『インランド・エンパイア』

  明日起こる筈のわたしに、今日出逢ってしまったら。未払いのまま加算されていく請求書は、
 いつか想像を超えた方法で支払いを求められる。リンチ節炸裂のぶっちぎり180分!
 
 
 
 
 
 

  『マルホランド・ドライブ』を見終わった後、自分でもどうしていいか判らない程、手のつけ
 ようもなく哀しかった。  
  見終わった直後はその構造が良く理解できていた訳ではなかったのだけど、とにかくとてつも
 なく哀しく切ない物語だ、それが判った。  


  さて今回。  
  見終わった後、なんだか顔が笑ってしまった。  
  映画館を出て、歩いているとちょっぴり膝がかくかくするような感じで、手も少し震えていて、
 胸の辺りがやたらとじんと熱くてわくわくして、何か言い様のない高揚感が。  
  何だろう、この感覚は。  


  その瞬間には、「すげい怖いお化け屋敷を出た後ってこんなんかも」と思う。  
  度を越して怖いのが延々続くと、なんかネジが飛んだ状態になって無意味に笑ってしまう、そ
 ういうのではないかと。  
  と言って、お化け屋敷そのものは記憶がない程の子供時代に一度行ったきりで、親の話では入
 る前も入った後も全く怖がってなかったそうなのだが。  


  見ている間はとにかく異常な程に怖くて、そしてやたらめったら面白かった。  
  ものすごく怖いのに、ものすごく面白い。  
  筋なんて意味なんて全然判らないのに、とにかく面白い。  
 「面白い」というだけの感覚なら、自分の中で今までのリンチ作品で一番かもしれない(「好き」
 かどうか、「うまいと思う」かどうかではまた順序が異なるが)。    


  その強烈な感覚に、「一体何がこんなにも自分にとって面白かったのか」というところをもの
 すごく考えてしまった。  

  まずは単純に、「自分がミステリ好きだから」というのが大変大きいと思う。  
 「謎がある物語」というのにとにかく惹きつけられるようにできてるんですね、精神的に。  
  そしてできればその謎を解きたいと思う、自力で。  
  そう思うから、とにかく色んなものに注意して見ている。台詞などは勿論のこと、役者の服装、
 メイク、部屋に置かれた細かな調度品、その位置、色合いやら何やら。    


  また、その「謎好き」でも、系統として「○○特急殺人事件・鉄壁のアリバイ」みたいのんよ
 りも、「孤島の密室」みたいな方がより好きである、という自分の性癖があって、より不可解気
 なもの、よりいかがわしげな雰囲気の漂うもの、の方に気持ちがつられるようになっているので
 すね。  
  つまり、この作品はまず、自分にとって「すこぶる上質な謎を提供してくれるもの」のように
 感じられ、それがたまらなく面白みをそそった。  


  と言いつつ見ていて途中から、「こりゃ無理だ」と「謎解き」をすっかり放棄してしまいまし
 たが(笑)。  
  にも関わらず、やっぱりその後も、たまらなく面白かった。  
  エピソードが切り替わるタイミングが自分にとって合ってたんですね。  
  あまりだらだらやられてるとダレてしまうし、逆にあまりにも短すぎるものばかりだと白けて
 しまう。その間のちょうどいい長さのエピソードが、それぞれの長さとして自分にとってちょう
 どいい組み合わせになっていたと思うのです。こう、盛り上がった感覚のところでうまいこと
 ぱっぱっと切り替わってくれる。サービス力高いなと感じました。  


 「ミステリ好き」の性癖として、「解けない謎」てかなり微妙なラインにいるのですね。  
  これはものすごく難しいところなのです。  
  一歩間違えると、それはその作品すべてを駄目にしてしまう。  
 「その謎が解けないこと」が、作品の「本当のキモ」になっているか、ということではないかと
 何となく思っているのですが。  
  ミステリで言うと、麻耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』とか、竹本健治『匣の中の失楽』辺りです。  
  これに引き換え、「作品の芯を構築していないただ気取ってるだけの無意味な『解けない』謎」
 を配置したミステリは大抵がそれはもうつまらないものとなります。具体的な作品名・作者名は
 避けますが(笑)。  


