『インディラ』(原題:Indila)

  明けない夜は決してない。祝福されない命はない。人が人として生きる権利を手に入れる為、
 彼女は敢然と立ち上がる。社会派インド映画です。でも「歌と踊り」はあるよ(笑)。
 
 
 
 
 

  なんと、今回の日本上映の『インディラ』からはダンスシーンが削られているんです。それも
 2曲も!(激怒)
 

  1つは「渡し守マーリムットゥ」の歌。CD解説によると、村に戻ってきたアラヴィンドスワー
 ミが渡し守に皆の消息を尋ねて歌う歌、だそうです。
  もう1つは「触れられて」。二人のラブラブソングです。
 

  1つめはまだともかくも(笑)、ラブソングが削られたのは許せない!! 一体どーやったら
 そこを削ろうなんて発想が出てくるのだ? 歌詞がもうお色気大全開で、すんごく楽しみにして
 いたんだぞ!(おいおい(笑))
 

  パンフレットでは盛んに「これだけ重いテーマを扱いながら娯楽作品として成り立っているす
 ごさ」を書き立てていたけれど、今回の上映ではその「娯楽」部分のもっとも色濃いこの2曲が
 抜けてしまったことで、かなり重たいテイストの話になってしまっていました。曲が抜かれてい
 たことを知らなければ、「これ、娯楽じゃないでしょ」と思うこと間違いなし。
 

  主役のアヌラーダー・ハーサン、大きな瞳に大きな口をぱっくり開けた笑顔がとってもとって
 もキュートで、対するアラりん(←アラヴィンドスワーミの略(笑))も相変わらず重そうで、
 実に良かっただけに、無念が募ります。
 

  ラストはやはり「こんなにうまいこといくかい!」「この場はひとまずこれでいいとしても、
 これからが大変でないの?」と疑問もかすめつつも、「もういい、許す、ハッピーエンドじゃ!」
 とうなずいてしまう。さすがマニラトナムの奥さんだけあって、その力技も、子供を姑息なくら
 いに使うところも(笑)、よく似ております。
  しかし、親父が当選して殺されたのを知ってて、お気楽に娘を立候補させるあの偉いさん、誰
 か何とかして。しかも役所出たところで襲われちゃってさ。あのタイミングの早さ、奴が情報を
 流してるとしか思えないではないかっ(笑)。まあそれはないだろうが、警備くらいつけたれよ。
 

  『インディラ』って確かビデオになってたと思うんですが、ビデオでもこの2曲はカットされ
 てるのかな?
  しかし、一体誰が、何の権利をもってわたし達から「歌と踊り」の快楽を奪うのか? 教科書
 検定やぼかしの是非なんかより、日本政府はまずこの問題をとりあげるべきだ!(笑)

  1998.11.4
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る