『歌う色男・愛・ラブ・パラダイス!』(原題:Gharwali Baharwali)

  僕には「妻」が二人いる。「家の中の妻」は可愛くて、「家の外の妻」は情熱的。そもそもど
 うしてこうなったか、それはもう長い長い話で……「Mr.インディア」アニル・カプール主演!
 
 
 
 
 

  ……うーんんんんんんん。
  これは、どうも、悩みどころであります。
  インドの人は、この映画、心から楽しめるのか? いや、楽しんでるんだろうけど……しかし
 これ、かなりに後味が悪い話でないかい? 特に女にとっては。
  だってさー、主要登場人物、それも男がみーんな、あまりに身勝手で無責任なんだもん。
 

  まずは親父がひどい。まあ、インドの社会で「跡取りが産めない体なら離縁して再婚だっ」と
 言い張るのはよくあることだとは思うのだが、それを拒みまくる息子に自分の命をたてにとると
 いうやり方はかなり卑怯では?
  それで、まあ成り行きと状況のなせる業とはいえ、出張先で再婚して、父親を喜ばせるぞと息
 子が思ってる矢先に手の平返して「再婚してたら嫁と心中する」ってアンタ。もともと誰がそこ
 まで息子を追いつめた思っとんねーん。
 

  それからジャンボもひどいぞ。まあ、こういうトラブルメーカータイプのキャラはインド映画
 には必須であるとはいえ、これはあんまりだー。お前なぁ、自分が結婚したらええやろが。って、
 それは相手がイヤがるだろうが(笑)。
 

  そして最も身勝手・無責任・卑怯の三拍子揃っているのが主人公なんだから恐れ入る。
  何が驚いたって、マニーシャ電話してきて「三ヶ月」言うのにびびりましたよ。アンタ、やる
 ことやってきたんかい!
  ……だがしかし、まああの状況ではそれは逃れられなかったかもしれん、しかしこれからこい
 つどーする気や、と思っていたらアレですよ。産んだばかりの母親から子供を奪って、泣き崩れ
 る彼女の前で平気ででまかせの嘘をつき、黙って帰ってくれたのをいいことに何年も放りっぱな
 し。それはないんじゃないかー、Mr.インディアの名が泣くぞ。
 

  そして「二人妻」状況になってからもこいつはやることなすことひどい。とにかくずーっとひ
 どいんだけど、それが最高潮に極まるのがついに長年の嘘が発覚する修羅場シーン。
  ……叩くかー、おい、そこで? ふつー叩かれるのは君だろう。いや、これ、刺されたところ
 で文句は言えないよ。
  でもってこの最悪の状況で「子供が産めないのは実はお前の体のせいだ」と教えてしまうのも
 あんまり過ぎる。まあ教えたのは親父だけどさ、それは止めなきゃいかんでしょう、アルン。こ
 れじゃカジャール自殺しかねんよ。
 「じゃあ俺が出ていく」って放浪の旅にでも出るのかと思ったら行き先おばあちゃんちだし(笑)。
 アンタそれ出ていったうちに入らんって。情けなさ過ぎる〜。
 

  なのに、ああそれなのに、何故こんな男を君達許すかな。納得いかーん。
  特にマニーシャ、目の前であんな嘘つき続けられて、子供も奪われて、何にも知らないカジャー
 ルに「お手伝いはでしゃばらないで」みたいなことまで言われちゃって、どーしてキレないの?
 ただただひたすら耐えている。彼女がかように「日陰の女」でいなければならないのは、アルン
 の「まわり中にいい顔してたい」という甚だ勝手な理由、それだけの為なのに。
  そして勿論、カジャールだって耐えまくり。あの状況で叩かれて、挙句、自分以外はみんな彼
 女とアルンのことを知っていて、ときた日にゃ即日「離縁させていただきます、慰謝料は覚悟し
 て!」となるのが普通だろ。何故それで「OK」になっちゃうの???
 

  どうもこういう「意志のない、しかし愛する男の為ならどんなことにだって耐えちゃうぞ」と
 いう女が「いい女」という考え方がはしばしからにじんでいて腹が立つ。
  普通さ、二号の自分にせまってるところを本妻に見つかって、その場言い逃れるのに「君と間
 違えたんだ」なんて目の前で言われたら二号さん辛いに決まってる。なのに彼女、自殺の真似ま
 でして「自分は潔白だ」と言い張る男のあたふたした姿に、こっそり笑ったりしてるんだよ。信
 じられない。
 

  そんなこんなでどうにもすっきりしない、楽しめない映画でした。うーん、インド映画でこう
 いうのって珍しいな。『アンジャリ』以来かも(苦笑)。
  でも『アンジャリ』は、途中ホント飽きて、「早く終わってー、あと何分?」と思ったが、こっ
 ちはそんなに時間を感じなかった。それは多分、「歌と踊り」がみんななかなかにゴージャスで
 良かったからではないかと。
  それにやっぱり、「インドの井上順」アニル・カプールの突出した「お人好し顔」のパワーも
 大きいなぁ。やってることはまさにサイテーなのに、この顔でやられるとついごまかされちゃう
 んだよねぇ(笑)。特な人だ。
  勿論、ダンスもイケてます。特に本妻のラヴィーナ・タンダンと最初に踊る「泥棒ダンス」で
 の動きが実にいい。ラヴィーナ、モデル出身だけあってシャープな美人で、スタイルもナイス。
 ぼってり唇がたまりません。
  そしてランバー、踊ると胸も揺れるが足も腹も揺れてます(笑)。『アルナーチャラム』の時
 に比べたら、かなりほっそりしてますけどね。
 

  2000.8.23
 
 
 

  ……しかし理解不能なのが、「ジャンボとアルン親子の血縁関係」(笑)。最初は兄弟かと思っ
 たら違ってて、まあ仲の良い相手だったら他人でも「兄貴」って呼ぶか、と思ったのだが、親父
 を「叔父さん」呼んでるということは従弟みたいだし。だけど従兄の嫁さんを「義姉さん」とは
 呼ばんよな〜???

  ……それにしても親父はどうして毒薬なんか持ち歩いてるのか(笑)。自分がライバル会社の
 社長だったりしたら、絶対にお食事は共にしたくない人だわ〜。

  ……そうそう、あの医者もおっそろしくいい加減な奴でしたね〜。バラすかよ、そこで。
  こんなにも口が軽い男と判ってるのに、妊娠したマニーシャを預けちゃうアルンに目が点にな
 りました。しかも「ヤブ」なのに。
  だが謎の「夫婦相談」は良かった。特に、「最中にセクシー男優の名を呼ぶ妻に悩んでいる」
 夫に「今度はあなたが先にセクシー女優の名を叫べ」というアドバイスに大受け。それは効くだ
 ろうなぁぁ。

  ……ネパールでは、婚約不履行をするとホントにあんな目にあわされるの?(笑)
  しかし、さんざ不快な顔して「帰ろう」言うてた癖に、突然楽しそうに卵投げ出すMr.インディ
 アには仰天しました。先刻までの態度はナニ???

  ……ショックなことに、パンフレットがなかった。これってもともとないの? それとも売り
 切れ? って、そんなに売れそうにはない気がするのだが(笑)。何せわたしが見た回、10人
 いなかったよ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る