 「解けない謎」そのものの無茶苦茶さ、荒唐無稽さではさして変わりはなく、それでも自分の中
 でこれだけの差がつく、というのは文章力とかそういうことではなくて、「その中に込められた
 得体のしれないパワー」が感じられるか、ということではないかと。  
  ここにあるこのものすごい得体のしれない謎、これを解体するのもそのままに自分の中に取り
 込むのも、大変に困難なことで、でもそれをすると確実に自分が変わるのではないか、そんな幻
 想を抱けるのです。  
 『匣の中の失楽』の感想で書いたように、この作品は「各章の間に存在する『不連続線』を乗り
 越えること」に全力を集中して読まないといけないのですね。  
  その結果、「犯人は誰である」なんてことがどうでも良くなる(笑)。これはミステリとして
 本当にすごいことです。  
  この感覚、非常にこの映画を見た時のそれと似ています。  


  また、『夏と冬の奏鳴曲』の「解けない謎」は、もしかしたら今後シリーズが進む中で解かれ
 ていくのかもしれなくて、ものすごく合理的な解答が出てくるのかもしれないのですが、そうし
 たらもしかして、自分はがっかりしてしまうのではないか、という気がします。  
  わたしにとってはこの「壊れたかたち」がそのまんま「完成形」で、いわば欠けたり歪んだり
 した器にあえて美を見い出すように、この異常なかたちそのままで美しく凍っていてほしいので
 す。溶けてどろどろに流れてしまってほしくない。  


  こういう辺りで、先日『プレステージ』という映画を見たのですが、これなんか確かにある意
 味において大変「合理的な説明」がきちんとされて終わってるのですが、それにもう唖然として、
 ものすごくがっかりした。そんなにぐっとこなかったものでも、映画見て「金損した」とは滅多
 に思わないのですが、これは思いました。  
  それまでにあった謎の輝きがすっかり色褪せて、何ともつまらないものに落ちてしまった。  


 『インランド・エンパイア』での「解けない謎」、これを解こうとしている方は勿論大勢いて、
 パンフの今野雄二氏の解説にもあったように、「これはロスト・ガールがTVを通して見ている夢
 で、ニッキーはその分身」というのが有力な候補としてあるのですが、それで多少となり「筋」
 は通るのかもしれませんが、わたしにはその解釈はとりあえずちっとも「面白く」はないのです
 ね。  
  なんというか、「あんなに面白かったものがそんなことに矮小化されてしまうなんてヤだ」と
 思ってしまったのですね。  
  そんな「謎の実体」ではつまらない。もっともっと面白いものであってほしい。  


 『マルホランド・ドライブ』は見た後に、その構造を精緻に解説して下さっているサイトを見て、
 その「謎解き」に「成程」と思ったし、それで自分の中での「面白さ」はちっとも落ちなかった
 し、見終わった後のあのたまらない哀しみの正体も納得がいった。  
  でも『インランド・エンパイア』のその「謎解き」では、わたしのあのたまらない爽快感や高
 揚感は得られないように思うのですね。  
  あの感覚が本当に正しいなら、「謎」はそんなもんではないだろうと。  


  まず何と言っても、その解釈だと「ニッキーはロスト・ガールが生み出した虚像」ということ
 になってしまうじゃないですか。  
  それがもうたまらなく自分にはつまらないのですね。  
  これだけの存在が「ただの虚像」というのにすごくがっくりきてしまう。  
  それでこの高揚感はきっと得られないと思うので、それは自分の中では却下です(笑)。  



  先日、2回目を鑑賞して「こんなことなんではないか」と思ったこととして、これはニッキー
 がロスト・ガールが閉じ込められている呪い・その邪悪な力の根源を破壊・解放する物語なんで
 はないかと思いました。  
  まず元の「ポーランドの民話」に呪いがあり、その呪いが『47』のキャストを殺害し、ロスト・
 ガールもそれで命を落としたのではないかと。  
  彼女は死してなおいまだにその呪いの中に閉じ込められていて、それをニッキーが映画を完成
 させ、呪いの根源・象徴としての「邪悪」を打ち砕くことで解放したんではないかしら、と。  


