『インセプション』

  心は盗めない。そんな時代は今はもう過去だ。夢で秘密を教えた見知らぬ彼は、道の向こう
 に佇むあの男とやけに似ている……壮大な「夢世界」を舞台にした大作!






  見ながらも、そして見終わった直後にも内心で叫んでしまったのはこの言葉、


   「こんな仕事を、こんなトラウマ持ちと組んでやりたくねー!!!!」



  ……いや本当に。ボンボン攻略の際の面子はこのこと知らん人ばかりだからチーム組むのも
 判りますが、アーサーあんた、よくもまあずっとこの人とコンビ組んでられるな。  
  だって最初の謙さん攻略見てると、どうも相当な数の仕事をあの奥さんに邪魔されてるみた
 いだし。いくら死ぬことはないとはいえ、痛い目にも一杯あわされてそうだし。  
  この仕事にこのトラウマって致命的にも程がある。またこのトラウマ持ったまんま、よくも
 「死んだらそれまでよのドリームワールド」にこれだけの人間を引き込んだもんだ。いくら子
 供の元に戻りたいからって、そらアンタなんぼなんでも身勝手では?  


  どうやらコブさん「夢ダイブの天才プロデューサー」てことのようだが、いくらプロデュー
 スが天才的でもこのトラウマですべてがチャラでは。というか、そんだけ問題起こしてたら、
 「夢業界」でもその評判広まらないのか?  


  あと、そう、この「夢ルール」もかなり謎でした。  
  だって、練習の際にコブさんの夢ん中でアリアドネが建物自由自在に構築してるし、ボンボ
 ンの夢の中でイームスが突然マシンガンみたいの取り出してぶっ放してるし。  


  つまりは「夢の主が誰であれ、『強くて正確な想像力』さえあればその場を操作可能」てこ
 とですよね。だったらもっとガンガンやりたいようにやれるんでは(笑)。  
  謙さんの怪我なんて、「怪我治るぞ想像」で治せそうに思うし、本人が痛みでそれ無理でも、
 薬使いがいるんだから、せめて「痛みを消す薬」くらいその場でつくって与えてやれよと。  


 「夢に入ってあるアイデアを本人の感情のように思わせる」って発想や、それに伴い「心には
 階層があり、相手に心底それが自分の気持ちだと思わせる為には深層段階まで潜らなければな
 らない」「階層を降りるにはその階層で更に夢に入る」「下の階層から上に上がるには物理的
 ショックが必要」とか、夢侵入に備えて夢防衛教育が存在してたりとか、その辺の設定自体は
 大変に面白いし、SFハートもときめくのですが、肝心のこの「夢世界」が、思ったより自由に
 ならないというか、割と普通にアクションしてる(まあアーサー浮いたりしてたけど)シーン
 の連続になってしまったので、そこでちょっとがっかり。  
  もっと「想像力は無限の羽ばたき!」て感じで「いかにも夢っぽい」映像が色々見たかった
 のですよね。アリアドネの練習の時みたいな。  
  まあターゲットに夢だと気づかれたらいかんのだけど、でも実際に夢見てる時に、現実の物
 理法則からぶっ飛んだことが起きても、「おかしい、だから夢だ」なんてこと思わないもん。  


  これだったら『The Cell』とか、夢ではないけど想像力の強いもん勝ちの『マトリックス
 とか、想像がそのまま画面に描写される『落下の王国』や『ダスト』とかの方が、ずっと
 「脳内力映像」として面白かったし凄みもあったなぁ。    


  大体、ターゲットの夢に潜るのに、ターゲットに素顔さらして、て大いにまずいんじゃない
 かなあ。そこはなんか、「夢マスク」みたいのをつくっておくべきでは。  
  夢内で特定の姿そっくりに顔や声変えてそれを維持して、てのは相当の記憶力と演技力と精
 神力が必要だろうから、「誰か特定の人に化けられる」てのがイームスだけなのは構わないん
 だけど、他の人も「とにかく自分以外の誰かの顔」になっとかないとまずいんでは?  
  このシチュエーションでの夢ダイブ計画で素顔をさらす夢チーム、勇気だ。  


