁いだとはいえ自分の娘やきっと娘に生まれたであろう孫も放っ
 て、はるばるイギリスまでついていく、てそれ献身にも程があります。カージョルは働いてない
 んだから、子供の世話もひとりで充分な筈なのだが……まあ、とは言え、大人弟の靴ひもシーン
 では泣き入りましたが、はい。  

  ……靴ひもと言えば、わたしはてっきり、アレ太ってて腹が邪魔して靴に手が届かないから結
 べないんだと思ってましたよ! ただ単に不器用なだけかよ!  

  ……大人プー役の人は、まあ確かに美人ではあるのですが、でもそこまで? とちょっぴり不
 思議でした。単に美人度で言えばナイナーが最も上だろう。  
  だがあの高慢ちきな態度がそのまんまにも関わらず、ローハンの前では可愛いのがなかなか。
 恋したからって急に人格変わったみたいにしおらしくなったらちょっとつまらなかったと思うし。  
 「ハンサム度、ハンサム度、ハンサム度」に激笑しました。  

  ……ナイナーと言えば、ナイナー役のラニ・ムケルジー嬢、なんとカージョルの従姉妹なんだ
 そうで。  
  なんちゅう美人一族ですか……父方か母方か知らんが、もし母同士が姉妹ならぜひお顔を拝み
 たい。インド小町姉妹だよ、きっと。  

  ……それにしても最大の謎なのは、「イギリスで兄貴は何故あんなに裕福なんだ?」というこ
 とでは。一体何の仕事をしているのか、全く明らかにされませんでした。フシギ。  

  ……テーマ曲『時に喜び時に悲しみ』は聴いた瞬間『DDLJ』 の「TUJHE DEKHA TO」、そし
 て上の結婚式乗っ取りダンスの時の「神様 彼はどうしようもないわ」部分のメロディは『
 ジュー出世する』のテーマ曲。  
  もう確信はしてましたが帰って確認してみたら、やはり作曲同じ人でした(笑)。黄金のワン
 パターン。でも大好きなんです、この人の旋律!  
  切な気曲つくらせたら最高。『ラジュー』でも、メインテーマ、ほんのちょっぴりの音の上げ
 下げを変えるだけで、あの明るいテーマ曲が「SAD」になるのにうわぁ、と感動したし。  
  違う曲にさりげなくメインの旋律を絡ませてくるのもいつものパターンで、それがまたすごく
 好き。切なさがうまいこと高まるのよね。    
  JATIN&LALITさんという二人組なんですが、本当に好きです。ラフマーンより好きですね。  
  ただいま連日サントラ超ヘビーローテーション中。ああ、ええ曲や〜。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る