  ちなみにパンフレットでも公式サイトでもこう記載されていて、わたしは初回の後に見て「あ
 れ、自分の理解が間違っていたか」と思ったのですが、2回目見て「いや違う、これは絶対に自
 分の理解の方が正しい」と思い直したのですが、あのピンクの壁の家に住む「スーザン」の旦那
 (ピーター・J・ルーカス)を、「ファントムという仇名を持つ」としていますが、この人は
 「ファントム」じゃないですよね。  
 「ファントム」は、キャスト表にもある通りクシシュトフ・マイフシャクですよ。  
  で、この人が口八丁で旦那(ピンクの家の方のピーター・J・ルーカス)をサーカスに引っ張
 り込んだ人、すなわちこの旦那が、お爺ちゃん達がやってる降霊会みたいので呼び出された泣き
 女(=ロスト・ガール)の時に話していた「自分の雇い主」である訳です。  
  ちょっと話すだけで人を異様に惹きつけてしまうカリスマ性も、一斉に捕まった時にひとりだ
 けさっと逃げ出す要領の良さも、子供でありながら子供3人を殺した邪悪さもこの旦那にはま
 るっきり無い。この人が「ファントム」の訳が無いです。  


  この映画の中で、「ピーター」の位置は決して「悪」ではない。  
 『暗い明日の空の上で』における配置として、『47』のファントムと同様の位置となる為、この
 人がこっちでの「悪」っぽいけど、最終的にこの人は「悪」ではない。  
  と言うか、ニッキーワールドでもしこの人が「悪の象徴」となるのなら、それはニッキーワー
 ルドで呪いが再現されてしまったということで、そうなると映画は未完成となってしまい、この
 ラストにはならない。  
  呪いがそのまんま進行したらそうなっていたのでしょうが、ニッキーがその呪いを打ち破って
 いるので、彼は「新たなる悪の象徴」にはならずに済んでいる。  
  彼が「悪」でないことは、降霊会のシーンで、彼が「ファントム」=雇い主を、殺すよう命じ
 られたことからも明らかです(しかし既に呪いの内側にいるピンクの家の彼にはその力は無いの
 で、彼を経由してニッキーに拳銃を渡そうとしたのだと思う)。  


  それに引き換え、「ファントム」は確実な悪です。  
  とにかくこの話の中で、「すべての悪の象徴」はこの「ファントム」なんですね。  
 「スーザン」からしたらサーカスなんかに引っ張り込んで自分から旦那を奪った張本人な訳で、
 また、「ビリーの奥さん役」の人を「催眠術」にかけたのもこいつ、『47』で妻の不倫相手を
 殺ったのも多分こいつ。  
  ロスト・ガール自身を手にかけたのもこいつなのではないかと。それはそもそもの「民話」に
 あった呪いがとりついたせいかもしれませんが。  


  この映画内における「すべての悪」が、「すべての呪い」が、「ヒトとしてのかたちに凝り固
 まった状態」がこの「ファントム」なのだろうと思うのですね。  
  だから本来というか、「本当の現実」では別の人だったかもしれない存在も、この「帝国」の
 中ではすべてこの人の姿を取っているのではないかと思うのです。  
  そして「映画のリメイク」=「呪いが破壊される可能性」を感じて、再び表の世界に降臨しよ
 うとする。ロスト・ガールを逃がさない為に。新しい呪いを完成させる為に。  


  2回目を見ていて何というか、この「呪い」はこれだけのものに留まらない存在、例えば『
 』の「開かずの扉」のように、その歪んだパワーが映画のリメイクをきっかけに、世界に溢れ
 だそうとしている、長い時間をかけて様々な人々の想いを呑み込んで熟成した呪いのパワー、そ
 れは最早前回のようにただ映画のキャストを殺すだけに留まらず、もっと大きな獲物を狙って肥
 え太ろうとしている、それを様々な人々が全力をかけて阻止しようとしている、そういう感じが
 しました。  
 「訪問者1」に始まり、売春婦達、降霊会の年寄り達、「訪問者2」、「ミスターK」(電話の
 相手はおそらく降霊会の老人達ではないかと思うのですが)、「カロリーナ」、皆すべてニッキー
 に助言やヒントや力を与え、「ファントム」を阻止しようとしている。    


