『ジョヴァンニ』

  苛酷な戦の地にあってなお、彼は矢のように美しかった。だがそんなものが何ひとつ価値を
 持たない時代が彼の命を奪う……それは生身のひとの体に、重火器が向けられる時代の到来。
 
 
 
 
 
 

  えーっ、終わりですか?  


  と、ちょと思ってしまいました、すみません。  
  いや、ええと、うん、好きだと思う、良い映画だと思うんだけど……あともうひと口ふた口食
 べさせて欲しかったよう、そんな感じでした。  


  描かれた部分には、そう文句無いんですよ。大変満足しました。  
  ただ、うーん、やっぱり、足りない。  


  や、それは勿論、何もかも説明することが良いとは思わないのですよ。  
  足の怪我が元で命を落としたジョヴァンニ・ド・メディチ、その彼の最後の数日間だけを切り
 取った物語。かつて熱く愛し合ったマントヴァの貴婦人との回想はあるものの、それ以外「昔の
 なりゆき」については殆ど語られないストーリー展開。  


  ただね、ただですね、これって、そう、死で始まって、その死を招いた直接の原因が起きたと
 こまで日を遡って話を語り、そして最後にまた死に戻ってくるという形式ではないですか。  
  まさに「彼の死にまつわる物語」です。  
  そしてその死は勿論悲惨で、多くのものを含んでいます。  
  でもそしたらですね、その、死を招くまでの幾つもの引き金というものはもう少しきちんと描
 いた方が良かったんでないかしら、とちょっぴり思ってしまったのですね。  


  や、でも地元の方にはすごいさらさらと何の説明も無く伝わるもんなのかもしれない。松の廊
 下で若いのが刀持って年寄り追っかけてまわりが「殿中でござる!」言うてたらそれはもう日本
 人には一瞬にして背景も何もかもオールオッケーで、その後にその若いのがいきなり腹切ってる
 シーンにぶっ飛んでもノープロブレムなように。  
  でもよその人判らんですよね。  
 「何でこの若いのは年寄りに刀向けてんの?」と。  
  出来事だけを多少見せたって多分あんまり判りはしないだろうと思うのですよ。畳大変だった
 ろうなぁ、服違ったらそら大変だよ、でも「フナ」言われたからってんなキレんでも。  
  で、でもコイツがそんなにヤなヤツだったなら刀くらいそら抜いちゃうかも、えっ、でも何で
 それでこっちが腹切るの、松の廊下だからって何がどういけないの???  
  その辺が全く説明されないで出来事オンリーだと、その「若いのの悲劇」や「それによる部下
 達の無念」もどうも今いち、ぴんとこないままに終わってしまいそうですよね。  
  そういう感じに似てます。  


  イタリアが当時全然「イタリア」でないことくらいは知ってる、さすがに。  
  だけど何でまたこの人達ったらこんなにもジョヴァンニに対して冷酷な立場になんなきゃなら
 ないのか、がもうさっぱりと判りません。一応立場として教皇サイドにいないとまずいんでない
 のかキミ達は、と思うのだけど、こんなにも堂々とゲルマン軍の味方してしもて。破門されたら
 どうすんのよ。  
  この辺の土地の連中のジョヴァンニに対する裏切りにつぐ裏切りと、あと軍そのものの疲弊・
 窮乏によって彼は死に至ったようなもんなんだけど、でもキミ一応腐ってもメディチでしょ? 
 何でそんな貧乏なの?? とかそういうのも判んないし、教皇さんも、ココ突破されたら自分が
 すげいまずいの判ってんのに、給料くらい送ったったら? とかそういうのも判らない。要する
 に「なんでよってたかってこんな意地悪されて命落とさなあかんの?」とそこがさっぱり。
  最後の避難所を提供した人以外、どうも皆さんこぞってジョヴァンニを嫌ってるっつか、うっ
 とうしいもの、遠ざけておきたい存在扱いしているのだが、その理由が全く謎のまま。ので、ど
 うもその悲劇性が自分の中にぴんとこない。  


  あと、「マントヴァの貴婦人」もこの程度のからみなら別に出てこんでも良かったような……
 このエピソード全部抜きでもそれはそれで良かったような……なんか「添え物」レベルの感を抜
 けてなくて、そらまあこういう挿話のひとつもあった方がええんかもしれんけどさぁ……と、
 「女」の立場からするとちょっと複雑です。もう少し突っ込めなかったか。  
  何て言うのかねぇ、演出上都合良いだけの存在でしかない感じでね。悲劇性を高める為の。で、
 そういう意味の演出としては確かに大変良い、素晴らしい効果を上げてるんですよ。でも、彼女
 という女の、人間としての中身が無い感じ。  
  正直、何より御者さんがつくづくと気の毒で。その勝手さが鼻について、「いい女」に見えな
 いんだよ、これがちっとも。  
  この御者さん、本来の雇い主である筈の御主人裏切ってる訳だしさ。ここまでこの御者さんが
 やってくれるエピソードひとつ、それはきっと彼女から何か特別な恩を受けたとか、彼女が子供
 の時分からずっと仕えてて格別の憧憬の念があるとか、そうでないとできんと思うのだけど、そ
 ういうのをちょこっとでも、「済まないわね」「奥様には御恩がありますから」てな一言の台詞
 で含ませるだけでもいいから入れてくれるだけでも「彼女」という女性の、ひとりの人間として
 の姿が少しでも見えたのではないかと思ってしまうのでしたが。    


  まあそうは言っても、絵は大変に美しかった。ええ。  
  特にジョヴァンニ、クリスト・ジフコフが大変に素晴らしかった。  
  負傷しベッドにあって、自分を裏切った人々に向けるそのまなざしの清冽なこと!  


  2005.4.21



  ……しかし奥さんはすげい美人でした。彫刻みたいです!!  

  ……この主演によくぞこの役者を見つけてきた、と感動するのが、クリスト・ジフコフときた
 ら、あの中世カブトがもうめちゃくちゃに似合うのです! 下手すると何も装着してない時より
 かぶってる時のがカッコいい(笑)。まさに兜ハンサム。  

  ……「足切りシーン」がもうたまらなくたまらなく痛くて、でももうこっちは最後が判ってる
 訳だから、「もうそんな痛いことやめときって、どうせ自分あと2、3日したら死ぬねんからそん
 な痛い思いわざわざせんでええねんってば!!」と言いたかった(泣笑)。  
  や、でもほんと、命をなくさない為にあんだけ凄まじい痛みに耐えたのに結局すぐ死んじゃっ
 て、なんかすごい理不尽っつか、痛がり損だよねええ、と、ヘンなとこで憤然としてしまいまし
 た。かわいそうだー。  

  ……でも確かにこれが「重火器がひとに向けられた初めての戦」だったのかもしれないけど、
 ただの銃だってもう十二分に大変なことではあるよね、ひとに向けられたら。まあ、助かる可能
 性が全然違うけどさ。  
  そういうことを、武器をやりとりする側は全く考えはしないのだろうな。なんか食べながら大
 砲できるの見てたもんな、フェラーラのおっさん。  
  事程左様に想像力の枯渇というのは恐ろしいことであります。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る