特別レポート「この命、インドに捧げて」・1

 
  わたしはその日、台風10号を上空に従え、映画館の前に立っていた。今からここで、祭りが
 始まる。そう、「インド映画祭1998」という名の祭りが!
 
 

  ……そんな訳で、2日間、インド映画漬けになった時の記録です。何と言うか、切り離すこと
 ができなかったので、こういう形にしてみました。
  では、お楽しみ下さい。
 

  10/17(土)
  12:30〜『この命、踊りに捧げて』(原題:Jhanak Jhanak Payal Baaje)

  今回の映画祭スタートを切るこの作品。勿論、観ましたとも。
 

  ……しかし、しかしだな、この息子はあまりにも性格が情けなさ過ぎやしないか〜。そりゃ踊
 りは抜群なんだけどもさ(でも、踊ってる時の笑顔がずっと張り付いたように変わらないのはち
 とこわかった(笑))。いくら踊り一筋に生きてきたからといって、この女心の判らなさはひど
 すぎる。親父もひどい。
  あくまで踊りは捨ててないニーラー、「彼女の為なら踊りも捨てたっていい!」と言い放つ息
 子ギルダルとを前に、「お前が息子をたぶらかしたから悪い」と決めつける始末。彼女に惚れて
 る幼馴染みも腹黒いし、こんな男共に囲まれて、一人孤高を保つニーラーの姿が涙を誘う。こう
 いう時って男側の親って絶対、「この女のせいでうちの息子はこんなになった」って言うのよね
 え。自分の息子の根性の無さやろくでもなさは棚に上げてさ。こういうのって古今東西おんなじ
 なのね。
 

  途中、二人の恋のダンスで踊ってた公園がすんごかった。あれはどこですか。
  しかし、噴水の色を染めるのはいいが、紅に染めるのは血しぶきのようなのでやめた方が良い
 と思うが、どうか。わし『シャイニング』を連想したぞ(笑)。
 

  「Interval」の文字の入り方がとってもキュートで、思わず微笑んでしまった。いいなぁ、こ
 れ。他のインド映画でもこういうの、してくれたら良いのに。
 

  踊りで好きなのはクリシュナ・ラーダーダンスかな。とってもかわいかった。体を青く塗った
 ギルダル、まさにインドの町角で売られてるポスターの神々そのもの。
  「孔雀ダンス」には、ちょっとびびったが(笑)。
 
 

  15:45〜『カランとアルジュン』(原題:Karan Arjun)

  実は、実はですね、わたくしこの作品に関して全く予備知識を仕入れないように極力注意して
 観に行ったのでした。知っていたのは二人が兄弟である、そのたったひとつ。
 

  ですからスタート後30分のシーンは衝撃でした。うそおっ、主人公死んでもうたやーん、残
 り2時間25分どうすんねん!
  しかもそこでようやくタイトルが入るのにまさに呆然。「カランアルジュンショックウェーブ」
 を全身に浴びました(笑)。
 

  このウェーブに一度洗われてしまったらもう後は一直線。ドゥルガ母さんの「ヤっておしまい!」
 (「ヤ」は漢字にするなら「殺」)にも「そうだ、行け行け!」、「あの家に慶事があるなんて
 許せない! あの家には弔事以外あってはならないのよ!」にも「うむうむ、その通り!」……
 とはさすがにならないが。ドゥルガ母さん、アンタなんぼなんでもそれ言い過ぎ(笑)。
  ここまで復讐心燃え燃えなら、例えば寺院にお祈り行ってる時みたいに無防備な時を狙って、
 自分で刺しに行けばいいのに〜。やたら攻撃的な性格の割には他力本願なドゥルガ母さん、でも
 そんな貴女が僕達は好きさ(by カラン&アルジュン)。
 