  あの「妊娠打ち明けシーン」と、その後の「父親にはなれない」とタコ殴りするシーンですが、
 まず最初の「打ち明けシーン」にて直感的に思ったのが、「この人タネ無しなのではないか、そ
 してそのことを彼女には内緒にしているのではないか」と。  
  いい年をした夫婦な訳で、その上でああして普通に旦那に向かって「妊娠してる」と言えると
 いうのはきっちりやることやってる&避妊もしていない訳で、十代の未婚の学生同士じゃないん
 だから、そういう状況で「妊娠した」言われてあの反応ってどう考えてもおかしいです。  
  子供欲しくなかったんなら避妊すりゃいいだけの話で、してなかったならできてしまって、も
 しそれを「できちゃったのかよ面倒くさいな、イヤだな子供なんて要らないよ」と思ったとして
 も、「妊娠したという事実そのものがショック」とはならないと思うのですね。  
  ピンクの家の「スーザン」が語る「旦那の隠し事」は、その、「自分がタネ無しである」とい
 うことなのではないかと思うのですね。  
  あのタコ殴りシーンの態度で、その思い更に深まる。多分「息子を亡くしてから」というの
 は、このタコ殴りで流れちゃったんではないかと思うのですが。  


  じゃ父親は誰さ、ということになるのですが、それが「隣人」クリンプなのではないかと。  
  それも、あの態度を見るに、いわゆる合意の上で不倫してた、というんでなく、無理矢理やら
 れちゃったんではないかという想像が。まあこの辺は微妙で、合意の不倫かもしれませんが、ど
 ちらにせよ彼女はそのことを旦那には内緒にしてるんだろうと。  
  合意であれレイプであれ、とにかくその存在は「スーザン」=「ロスト・ガール」からしたら
 悪であって、だから実際の「隣人」の姿ではなく、「ファントム」の顔を与えられているのだろ
 うなと思います。    


  ちなみにラストの方で出てくる「息子」は、「スミシーの息子」です。  
  ニッキーの役名は「スーザン・ブルー」なので、「スミシー」ではない。  
  でもあの家は「スミシーの家」です。  
  ので、「スミシーとは旦那の名か」と一瞬思ったのですが、それは何となく違うような。  
  旦那の家であるということはすなわちスーザンの家である、ということで、スタジオであの状
 況であれば、おそらくニッキーに対して「君の家だよ」と言ったり、あるいは「スーザンの家だ
 よ」と言うのではないかと。  
  更に、スーザン、すなわち主役の家ということとなれば、あんな外っ面だけでなく、ドア開け
 た居間の部分も込みでセットをつくるのではないかと思うのですね(まあ撮影の進行によって、
 ガワだけのセット、内部だけのセット、両方あるセット、とあるとは思うのですが)。  
  とすると「スミシー」とは誰か。    


  わたし、これが本当の「隣人」なのかなと少し思ってます。  
  すなわちクリンプですね。  
  クリンプ、が名字なのか名前なのかちょっと判んないのですが、スミシーがそれと組み合わさ
 る名前なのじゃないかしらと。  
  あの家は本当は「スーザン」の家ではなくて、クリンプの家で、けれどもあの息子を最後にあ
 あして「家族」にする為に「自分の家」としてねじまげられてしまってるのではないかと。  
 「訪問者2」の「請求書」や、「この家に住んでいる男を知っているか」と聞き、スーザンの
 態度を見て「では隣の男を知っているか」と聞き直すのを見て何となくそんな気がしました。  
  未払いの請求書、とは、この家をこうして使用すること、更には呪い解除後のロスト・ガール
 が使用する「将来の未払い分」の支払い要求であり、支払う方法とはニッキーが「ファントム」
 を打ち倒し呪いの解放を成就させること、なのではないのかしらと。  
  そういや「90歳の姪」(「訪問者1」のことか?)がやたらスミシー役が誰になるのか気にし
 てた、てメイクさんらしき人が言ってましたね。  
 「これはアラン・スミシーということではないか」という説もあるようですが、綴りも違うし、
 全く掛け言葉ではないということもないと思いますが、掛けていたとしてもそれだけのことでは
 ないように思います。    



  何故ニッキーに呪いが打ち破れたのか?  
  これは、おそらく「本当はデヴォンと不倫しなかった」からではないかと。  
  あの「やっちゃってるシーン」は、撮影と夢が混じりあったシーンで、現実ではないのではと
 思うのですね。  
  それは「あったかもしれない明日を今日見ている姿」であり、「今日そのもの」ではない。  
  けれどもそれは「夢」として、すなわち「願望」として心にある。  
  そこを「邪悪」に付け込まれる。  


