『春夏秋冬そして春』

  満々と水を湛えた湖上にたつ孤高の寺。四季がゆっくりと巡り来る中、ひとりの幼子の人生も
 うつろう。望むものは手に入れるから失うのか、失わなければ手に入れられないのか?
 
 
 
 
 
 

  予告で既にノックアウトでしたが、本編ももう始まった瞬間にダウンでした。  
  ああ、美し過ぎる!!!  


  もう、話なんて要らんので、ただひたすらにあのお寺さん、まわりの風景、そういうものを見
 せ続けてほしい。それで102分終わってしまってももう全然構いません。  
  こんな綺麗なものがこの世にあっていいのかしら。風景が、胸に染み通るようです。  


  特に日の落ちた後、まだ完全に夜になりきっていない、一面に藍色の空気の中に明かりを灯し
 て佇む姿の美しさは筆舌に尽くし難い。しずかで切なくてでもいつか必ず辿り着く家路のようで、
 美しさが胸に刺さっていたみすら感じる。こんなにもこんなにも綺麗なものがこの世に本当に存
 在している、ということに涙が出る。  


  ……と、思っていたらあれはセットで撮影後は壊してしまったのだそうですね。  
  なんと勿体ない。わたしが韓国の僧侶なら何とか残してもらって住み込んで御勤めしたい。  
  とも思うが冬は住めないだろうな。だって寒がりだもの。  
  とりあえずせめてこの周王山国立公園には行ってみたいものです。素晴らしい場所だ。  


  とにかくもう、このお寺が美し過ぎて美し過ぎて、そのまわりであれこれやらかす人間さん達
 がもう全然勝てません。何やっても遠景からこのお寺が映し出されるともう負け。はは〜、と五
 体投地状態です。  


  かと言ってひとのやってることがどうでもいい、取るに足らない、下らないことかと言うとそ
 うではなくて、そういう、あくまでしずかで泰然として不変のまま佇むそれがあって、そのまわ
 りでどうしようもなくなってしまうひとがいるのがたまらなく胸に応える。  
  そしてその、不動だと思っていたお堂が、ゆっくりと動き出すのに胸が熱くなる。  


  それにしても古今東西、映画や小説の物語に出てくる立派なお師匠さんの言うことって、何で
 ああその時には絶対に聞けないで、もうまるっきり真反対なことをしちゃって、ものすごくひど
 い目にあってからでないと身にしみないようにできているのでしょう?(笑)  
  まあそこで有り難いお言葉をいただいてその通りにふるまってしまえば物語にならずにそこで
 終わってしまうからなんでしょうが、お師さんの言葉が身にしみた後に主人公は大抵お師さんの
 元に戻ってくるのだけど、大体がもう死んじゃってたり死にかけだったりするのは尚更何故なん
 でしょうか(更に笑)。  


  でもこのお師さんは弟子が帰ってきた時にはまだ生きてます。年はとりましたが、いまや30代
 の壮健な体をした弟子を竹でばんばん打って縛って天井から吊せるくらいには元気です。  
  と言うのも、この弟子が帰ってはきたけれどお師さんの言葉がまだ全く身にしみてはいないか
 らなのですが。こんな帰郷の仕方はお師さんがつくづくに可哀想。  
  そしてやはりお師さんの言葉が身にしむのってお師さんが亡くなった後なのだね。  
  けれど彼に対して「自分を殺してはならん」と説くお師さんがああいうことをするのって、何
 だか矛盾している気もします。「活き仏」になろうとしているのかとも思いましたが。  


  池の中にぽつんと寺があって、ほとりに門があり、出入りする時には必ずそこを使う、寺の中
 にも壁は無いのに扉だけはあり、すぐ横をまわればいいものを彼等は必ずその扉を使う。  
  それは見た目にはもしかしたら大変に滑稽なことなのかもしれないけれど、でもそれがいわゆ
 る「天上の星の輝きと我が心の内なる道徳律」なのだろうと思う。破ろうと思えばさっと破れる
 ことだ、でもそれを破らないのは自分の心ひとつのあり方。  


