特別レポート「この命、インドに捧げて」・2

 
  インド映画祭りレポート・2日目です。
 

  たっぷり10時間30分、映画館にこもり続けたその翌日、またもでかけるこの根性。
  でも行かずにはおられまい。何しろ「僕のマニーシャ」が劇場で俺を待っている!(いねー
 よ)
 

  10/18
  12:30〜『1942・愛の物語』(原題:1942: A Love Story)

  冒頭、落雷の中で照らし出される岩の彫刻の美しさにもうただただ感激。あああ〜、何だって
 こんなに光と陰の使い方が上手いんだ、インド映画。絶世期の「必殺」を見てるみたいだなぁ〜。
 

  もう、この映画で言うべきことはたったひとつ! マニーシャ・コイララ、この比類なき美し
 さ!!!
  これはまさに「インドの妖精」(今わたしが勝手にそう決めた)。キュートでチャーミングで
 コ ケティッシュでビューティフルで……あああ、彼女の美を表現するにはどんな言葉を使っても
 足 りない。「彼女はまるで……」と言いかけてつまってしまうMr.インディアの気持ちがよく判る。
 その後のありとあらゆる言葉を尽くして彼女の美を称える歌にもいちいちうなずいてしまうわた
 くし。ああ、結婚したい(おいおい(笑))。
 

  だからこそ衝撃は、あの、あの! キスシーン!! ちょっと待てMr.インディア、わしのマ
 ニーシャに何さらしとんねん(誰がアンタのや(笑))。
  これは、でも、本国ではOKなんですか?? 実はMr.インディアは女性で、だからあのキス
 シーンにも問題はなし……って訳はねーよな、あの胸毛だもんな(爆)。
 

  しかしどーして「Mr.インディア」アニル・カプールは、こんなにも「純粋培養のんきなにー
 ちゃん」の役が似合うのか。にしても井上順に似てるなぁ。
  何が甘いってさ、「インド万歳!」って言わせたくらいでOKと思えるその無邪気さにがっく
 り。計画が実行されるまで縛り上げておくくらいのことはしろよ。こんな頭が天気な坊ちゃん相
 手だと将来苦労するぞ、人生の酸いも甘いもかみわけた革命闘士シュバンカルにしておけよマニー
 シャ、と思ったが、彼もひと皮むけば歌謡曲「あなた」の男女逆転バージョンの夢に生きる男。
  親父も大概だしなぁ。「お前の側につく」と言った舌の根も乾かぬ内に「実は息子が……」っ
 て、おい。ダグラスよりも自分はこいつにむかついた。。マニーシャパパも、自分の夢をガンガ
 ン子供に押し付けるという意味ではろくでもあるもんではなく、つくづく「男って……」的気分
 にさせていただいた。マニーシャといい、Mr.インディアママといい、司令官娘といい、ゴビンド
 妻といい、女性陣がみんな芯がしっかりしてるのを見るにその思いますます深し。
  特に、ラブラブ二人に涙しながら、父には「台詞が覚えられなくて……」と言う司令官娘の心
 根のやさしさにじんとする。    
 

  最後は怒涛の展開で思わずナミダ。まず最初に拷問されてすべてを白状してしまう彼(名前ど
 忘れ)に泣いてしまった。だって「許してくれ」なんて言うんだもん。「そういうのって罪じゃ
 ないんだ、許すとか許さないとかじゃないんだよ、君が背負う科じゃないんだよ〜」と言ってあ
 げたくなってしまった。
 

  そして広場の群衆が、機銃一斉掃射にあって逃げ出すところ。一斉に逃げる人と、必死に止め
 る人がいて、そのどっちもがものすごく胸に応えてしまった。こういう時って逃げる人が卑怯で
 止める人が偉い、みたいな描き方をついしがちなんだけど、そういう風に全然見えないところに
 じんときた。どちらも同じ、もうどうしようもないぎりぎりのところでどちらかに動いてる、そ
 れが確かに見える描写にただ涙。
 

  しかしこの後、この村はイギリス軍の報復でえらい目にあいそーな気がするのだが……あっ、
 それって禁句?
 

  2日連続、合計13時間10分、延々映画館にこもり続けた現在、何故か両方の足首の前面側
 が激しく筋肉痛(笑)。足ひきずりながら歩かねばならない始末です。なぜ??
 

  だけど、ああ、しあわせな週末であった。もうダメだ。すっかり「歌と踊りのある映画」以外
 観ることのできない体質にチェンジされてしまった。こうなればインド移住か。ああ、しかし、
 何もそこまで。だが……(懊悩)。
 

  喜びは『ラジュー 出世する』のカセットテープが買えたこと。1年間探し続けたこの曲が、
 ついに、ついにわたしの元に(大感激)! 1年たっても忘れなかったこのキャッチーなメロ
 ディ!! やっぱ『ラジュー』はいろんな意味でわたしの心のNO.1かも。
 

  魂も体ももはやインドに喰い尽くされた。モガンボ、大満足!!

  1998.10.20
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る