  最後に彼女が撃ち抜いた「ファントム」は、撃っても撃っても倒れず、そして最後に彼女自身
 の顔になった、あれはすなわち「彼女自身の邪念」、彼女自身の邪な欲望であり、それを撃ち抜
 いて滅ぼしたことで、ロスト・ガールの「成仏」への道が開かれたのではないかと。  
  もし本当に不倫しちゃってたら、それはファントムの「勝ち」で、新しい、更に強固な呪いが
 完成してしまい、ニッキーもロスト・ガール同様、その中に閉じ込められてしまっただろうと。  


  呪いから解放されたロスト・ガールが向かった世界では、夫は戻り、子供は「二人の子供」と
 して幸福な家庭を構築している。  
  ある意味まことに「都合の良い幸福」ではあるのですが。  


  呪いの解放を成し遂げたニッキー、けれどもそれは実のところ、「訪問者1」が指差した先に
 見せた一瞬の間の幻想の中での壮大な戦いであり、それがすべて完了した今、彼女が次に出演す
 る映画は最初に彼女が言っていたように「むごたらしい殺人など起きない」ものとなり、ずばり
 結婚生活をテーマとした、たった今の『暗い明日の空の上で』のストーリーではなく、「そうと
 も言える」程度の内容のものに戻っている。  


  このわずかな瞬間に、彼女は扉をくぐって分身をつくり出した少年のように、分裂し、「悪魔」
 すなわち邪まな方向へ走ってしまう自分と呪いを解放しようとする自分とに分かれ、そして市場
 を抜ける少女のように、裏道を通って呪いの解放を成就させ、そしてここへ戻ってきて、ああし
 て清楚な姿でしずかに長椅子に腰掛けている。  
  その成功を、彼女が裏道を通って辿り着いた宮殿にて、映画の街・ハリウッドの中で夢に破れ
 呪いの中で苦しんでいた亡霊達が祝福している。  
  そういうラストに、自分には見えました。



 2007.8.27  



  ……にしても、ああそれにしても、服を着ていてもローラ・ハリング本当になんだこのおそる
 べき胸のでかさは。 埋もれてみたい。  

  ……ちなみにもうひとつパンフのストーリー解説で明らかに間違っているのは、ポーランドに
 て「娘は絶対に渡さない」と叫んでいるのをロスト・ガールの役の人として、叫ばれている旦那
 をピーターとしているところ。  
  2回目にしっかり確認してまいりましたが、女性は確かに誰だか判らないので、100%ロスト・
 ガールの役の人ではないと言い切れないのですが、旦那は完全に違います。この人はポーランド
 の路上に立っていて、通りすがりの人に「いま何時」と聞いた人で、その後に階段のような場所
 で死んでいた人=『47』において不倫相手である男の人、ですね。  
  ということは、この「娘は渡さない」と言ってる人は、この人の奥さん、すなわち『暗い明日
 の空の上で』の側にてドリスの立場である人だろうと推測され、そう思うとこの後ろ姿ってドリ
 スに似ている気も、と思う訳です。  
  ちなみにこのドリス役の人、豪邸シーンでは髪がストレートでドレスアップしてるんですが、
 ドライバーまわりシーンでは白Tシャツに短パンで、髪もウェーブかかってます。  
  このウェーブかかってる状態が大変この後ろ姿に似てるようにも思うのですが、ただ体型が違
 うようにも思うし。うーむ。  

  ……そこで思うのが、ポーランドの路上で死んでいる最初の死体、あれがかなり気になるので
 すが(階段で死んでる方は「いま何時」の人)。  
  他にあの死体の人をどうしても見つけられませんでした。  
  一瞬デヴォンっぽい顔かと思ったのですが、スカートはいてるしデヴォンよりあれはかなり顔
 が肥えている。女性ですよね?  
  上の「娘は絶対に渡さない」て叫んでる人って、正直後ろ姿がかなり太めに見えて、ドリスの
  あのほっそりぶりとは全然違ってて、もしかしてこの人がこの死体か、とも思っているのです
 が……。  
  どの辺りで出てきたかがうっかり記憶から漏れてしまってるので、キャスト表からもどれだか
 判らなくって……。  

