『命ある限り』(原題:Jab Tak Hai Jaan)

  僕の本当の人生は25歳のある雪の日から始まり、そしてあの日の別れで終わった。いつか命が
 尽きるその時、僕は言うんだ、今でも君を愛している、これが僕の神への復讐だと。
  一人の女性を真摯に想い続ける男の生き様を描いたインドロマンスの傑作!
 
 
 
 
 

  シャールクって恋愛ものの映画では、大抵「ひょうきんでお調子者でいたずらっこで、でも
 周り中皆に愛されるボク」て感じのキャラになるんですが、で、この映画でも勿論そこはばっ
 ちり踏まえてるんだけど、そういうお調子者キャラというのはえてして恋愛モードになっても
 そのノリが続いていてそんなにガツガツ系にはならなかったりするんですが、この映画では
 シャールク非常に肉食系です。  
  地下鉄のホームにて、あんなにもがっちりと真正面から目を見て「Love」と言い切った
 くだりでくらくらっときました。あんな真顔であれやられたら、それこそ『オーム・シャン
 ティ・オーム』でスターのオームを見る度に失神するサンディ のようになってしまいそうです。  


  でもってその後の強引なキス押し!  
  んもうこれは本当に衝撃でした。『1942』でマニーシャのキス シーンを見て以来の衝撃度
 かもしれない(笑)。  
  シャールクは「映画でキスシーンはしない」と言ってたんで、この先どれ程インドの性描写
 規制がゆるもうとも彼のキスシーンは見ないで済むと思ってたのに。
  なんか、普段テレビでも映画でもどれ程好きな役者や役柄の人のキスシーンを見ても別に
 どうってこたないのに、俳優さんのキスでこんなに心臓に衝撃を食らったのは初めてでした。
 日本のアイドル好きの男性が、「アイドル〇〇、ドラマにて初のキスシーン」とかで発狂して
 しまう心持ちが少しだけ判りました(笑)。恨むぜ、ヤシュ・チョプラ監督。    


  更にベッドシーンがあったのにも驚愕。  
  まあこれは何故だかキスの時のようなショックは感じなかったんですが、何せこういう場面が
 インド映画で出てきたということに驚いた。  
  今までこういうのをとことん歌やダンスでごまかしてきた(そして何故かごまかしている歌と
 ダンスの方が普通のキスやベッドシーンより余程やらしかったりした(笑))インド映画で、
 こんなにもまともに「ハイこの二人やってますよー」的シーンが見られるとは思わなかったので。  
  ほんと時代も変わったなぁ。


 「願いをかなえる為には何かを犠牲にして神様に捧げないといけない」て辺りで、「つまり
 これはインド版『ことの終わり』だね」と思い、その先 の展開を予想していて、思った通りの
 展開になったので「あー、切ないなぁ」と思っていたら、「二度と逢いません」と誓った直後に
 逢いに行ってるのにちょっと笑いました。それはカウントされないのか?>ミラ  


  しかし『ことの終わり』は非常に切なくも苦しい展開 になったので、この映画の先もそう
 なっていくのか、できればそうはなって欲しくないなぁ、と思いながら見ていたので、ラスト
 には本当に心からほっとしました。  
  正直ちょっと、意外な程最後までどっちとくっつくのか読めなかったので。  


  母親の駆け落ち相手に「愛には完了する時があるんだ」てなこと言われた時には「再会して
 愛成就か」と安堵しつつも、アキラが結構サマルに受け入れられていくんで、もしかしたら
 このパターンだと実はミラはあの別れの後に「報い」が来て死んじゃってて、それを知った
 アキラが彼の心を蘇らせていく、てのもありかも、と思って。  
  で、無事に再会した後もミラが意外と頑固なので、これは「私の愛はあの時に終わったの、
 彼のこれからの生はあなたのものよ」てな感じで身を引くのか、とも考えたし。  


  でもきっと皆そうだと思うのだけど、やっぱり見てる側としては「いやこれはどうあっても
 ミラと添い遂げてほしい、もしミラが拒んで去ってもサマルには生涯この愛を貫いて欲しい!」
 と感じずにはいられないよね。他の女に心を傾けてるサマルなんて見たくなーい!  
  アキラ役のアヌシュカ・シャルマは大変さばさばと気持ちの良い役柄だったのですが、やはり
 若き日のミラとサマルの恋物語が素敵過ぎた。これは成就しなくっちゃダメだよ。  


  舞い戻ったロンドンで、軍隊での姿とは別人のようにいきいきと当時の自分とミラとを語る
 サマルの姿を見つめるアキラちゃんの姿が切なかった。あれはもう諦めざるを得ないよねぇ。
 だって間違いなくこのサマルの方が「生きてる」もの。
  「生まれ変わったら君の元へいくよ」「キメキメで来てよね」て別れ際の会話、とても良かった。  


