『銀河鉄道の夜』

  幻想第四次の世界を白鳥座から南十字まで、二人を乗せて銀河鉄道は走る。美しい星々、やさ
 しい人々、そして暗い空の穴に隠された「ほんたうのさいはい」「ほんたうの天上」。まさに奇
 跡の作品(ビデオ鑑賞)。
 
 
 
 
 
 

  何もかもが、これ程までに完璧に噛み合っている作品は、そうはないのではないか。
  原作は無論言うまでもなく素晴らしいんだけど、そこから注意深くほんのわずかな部分を除い
 て際立たせた別役実氏の脚本、ますむらひろし氏のキャラクター、絶妙なカット割りを見せる監
 督杉井ギサブロー氏。声優の声もぴったり合っていて、演技も最高だ。
  そして何と言っても細野晴臣氏の音楽、これが実に良い。この世界がそのまま音に変換された
 みたいだ。あまりにも好き過ぎて、曲を聴くとさっとその場面や台詞が頭に浮かぶくらい聴き込
 みまくった。エンド・テーマなんて、曲に合わせて「春と修羅」序がそらで言えます(笑)。
 

  これを見たのは中学生の時なんだけど、当時自分にとって、宮沢賢治とはそんなに重要な作家
 ではなかった。
  教科書に載ってる『雨ニモ負ケズ』と、あと『風の又三郎』『セロ弾きのゴーシュ』くらいし
 か知らなかった気がするし。銀河鉄道は読んでいなかった。だからイメージとしては非常に「農
 業な人」「大地な人」であったと思う(笑)。
  それを一瞬にして「星と宝石の人」に変えたのがこの作品だ。
 

  物語の底にずっと流れる、冷たく澄んだ水のようにかなしみや孤独もともかく、ここにちりば
 められたイメージの数々は、わたしにとっておそろしく魅惑的だった。
  ショーウインドゥに黒々と光る星座早見、天の野原にちらちら揺れるりんどうの花、銀河の水
 に洗われきしきしと光る水晶の砂、黒く風化した胡桃の実、サファイアとトパーズが回る観測所、
 大きく赤く立派な苹果、しずかな原で時を刻む振子、空を焦がす蝎の火、天の川の星の中に黒々
 と開いた石炭袋の穴。
  わたしはとり憑かれたようにこの旅に夢中になった。
  美しさに心を打ち抜かれるということは傷つくことに似ていて、見ているだけで苦しい。最後
 に、かなしい、胸のいたむ別れが待っていることが判っていれば尚更だ。その二つのいたみに心
 を苛まれながら、それでも見ずにはいられなかった。自分にはこんなに綺麗なこころはないが、
 それでも、見ているだけでまるで自分の魂までもどんどん澄んで、透明になっていく心地がした。
 

  本当のやさしさというものは、どこかかなしみに似ている。
  それがきっと、あまりにも一心で、どこをも顧みないからかなしいのだ。
  好きであればあるだけ、自分の為に振り返ってほしくなる、足を止めて欲しくなる。そして自
 分も、腕の中にいっぱい抱えた大好きなものの為、進むことをためらいたくなる。
  けれどそんなものをみんな打ち捨ててゆくから、本当のやさしさはかなしい。
  打ち捨てていくのは、それが価値がないからでは決してない。
  目の前に見えてしまった「本当のさいわい」の為には、それらを後に残していかなければなら
 ないことが、時にあるのだ。それを見過ごしてしまっては自分の魂が深く傷ついてしまう、だか
 ら進まずにおれない、そういうことがきっとある。それがプレアデスの鎖を解き、オリオンの結
 縄を結ぶように困難で辛くさみしい道でも、そこを選んで歩かねばならない。その決意は孤独で
 かなしく、そして凛と美しい。
 