  ……他にもぜーんぜん訳の判んないものが山のようにあって、ドリスが何で自分の腹にドライ
 バー刺してんの、とか、「AXXONN」って何だ、とか、でもそういうのが残ってる方が何という
 か楽しい。  
  万一リンチが全部「これはね」てすっかりキレイに説明なんぞしてくれちゃったら、きっと途
 端につまらなくなってしまうのだろうと思います。  

  ……見ていて、中学の時に、深夜放送していた『2001年宇宙の旅』を夜中に家でひとりで見
 て、すげ怖かった時のことを思い出しました(笑)。  
  いやでもホント、子供心にあれはホラーだと思いましたよ。  
  まず「イイイイイイ……」の「モノリスくんのテーマ」(←勝手に名付けてみました)がもう
  暴れまわりそうに怖くて、それ以上続けてみろッ、それ以上1分でも続けたら音量を切ってや
 るッ(←弱っ(笑))、とリモコン片手に思ったものです。  
  HALのアレももう本当に怖いし、「デイジー」も怖いし、そこで突然にモニタ画面がつくのも
 怖いし、勿論その後の船長の顔に光が当たってみよーん、となっていくのも怖い。ここ、『イン
 ランド・エンパイア』の「アレ」見ていてすごい思い出しました。  
  またその後に「船長が辿り着いた世界」ももう何とも言えず怖くて、あの感じも凄い似てまし
 たね。  
  これに限らず、キューブリックって「そこだけ見たらどうということもない情景」がすごい怖
 いことがあるんですが、『インランド・エンパイア』見てて、怖いシーンはそらもうやたらめっ
 たらあるんですが、自分の中で最も「ぞくっと寒気がきたシーン」て、実は最初にニッキーが
 「役取れた!」てはしゃいでた時に、「やったネ!」てやってる執事のシーン、あそこがもうぞ
 くぞくする程怖く、その「何ということもない情景の中の異状さ」がすごくキューブリックチッ
 クでした。わたし、『シャイニング』の「盛況じゃね!」を思い出しましたよ、あの執事見た時。  
  ちなみに映画の後に『2001年』小説読んで、あれだけぶっとんでいて意味不明だったラスト
 シークエンスの内容がものすごくまともにすべてきちんと説明がついていたのにびっくらこきま
 した(笑)。これ、映画前に読まなくて本当に良かったと思いました。小説は小説でとっても好
 きなんですけどね。  

  ……しかし2回見て、1回目は週末に、2回目は平日に行ったのですが、どちらもかなりの人
 の入りですごいびっくり。  
  なんでこの映画にこんなに人が来るのだ???(笑)  

  世の中の人は、全く映画を見ない人と、年に数本しか見ない、つまり「映画に行くというのが
 非日常、イベント的行為である人」と、年に50本見る人100本見る人、つまり「映画を見る、と
 いうことが日常の中に組み込まれている人」とに分かれていると思うのですね。  
  で、「日常的に映画を見る人」は、その中で年に何本か、「込んでいる映画」に遭遇すると思
 うのですよね。  
  で、それって「普段見てる人」に加えて、「普段見ていない人」が来るから込む訳じゃないで
 すか。  
  つまり「皆が見に来るヒット映画」な訳です。  
  だが何でこの映画がそんな映画になるのだ?(更笑)  

  まあその辺は宣伝効果なのかとも思いますが、なんか妙に、大分年齢層高い人と、かなり若い
 人とが多くて不思議でした。  
  でもやはりたくさん寝ていたり、かなり退屈そうにもぞもぞしてたり、こっそり携帯の時計見
 たり。  
  そらそうでしょ……普通に映画に慣れてない人が3時間見るだけでも辛いのに、それで内容が
 コレじゃ、そら耐えられんでしょ……。  
  でも普通に好きで見に来てる人間からしたらそれ凄まじく迷惑なので、無理して来んといて下
 さいねアナタ方。来てもさっさと出ていって下さいね。←と、目が笑ってない笑顔で断言  
  静かに寝てくれるんならまあいいけど、イビキかかれちゃねえ……(ちなみに初回の隣。開始
 から1時間弱程度で寝始め、蹴って「イビキかくなら出ていけ」と言おうと思った瞬間、画面が
 大変騒々しくなって目覚めて下さり、その後はかなりいい間隔で騒々しいのが続いたのでどうも
 寝られなくて大分辛かったようだ(笑)。ざまあみさらせ。というか自分に合わんのだからさっ
 さと出てけ)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る