  しかしそのアヌシュカ・シャルマとミラ役カトリーナ・カイフの実年齢が4つしか違わないと
 いうことに芯から衝撃を受けました(笑)。カトリーナ、キミ貫禄あり過ぎです。アヌシュカ
 よりシャールクの方が年近く見えるってオイ。  
  でもって当然のことながら二人から更に更に年齢の離れているシャールクが、何ということも
 ない顔をして、ちょっと厚塗りしたくらいで一切の特殊メイクなしに「あれは僕が25歳の時」
 とか言ってるのが(笑笑)。まあ確かに童顔なので、30くらいなら通りそうではあるのですが。  


  で、別れてから10年経ってますよ設定で変わってるのがヒゲ伸ばしてちょっと髪を後ろに
 なでつけてるぐらい、ていう(笑)。しかもせっかくのそのヒゲも途中で剃っちゃうんで、
 10年の時の経過が全く感じられません。だがこの髭シャールク、すごいカッコ良かったので
 剃らないで欲しかったんだけどなぁ。  
  ミラは一応、10年後は髪型やメイクで大分大人っぽくしてるんですが、それでも20代〜30代
 にかけて10年間逢わなかったら、特に女性は相当顔変わると思うんですが……普通は再会時に
 「あれ、ミラ事故った時と全然顔違くね?」てなるよなぁ。
  まあそこがインド映画のいいところ(そうなのか?)。  


  脇ではミラの母親の駆け落ち相手のイムランがとっても良かった。冷静になって考えてみたら
 大変ろくでもないことをしでかしている二人なのですが、何故か好きになってしまうのは、彼の
 懐の深さだと思います。なんか、許せてしまうんだな。  
  だが9年ぶりに再会した娘を連れてきた見知らぬ男についてはもう少しつっこめ、二人とも。
 特にイムラン、キミ何一緒になってノリノリで遊んでんねん(笑)。  
  そしてインドの風吹ジュン(命名:わたし)、母親役のニートゥ・シン、非常に綺麗でした。
 インド映画の母親役でどすこいじゃないって珍しい。  


  歌と踊りも大変素晴らしく、風景も抜群に綺麗で、爆弾処理というきなくさい状況はありつつ
 も暴力シーンなどは皆無でロマンス一直線、という、インド映画初心者にも勧めやすい一作だと
 思います。デート映画にぜひ!



 2013.5.8  



  ……冒頭にサマルがひとりキャンプしてる湖の風景がもうすんばらしく美しかった。あれは
 一体どこなんだろ?  
  そしてアキラちゃんは、まずあの岩までどうやってたどり着いたというのか(笑)。  

  ……ロンドンでの相棒のザインが実にいい味を出してました。パキスタン人、て設定なんですね。
 そこもいいです。マリアちゃんをばっちり射止めたのだなぁ。お茶の入れ方は多少はマシになった
 のか。  

  ……レストランオーナーのフランクがアキラちゃんに「彼には人に愛される才能がある」て話す
 ところではうんうん、とうなずいてしまいました。本当にこの若き日のサマルは魅力的です!  

  ……と言いつつも髭にサングラスに超絶無愛想ストイックなシャールク、激しくカッコいい!  
  これは男にもモテる男ですよ。こういう人がちらっとでも笑ってくれると、それだけで恋に
 落ちちゃうよね。  

  ……しかしよく考えてみたら、「白人のイケメンと結婚させて」て願いは神様ちゃんとかなえて
 くれようとしてる気がするんですが>ミラ  
  ロジャー、あれは間違いなくイケメンだよねぇ。ミラさん贅沢だぞ。  

  ……パーティでのダンスシーンが本当に本当にスゴかった。カトリーナダンスうめぇ!  
  曲としてはやっぱり「Challa」です。メロディも歌詞もいいし、歌のシーンで全身でいき
 いきとした喜びを見せるシャールクがたまらなく良い。この笑顔、たまんないなぁ。昔よりは
 多少はエアギターが上手くなったような気もするシャールク、だがやはり左手は全く動かないぞ!
  そしてミラさんも負けじとエアギター、「Heer」。 この哀愁に満ちたメロディアスな一曲に
 歌い上げられた恋心の美しさ! 

  ……だがしかしその土地の法律ではそれでいいのかもしれないが、お願いだからバイクに乗る
 時にはメットをして!>シャールク  
  本当に、見る度に寿命が縮みました。いくら直線道路とはいえ、万一ってことがあるんだから
 さぁ。例え重傷にはならなかったとしても、顔に傷ついたらどうすんのよ。  
  インド映画ってどれ程のスターでも、そしてヒロインであってもあんまり俳優の体に気遣いを
 しないように見えるんだけど、どうか頼むからバイクに乗せる時はヘルメット着用を徹底して
 ください。ほんと、お願いしますよ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る