  けれども少女の寝床にしのびこむ少年は、最早いちいちその扉を使わない。  
  大変に判りやすい比喩だが、しみじみと心に刺さる。  
  破ったからといってそれはその時には痛くもかゆくもないし、何の不都合も起こらないのだ。
  ただ、一度破ってしまえば、もう守れなくなるだけのこと。守る意味を見失うだけのこと。  
  ただそれだけに過ぎないことを自分で律していくことの、いかに困難なことか。  


  画面のこちら側から見ていると、こんな美しい場所にいたらそれだけで悟りが開けてしまうも
 んなんじゃないのか、と思ってしまうのでしたが(笑)。でも本当はそれは悟りとは言えないん
 だろうな。  
  いや、最終的に悟ったのならきっかけは何だっていいのだろうけど。だけど、その「美しさ」
 に胸を激しく打たれてしまう間はまだ悟りではなく「魔境」というに過ぎないのでしょう。わた
 しは多分この先一生無理そうです。こんなにも綺麗なものを前にして、こころを動かさずにいる
 ことなど、できると思えない。  


  2005.5.2



  ……こんなにも凄まじく美しい場所に、例え演技とはいえ空き缶を放らなければならないなん
 て、自分にはできない(涙)。絶対にできない。演技でもできない。  
  だからこそそれを平気でやってしまい、あまつさえ拳銃で狙い撃ちしちゃって遊んだりできちゃ
 う彼等の神経の鈍さというものが際立つ訳なのですが。そして、その後に徐々に心を動かされて
 いくその描写も。  

  ……しかしあの文字は削りっ放しで色などつけない方が確実に綺麗でしょう! と思うのは多
 分わたしがわびさび好きな日本人だからなんでしょうね。あのドギツい色は韓国や中国や東南ア
 ジア系ならではという感じがします。仏像もハデハデだしね、あっちのはね。  

  ……だがお師さん、子供には生き物に紐で重石なんかつけたらあかん、と同じ罰を課するので
 すが、嫌がるねこちゃんのしっぽで書道をするのはいいんですか!!(笑)  
  ちゃんと筆があるのに。一体何故。しかしこのねこちゃんのおしっぽが、筆として実に有能な
 んだよねコレがまた(更に笑)。  
  それにしてもこのねこちゃんは大変あいらしゅうございました。かなり高齢に見えましたが、
 山の中で元気に暮らすのだよ。  

  ……子供と言えばこの子役、本当に本当に凄いです。何が凄いって、演技力もともかくも、蛇
 をわしづかみにしてひょーい、と投げたり、紐でぐるぐる巻きにしちゃってけらけら笑う、その
 度胸にびっくらです。大したもんだ。  

  ……そして冬の役の人、いくら仕事とはいえよくこんな苛酷な演技をしてくれたもんだ、監督
 アンタ鬼だよ、思っていたら御本人でした(笑)。オドロキ。  
  体力的苛酷さもともかくも、寒さに弱いわたしには信じられない光景でした。  

  ……にしてもあのお嬢さんはあんなちっちゃいバックに一体何枚服を入れてるんだ! と思っ
 たのはわたしだけではない筈ですよ。ええ。  
  ぜーったい、あんな量の着替えは入りませんよねえ、あれ。  

  ……一番好きな描写は「閉」の字を記した紙で目・鼻・口を封印するところ。  
  これはもう、たまらなくツボです。文字、特に漢字というものはそれ自体が呪文だと常々思っ
 ているのですが、まさにそれをそのまま顕わしてくれています。この感覚は漢字の無い国の人に
 は判るまいよ。眼福。  
  そしてその、「閉」じた筈の目から涙があふれ、紙を濡らしていくところがまた良いのだわ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る