『ガタカ』

  遺伝子の優劣という枷がはまった世界で、彼は自分の夢の為に「自分」を捨てる。ああ、そう
 だ、何だってしよう、この夢の為になら……あそこへ、あの星の中へ行く為なら!
 
 
 
 

  見ている途中ですぐに気がついた。これは『天の光はすべて星』だ!
 

  *警告
   以下、映画『ガタカ』とフレドリック・ブラウン天の光はすべて星』(ハヤカワ文庫)の
   たいへん美しいラストまでしっかり語ってしまうので、見ていない方及び読んでいない方は
   避けて下さい。仮に『ガタカ』を見ていても『天の光はすべて星』を読んでいなければこの
   先は「ぜっっっっったいに」不可。
 
 
 
 

  勿論これは、遺伝子で人が選別される窮屈な未来の話なんだろう。そこで「可能性」という言
 葉を捨てずにもがいていく人間のドラマなんだろう。
  でももう途中で頭からそんなことは吹っ飛んでしまった。「こんな差別なんて、いけないわ!」
 とか「人には秘められた力があるのよ!」などと思うよりも、主人公「ビンセント」の夢に心が
 同調してしまったから。
 

  星の夢にとりつかれた者達、それを『天の光はすべて星』では「星屑」と呼ぶ。なんと美しい
 名前だろう!
  どうしてなのかは知らない。理屈なんていくらでも言えるかもしれないが、ほんとのところは
 どうだっていい。ただもうとにかく、行きたいのだ、「あの場所」へ。胸をかきむしりたくなる
 程焦がれるのだ、「星」へ。
 

  ビンセントのきっかけは、遺伝子ですべてが決定してしまう世界を捨て、家族を捨てたかった、
 そういうことなのだろう。でも一度芽生えた夢はそれを越えて歩き出す。「逃げたいから」では
 ない、「もうただどうしようもなく行きたい」そこへ心が走り出している。毎日飛び立っていく
 ロケットを見つめるあのまなざし!
 

  ああそうだ、行きたい、どうしても行きたい、その為なら何と引き替えにしたっていい。顔も
 名前も捨てたって構いはしない。
  でもそれだけで星に行ける訳はないのだ。頭脳もいる。体力もいる。この人が偉いのはそこだ
 なあ。わたしなんか高校の数学で激しく挫折した&乗り物に極めて弱いという体質で、「こりゃ
 無理だ」と思ってしまったもの。
 

  しかしここまで手が近づきながら、その夢が無残に崩れさるかもしれない、という恐怖におび
 える彼の心中は察するにあまりある。途中からは手の平に汗がにじみでた。頼む、頼むから、他
 のことはどうなったっていいから彼を行かせてやってくれ。
  『天の光は……』の主人公はあれだけ憧れた場所に、凄まじい努力をして近づいて、その挙句
 ちょっとした嘘が露見してその機会を永久に失った。これは読んでいて本当に言葉を失ってしまっ
 た。バカバカ、お前、なんでそんなこと言ったんだよう、せっかくのチャンスを……と思いなが
 らも、その嘘をついた彼の心情が痛い程判ってしまったから。宇宙へ行く機会を目の前にして永
 遠に失ったと感じた、その失意の中で「この怪我は宇宙でやったんだ、悲惨な事故だが宇宙へ行
 けたんだからいいさ」と思い込むこと。いつか自分でもその嘘を真実だと思う程に強く。だから
 読んでいて暴れたくなった。「もうええやんか、見逃したれ、こいつ行かせてやれ!」と。
 

  その記憶があったから映画ではもうこっちまで緊張した。行かせて、頼むから。
  きわどいところを幾つもクリアして、ついに飛行の日(と言っても服装が服装なんで、あれが
 「まさに飛行直前」だとは最初判らなかった(笑))、その前の「新規則での検査」。目の前が
 真っ暗になった。ああ、やはり駄目なのか。
  『天の光は……』の主人公は行けなかった。けれども人類はこれから更に宇宙を開拓していく、
 自分もその人類の一部なのだ、自分が行けなくても誰かが行く、その手伝いができる。幼い甥っ
 子は彼と同じ「星屑」だ。彼は必ず星をその手につかむ。そういう域に達した、それはそれでと
 ても美しい心根だと思った。なんといってもこの主人公は60歳近いのだし。でもまだお子様の
 わたしは、「ああ、それでも行けたかもしれなかったのに……」と一抹の思いがどうしても残っ
 た。
 

  だから本当にあの検査は怖かった。「ああ、駄目なのか、やっぱりそういうオチで終わってし
 まうのか……」と。そこであの医者の一言! 嬉しかった!
 「息子は君に憧れているんだ」。
  ああ、行ける。行けるんだ。良かった、もう、他に何にもいらない。
 パンフレットに載っていたサエキけんぞう氏と安珠さんの対談で、安珠さんが「医者が見逃す
 のはやりすぎ」ってのたまっているのを見て髪の毛逆立ちそうになった。何が判る、一度たりと
 も星に焦がれたことのない人間なんかに何が判る!
 