  とにもかくにも、もう最初から最後まで好きなシーンしかない、と言い切ってしまえるこの作
 品。
  特に冒頭がいい。これは原作と全く同じなんだけど、台詞、それもその頭が「では」と来るの
 が小説の始まり方としても実に良くて、ここをいじらなかったのが非常に嬉しい。そして、それ
 が闇の中から聞こえてくるという演出が秀逸だ。
  銀河鉄道が現れる瞬間もいい。星の間に何かがちらっと瞬いたと思うとすうっと降りてくる、
 はっと思う間もなく黄色い三角標がびゅんっ、と目を射抜き光がどうっとあふれたと思うと、も
 う目の前に煙を吐いて汽車が止まっている。銀河ステーション、とどこかから聞こえる声。
  新世界交響楽が流れる停車場もいい。ざあっ、といきなり一面に広がるとうもろこし畑、遥か
 天の高みから吊り下がった振子。優しく柔らかく流れるそのメロディ。
  蝎の火のシーンも好きだ。弟にゆっくりと蝎の話を語る姉の声の響きがいい。この声優さんは
 (お名前失念)これがデビューだそうですが、この演技は凄いなぁ。
  星の輝きが群を抜いて凄いんですが、これ、硝子の粉を散らしたものを撮影したそうです。成
 程なぁ。
 

  しかし何と言っても胸が苦しい程きゅうっとなったのは、ジョバンニが町を出、川にかかった
 橋を渡るところ。
  頼りない街灯のともった橋の下で、ジョバンニは一瞬足を止め、すぐに走り去る。その後、街
 灯はちかちかと瞬いたと思うとふうっと消える。と、川面の草辺から、ふわりと螢が舞い上がる。
  背筋がぞくぞくきました。「街」から切り離され、徐々に幻想第四次の世界に取り込まれてい
 くその見事な描写。そしてそれをジョバンニは目にすることなく走り去ったこと。本当に大切で
 美しいものは見えないところに隠されていて、真の暗闇の中で初めて輝き出す。
 

  世界にこんな作品を生み出す人がいて本当に良かった。そして、それをこのような輝かしいか
 たちに結晶させたたくさんの優れた才能が一度に集まったことに、感動と感謝を覚える。これを
 世に存在させてくれて、本当にありがとう。
  ここより、はじまる。
 

  2000.7.4
 
 
 
 

  ……それにしてもジョバンニがおうちで食べていた「ねえさんがトマトでこしらえた何か」は
 美味そうでした(笑)。こう、ボルシチとか、ミネストローネみたいなものが頭に浮かぶんだけ
 ど、この映画ではかなり真っ赤なんだよね。何だろう。ああ気になるう。牛乳に角砂糖ってのも
 美味そうだ。
  りんごも、美味しそう。この取り分け方がすごく好きです。
  でも最も食べたいのはやはり「鷺のお菓子」かも。平べったくてぺかぺか光ってて、足を取る
 時のかすかな「ぽきん」っと音がすごく美味しそうなの! ああ、食べてみたいい。

  ……そもそもどうしてこの作品を見たのかという話なんですが、うちの父親は当時、家電会社
 で販売やってまして、商品の展示会てのがしばしばあったんですね。で、それに持っていく品を
 テストする為に家に持ってきてたりしてた。
  その中にLDデッキがありまして。で、会社からいくつか持ってきたソフトの中の1枚が、こ
 れだった。
  なので、わたしはものすごく美しい画質でこれを見ることができて、非常にラッキーでした。
 ちなみにその時、他にもソフトがありまして、「ミンキーモモ」と、正確なタイトルを忘れたが、
 当時一世を風靡した缶ビールのCMのペンギンが何と映画になってしまった作品。アニメばっか
 りなのは何故。だがしかし、こっちの2作品の記憶はゼロ(笑)。

  ……そんな訳でわたくし非常に感動してしまい、LDがうちにある間に、と思い、中学の友達
 を大勢集めてうちで上映会までやりました(笑)。
  その時、ジョバンニがザネリにからかわれて街を飛び出す、というシリアスな場面で、一人の
 子が爆笑しだして、全員仰天。「ど、どうしたの?」と聞くと、何とその子はそれまでずっと
 「ラッコの上着」が「ラッコの輪切り」と聞こえていたらしい(爆)。そんな土産はいらねえ。

  ……そしてその後しばらく、わたし達の間では「ジョバンニとカムパネルラごっこ」が流行っ
 た(笑)。別の教室に移動する時、最後になってしまった人は外に閉め出されて、扉を叩きなが
 ら「カムパネルラ、開けて!」とやらなければならないのである(爆)。ああ、何てお気楽で愛
 すべき中学生達であろうか。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る