  ……と、そんな心配もコイツには不要だったか、と思う程このボンボンは鈍いのだったが。  
  飛行機内で目が覚めた際、あの席数で周り全員あの面子だったら「アレ?」くらいは思えよ
 ボン(まあ、この「目覚め」はnot現実である可能性もゼロではないのだが)。  
  なんか、夢内での様子とか、この起きた後の態度とか見てて、「そんな必死こいて『パパの
 会社をオレがつぶすぜ!』妄想植え付けなくても、ふつーに跡継がせてふつーに経営させたら、
 あっちゅー間にこのボン会社傾けてくれるんじゃないかな、謙さん……」と内心呟かずにはい
 られなかった。この役者さん、天下一品のお人好し二代目フェイスです。    


  まあそうは言っても、色々とわくわくしながら見られた作品であることは確か。何と言って
 も謙さん、ほんとに格好良い!  
  何よりもあの「航空会社を買った。その方が早い」て台詞にうっとり(笑)。少女漫画によ
 く出てくる「やってることは漠然としてるがとにかくもの凄いお金持ち」が思い浮かびました。
  あの着物タキシード? みたいのもたまらん良いです。あの部屋はヘンだけど(笑)。  


  そういう方面でヘンと言えば、「オレは京都で降りる」と言ったレオ様が東京タワーの見え
 るホテルにいたのも笑った。いやもしかしたら時間経過を省いているのかもしれんですが、台
 詞直後にアレだったので。  
  名古屋から東京に新幹線で移動したのに着いた先がどう見ても名古屋、の『ボンベイtoナゴ
 ヤ
』マジックを思い出しました(笑)。  


  でもってレオ様も良かったよ。わたしこの人、昔はほんとに全然好きじゃなかった、むしろ
 キライだったんですね。  
  何がダメって、この顔がダメだった(笑)。全体的なつくりは童顔なのに、デコにだけすご
 い皺が寄るのが、生理的にダメで。もう好きな人には心の底から本当にごめんなさいごめんな
 さいなのだが、若い頃のこの人の顔見て、わたしが連想したのは「子泣き爺」でした(ほんま
 ごめんなさい……)。  


  が、ついこの前『シャッター・アイランド』見て、「あれ、いい役者かも」と思い、引き続
 いてこの『インセプション』で、「おお、レオ様大丈夫になってるぞ」と開眼。  
  思うに実年齢が顔に追いついてきたからじゃないかと。今ではすっかり本当に老けて、皺に
 違和感がなくなり、すごいいい感じになってきた。『シャッター・アイランド』でもそうでし
 たが、「亡くした奥さん」や子供に寄せる心情の出し方が非常に良い。そういう年齢になって
 きたってことですね。  
  こういう「妻も子もいる役柄」でもっといろいろ見たい役者です。


  2010.10.06




   ……だが夢チームで最も好みなのは(除く謙さん)、間違いなくアーサー!  
  このオールバックの額と細身がたまらん好みです。  
  イームスには「想像力が無い奴はダメなんだよ」てなこと言われてましたが、どうしてどう
 して、あのホテルにて浮いちゃったメンバーを「キック」する為に咄嗟に取ったあの行動、天
 才だと思いましたよ。あの時間であれを思いつき、かつ実行する能力が凄い。惚れました。  

  ……わたしだけかもしれませんが、アリアドネ役のエレン・ペイジ、蒼井優に似てると思う。
 スーツ着て髪上げててもどっか子供っぽいのがあいらしい。  

  ……そして奥さん役のマリオン・コティヤール、もう光り輝くように、あますところなく美
 しい。鼻血が出ててさえ美女。惚れ惚れしました。  
  こんな奥さんと二人きりでドリームワールドいたら、そら帰れなくなるよなぁ。  

  ……だがこの状況で、これだけ科学が発展していると思われる世界で、何故コブさんが「殺
 人犯」にされちゃうのか全く判らない。  
  あの状況でコブさんが下に降りずに彼女の部屋と自分の部屋を行き来するのは不可能でしょ。
 で、落ちたらすぐにその場に野次馬があふれるし救急車も駆けつけると思うのですね。  
  コブさん、落ちた後すぐに動けずその場で嘆いてたし、そしたらあの後、自分側のホテルか
 ら泣き泣き出てきたであろうコブさんが物理的に彼女を殺れる位置にいなかったことは明白で
 はないかと思うのだけどなぁ。  
  もし、「物理的に落としたこと」ではなくて、夢の中でやったことが問われたのだとしても、
 それって「自殺教唆」的な罪であって、「殺人」ではないと思うんだけど。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る