  しかし、「ラジュー」シャー・ルク・カーンに再会できることを楽しみにしていたら、もっと
 すごいのが現われてしまいましたね。サルマーン・カーン。何だ何だ何なんだこの筋肉はっ。T
 シャツの腕パンパンやぞ、おい。「ウリナリ」の堀部くんに似てると思うんだけど、どうでしょ
 う(笑)。
  「一人よがり誘惑ダンス」を披露するビンディヤの前で、最初は「お前アタマどうかしたんちゃ
 う、やってられんわ」的な態度をとっていながら、だんだん素っ気ないながらも口元に「しゃあ
 ないなぁ、もう」的な微笑みが浮かんでいく辺りでグッときてしまった。
  でもさ、ビンディヤちゃん、サリーもいいけど帽子かぶって男にタンカ切ってる時の方が断然
 魅力的だったけどなぁ。と思うのはわたしだけ?
 

  村人達のあのぬけぬけとした隠れ方がサイコーでした。下で怒ってるモガンボ閣下が実におま
 ぬけに見えてそこがまたキュート。
 

  ダンスではやっぱ「わらしべダンス」よね。「もう行くわ」言いながらいつまでおんねんアン
 タ(笑)。足の間からソニアを撮るアングルにしびれる。
  しかしあの牧場の「唇にWOW!」看板は、一体誰の趣味か(笑)。
  最初のモガンボ閣下一家の寺院詣での時の「悪ダンス」も好きだぁ。
  あ〜、ビデオCDすごく欲しい!
 
 

  19:00〜『Mr.インディア』(原題:Mr.India)
 

  うっひょ〜、インドSFX!(爆笑) んもう、これサイコーやん!
  これが本当に『女盗賊プーラン』(未見だが)を撮った人なのか!
  ああ、もう人間が信じられない……。
 

  何と言ってもこの人でしょう。我らがモガンボ閣下!!!
  デスラー総統みたいな前髪がステキだわ〜〜〜(恍惚)。
  どうして、どうしてわざわざ、大事な部下の人達を無駄に硫酸に溶かしちゃうの〜。
  それもあの調子では、毎日2人は飛び込ませてるぞ、きっと。
 

  アニル・カプールの子供のように無邪気な笑顔に脱帽! しかしそうやって油断させておきな
 がらエッチ度全開の「ずぶ濡れダンス」を披露するところにまたまた脱帽。んもう、やらしいぞ、
 Mr.インディア。お子様の敵だわっ(笑)。
 

  お子様と言えばやはりティナ。ああっ、かわいい、かわい過ぎる〜〜〜。
  彼女の運命にもう涙ナミダ。遊園地のシーンから手をあわせて祈ってしまいましたが、祈りは
 天に通じなかった……(くうーっ(泣))。この時少しモガンボ様が憎くなる。この後どんなに
 子供が元気よくはじけるシーンを見ていても、「ああ、ここにあのかわいいティナちゃんはもう
 いないのね……」と思ってしまい切なさ全開。
  でも、クッミータイプも実は好きである(笑)。
  名前忘れたけど、メガネくんも良かった。やはりどこの国にもいるのね、メガネくん。
 

  しかしどうして、閣下はあんなにあの家にこだわったのだろう?(禁句)
 

  初日にCDを見つけられなくて、次の日買おうとしたらもう売り切れ。大ショック!(後註・
 でも、後日、きちんと買えました。良かったぁ〜)
 

  ……そんなこんなで12時半から22時半、たっぷり10時間映画館にお篭り状態、この日一日の
 命をすべてインドに捧げ尽くして完全燃焼致しました。お尻は痛いは足はくたびれるわ、しかし、
 しかし余は満足じゃ! この日は我が生涯に残る幸福な一日となるであろう!

  ……それにしても、『Mr.インディア』の劇場での盛り上がりはすんごかった! 現地上映の気
 分をほんのちょっとだけ味わいました。ちなみに、モガンボ閣下初登場のシーンで、先陣を切っ
 て拍手したのは、わたしです(笑)。

  1998.10.20
 
 

「この命、インドに捧げて」・2へ進む

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る