  弟が刑事だというのは比較的すぐに判った。「既に調べた、肉親はいない」と言うシーンであ
 れ? と思ったし。親はともかくも、あれだけ話にくいこんでいた弟がいないというのはどうい
 う訳だ? と。そしていやにガタカに固執しつつも、再検査やら何やらは避けたがる。何かへん。
 もしかして……と思っていたのがあの叫びで決定的になった。「ビンセント!」あの叫びはかな
 しかった。
  しかし子供時代の「これが最後の度胸試しとなった」ってめっちゃ嘘やん(笑)。しまった、
 字幕じゃなくて台詞で聞いとけばなあ。
 

  弟は常に「帰ること」を考えて泳いでいる。片足をどこか安全な場所に確保しておいて、もう
 一方の足を踏み出そうとする。
  その姿が「帰った後」の準備について語るジェロームと重なった。飛び立つビンセントはきっ
 とそんなことは考えてもいなかったろう。とりあえず行くだけ、戻ってきた後のことはもし戻っ
 てこられたならその時考えればいい。
  けれどもそのシーンではぐっときた。きっとビンセントは彼がどこへ「旅」だとうとしている
 のか、この時判ったのだと思う。それでも彼は何も言わなかった。
 

  ビンセントの「夢」がもしも「星」でなかったら。そうしたらわたしはきっと、これ程この映
 画に思い入れなかったかもしれない。
  宇宙旅行の原理は「星屑」の心の中にある。『天の光はすべて星』の中の言葉を、自分も信じ
 たいと思う。

  1998.6.4
 
 
 

  ……しかしユマ・サーマンは美人ですね。彼女が遺伝子をいじくられてないなんて、誰が信じ
 るだろう(笑)。この完璧なボディ! 刑事と家にでかけて、「ジェローム」に逢っても眉ひと
 つ動かさない毅然とした姿に惚れました。

  ……それにしても、いくらなんでも「スーツ」でロケットに乗ることはないのでわ(笑)。し
 かもなんだ、あの座席配置は。おいおい。

  ……タイタンに行くには「70年に7日」しかチャンスがない、というのは多分地球に最接近
 するのがきっと70年ごとだからなのではないかと思うのだが、そこまでしてでかけていった場
 所から何も1年で帰ってこなくても(笑)。行く時はそれだけ時期を選ぶのに帰りはえらいラフ
 なのね。
  それに1年で戻ってくるということは、往復期間が仮に半年もあったんではひきあわない気が
 するから、片道どう考えても2ヵ月以内だろう。もしそんな期間で地球からタイタンまで行ける
 だけの科学力をゲットしてるなら、何も「最接近時」にこだわらなくても、そこそこ近づく時期
 ならもっと頻繁に巡ってくる気がするのだが、どうか。
  しかもそんなに大変なのなら「1日1ダース以上飛んでいる」ロケットさん達は一体どこへ何
 をしに行っているのか(笑)。タイタンに行くのは結構すごいことみたいだから、もっとずうっ
 と近い星、月や火星なんだろうけど、何も毎日1ダース飛ばさんでも。殺されちゃった上司も費
 用の面でタイタン行きに反対するくらいなら、普段のロケットをもう少し減らすことを考えたら
 どうか(笑)。

  ……しかしあの医者、普通は気づくとは思うんですがね。だって普段の尿検査、あれどうやっ
 てごまかしてたんだろう? 服の中にジェロームの尿の袋を仕込んであっても、「モノ」をあれ
 だけしっかり見てるのに(笑)、その目線の前で仕込んだ管から出すのは難しそうだし、コップ
 はその場で手渡されるんだから出した後のすりかえは無理だろうし(大体最初の奴を捨てる場所
 がないし)。なぞ。
  そういう意味でビンセントはマジシャンになってもすごい成功しそうだ(笑)。手の中に試験
 管を隠したり、さりげなくコンタクトを捨てたり、見事な手並みでございました。しかしあのは
 ずし方は痛そうだ〜。

  ……ひとつ判らなかったのがビンセントが「背を伸ばす為」にやった処置。
  あれは足の骨に何か入れて接いだの??? でもそうしたら傷跡2本線になる気がするしな。
  しかしあんなに顔が似てないのに誰も気がつかないんだから、たかが5センチの身長差くらい、
 マジで「シークレットシューズ」でいけたんでわ(笑)。

  ……ひとつ不満だったのは、パンフレットに使われている写真が……もっと良いシーンがいろ
 いろあったと思うのに、なんかつまんない写真ばっかりだぞっ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る