『變臉 この櫂に手をそえて』

  一子相伝、女人禁制の「変面」の芸を伝える為、老人は子供を買う。だがその子には秘密があっ
 た……街角に生きる人々の哀しみと強さを大河の流れに乗せて語る佳作。
 
 
 
 
 
 

  予告を見た段階で、もう泣き入ってしまいました(笑)。弱いんだー、子供もの。
  しかも、この子ときたら、やることなすこと、もう怒濤のごとく裏目裏目に出ちゃうんである。
 そのどうしようもなさが見ていて歯がゆく切ない。
 

  芸を伝える後継ぎとして買った子供が実は女の子だった、一旦はぎくしゃくした仲になるが、
 紆余曲折を経て二人は本当の家族のように心が結ばれる、と言ってしまうとごくごくありがちな
 話なのだが、この話に深みを与え、傑出したものにしているのはこの人、「人観音」梁素蘭であ
 る。
  「人」でなく「観音」でもない。「男」でもなく「女」でもない。芸人ではあるが、「変面王」
 のような芸に対する誇りと自負心は彼にはない。権力者の庇護の元、贅沢な暮しはしているが、
 それを心のどこかで暗く恥じている。
 

  なのに彼には、彼自身にもどうしようもなく人から心が寄せられる。街を行けば「人観音さま」
 と誰もが手をあわせ、老人は素直に彼を敬し、狗娃は土下座して彼に頼みを乞う。それらすべて
 が自分に値しないと骨の髄から悟っている彼の瞳は、暗く翳っている。自分の無力さや汚さを、
 知っていながらどうしようもなく抱え込んだままのその瞳。
 

  彼が屋根から飛び下りた狗娃を助けるシーンは、まるでそれまで芝居の一部のようだ。舞台か
 ら大きく跳躍し、狗娃を受け止め、階段を転がり落ちる。額から一筋の血、瞳からは涙を流して、
 台本の台詞のように大仰な言い回しで自らの思いを訴える。
  それに「あなたは本当に生きた観音様だ」と答える将軍の台詞も、やはり芝居めいている。ど
 こか、つくりごとくさい。
  けれども彼は、多分この時、知ったのだ。「人観音」が、「人」でもなく「観音」でもないか
 らこそ発揮できる「力」というものを。「芸」の力。「演じる」ことで確実に人の心は動かせる
 のだ、それを、狗娃の決死の行動で彼は理解した。
  多分、これからの彼は変わる筈だ。
  生活そのものが変わらなくても、きっと心が違う。
  自分が芸人であること、「人観音」であることでできる何か、それを見据えて生きていくこと。
 

  役者さん達がみんな芸達者でいい。猿まで芸達者(笑)。すごい演技を見せます。
  狗娃を演じている周レンイン(字が出ない)、当時8歳だそうですが、ずば抜けた演技力。ど
 うも、本人も役柄に負けず劣らずずいぶんと薄幸の人生を送ってきたようで、その為か非常に勘
 が良く頭の良い感じがする。まわりの雰囲気をぱっと吸い取り、反応している。瞳の底に光る強
 い意志の力を感じる。
  「変面王」役の朱旭もいい。演技がいいのは勿論なんだけど、何が凄いってやっぱりこの「變
 臉」の芸が目をみはりますね。名人の元で一ヶ月修行したそうですが、一ヶ月でこんなに身につ
 けられるなんて驚きだ。どうやって面を変えてるのか、いくら目をこらしてみても全然判らない。
 もうこれで食べていけそう(笑)。
  天賜役の子もさりげなく上手でしたよねぇ。狗娃の食べっぷりにびっくりしてるとことか、そ
 の後「こっちも食べて」ってやるとこが可愛い。
 

  最後は、まあそうなることは判ってるんだけれども、それでもナミダ、涙の結末である。狗娃、
 良かったねぇぇ。
 

  2000.6.27
 
 
 

  ……映される風景が、もうたまらなく美しいですね。川の流れがとてもいい。
  川辺の巨大な磨崖仏に度胆を抜かれる。すごい〜、足でかーい。顔のほのかな微笑みがとても
 いい。

  ……しかし、狗娃が後先考えず天賜を連れてきちゃうのはまあ子供だから仕方がないとはいえ、
 変面王、アンタまず警察行けよ(笑)。フツーは迷子だと思うだろ、それ。

  ……それで気がついたんだけど、誘拐犯連中はまだ逮捕されてないんだから、そっち方面のこ
 とは何にも解決されてない訳だよね(笑)。何て能のない警察か。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る