『ガーゴイル』

  この世で最も愛する女を見つめる男の眼は、この世で最も深い哀しみを湛えている。胸の奥に
 凶暴な怪物を潜ませた男と女が再び出逢う時、すべてを浄化するように炎は燃え上がる……。
 
 
 
 
 
 

  むー。
 

  駄目だ、これ、ワシには。
  むん。
 

  駄目というかね、よく判らないんだけど、これのどの辺が「純愛映画」なの??
 

  人体実験のせいで「ヤると殺っちゃう」体質になってしまったもんだからほんまに好きな相手
 とはできないのさあ、さてどうしよう、という話なんだけど、すごく好きなのだからしたいの、
 でも相手を殺したくないからできないんだよ、うん、それは確かに純愛だ。それはいい。
 

  でも「だから他人とヤっちゃう」のってどうよ?
 

  もーヤらないととにかくどうしようもなく欲望破裂寸前になって何するか判らんし、ってまあ
 そうなんだろうけども、自分で処理しても殺人スイッチ入らないみたいだし。
  自分処理では狂暴化せずに相手ありの本番だとダメってことは、異性の体液でどーのこーの、
 ということとしか考えられないんだけども、ならどうしても欲望こらえきれない時はとりあえず
 同性ひっかけて沈静化させときゃいいんでないか、とか、まあこういう映画で論理的なこと求め
 てもしょうがないと判っているんでそこは構わないんだけども、でもしかし。
 

  ただでさえそういう欲望飢餓体質になってる時に好きな女がすぐ傍にいりゃ、そら辛くて当然
 だろうとは思うけど、殺したくないから他の相手とする、つうのはもう欲望が理性を越えて突っ
 走ってる状態ではないか。
  「好きな相手だからしたい、好きじゃない相手とはしたくない」てのは日常ごく普通の状態で、
 別に必死になって努力して保たなければならないことじゃない訳よ。でもこの人は実験で特異体
 質になっちゃった為に、そういう、「ごく当たり前の感情」のままに生きることが不可能になっ
 てる訳だ。
  でももし「純愛」てことでやってくんなら、どれ程欲望解放したくて気狂いそうになってもそ
 こはこらえるもんでないの? ごく普通のことが愛しているなら絶対にやってはならないことに
 なってしまった、でもその苦悩や苦痛を抱えても相手への愛や誠意を貫くのが「純愛」と呼ぶべ
 きもんではないのか?
  欲望破裂しちゃうなら破裂しちゃうんでいいよ。それはそれでいいのさ。でもそれを「究極の
 純愛映画」ってつくった当人が言っちゃうのってどうよ。違うだろそれ。
 

  トリアー君に『奇跡の海』という映画があって、あれはわたしの中ではかなり「純愛映画」と
 呼ぱれるべきレベルに近いものなんではないかと思ってるんだけど、あの映画においては相手の
 為にそれぞれが苦悩や苦痛を一身に受けているのね。ただ、他人同士だからどうしても、「相手
 の為だ」と思ってやったことが即相手の心や体に幸福をもたらす訳でないところが痛々しいのだ
 けれども、ともかく、「相手の幸福の為に」と思って苦痛を伴う行為をそれぞれが貫き通す訳よ。
 

  でもこの男貫いてないやん。
  確かに途中までは頑張ったけどさ、最後の最後にしちゃったんじゃ意味無いやん。
  大体もし「僕はヤっちゃうと相手を殺しちゃうんだ、だから君のことは抱けない、でもヤらな
 いとおかしくなっちゃうから他の女としてきたんだよ、君を守る為に」言われたところで果たし
 て喜ぶ女が何人いるのか?
  ことが殺人だからもし実際にしちゃってこんなん告白されたら、まず「倫理」だとか「法」だ
 とか人を殺した相手に抱く恐怖や嫌悪だとか、そういうことが先立っちゃってすごく見えにくく
 なってるんだけど、でもそういう前提ガッと取り除いて考えたら、「それでも私以外の相手とし
 ちゃうなんて嫌だ、ほんとに私が好きなら我慢してよ」てのが恋人が恋人に抱くごく普通の感情
 の結論ではないの? それがどれ程エゴであってもさ。
 

  まあでも別の女としちゃうならしちゃうで、そういう映画、血と性を一緒くたに強烈に見せつ
 ける為の映画であるなら構わない訳。でも「テーマは純愛」とは口が腐っても言ってほしくない。
 ただこういう強烈なものを美しく鮮烈に見せたかっただけ、それでいいじゃない。それだってほ
 んとに綺麗につくればすごく素敵じゃないか。何で高尚な枠をつけようとするの?
 

  そういう訳で、「テーマとストーリーが合ってねえじゃねえか」ってとこに見ていてすごくイ
 ライラしちゃったんだけど、そんなこととはまるっきり別に……純粋に、退屈だったんだよね、
 実は(笑)。2回程寝そうになったし。何とかこらえたけど。
  無駄なフラッシュバックが多かったのもきつかった。いや、こういう話上、フラッシュバック
 していく内に真相が徐々に明らかになっていくのは当然だから、それはあっていいのね。あって
 いいんだけど、でも、もう少しそれと判るように過去シーンに入ってもらいたい。
  ああいう無用に混乱を招く挿入の仕方に一体どんな意味や効果があるのか全く不明で、その判
 りにくさが更に退屈心をあおった。そういうのがグッとくる人にはすごくグッとくるんだろうけ
 ど、わたしにはただカッコつけてるだけじゃん、と見えてしまって、それで興醒めしちゃった訳
 よ。この監督の手法とわたしが合わないってことなんだろうなぁ。
 

  その上さ、この映画で「眠いな、つまんないな」ともし感じて、それでも頑張って目を覚まし
 てられるような見所を求めようと思ったら、「大人のシーン」しかない訳じゃないですか(笑)。
  でも、その肝心の「大人のシーン」がさあ……退屈だったんだよー。ちっとも燃えない。見て
 て思わず「おお、これは」となるようなシーンが全然無い。
  特に、取り立てて美しい訳でもない若いにーちゃんの裸をカメラが延々となめていく辺りは辛
 かったなー。「もうええから! 別に、見たないから! 先いって先! どうせ見せるならベア
 トリスの方見して!」って苛々したもん。
  んで、女性側の裸にしてもなー。別にさ、ああいう風に見せられてもねえ……。
  ことに、風呂入ってる奥さんの局部が大写しになるとこでは吹いてしまった。アナタそんな直
 截な。旦さんの視点だからもう直「ヤりてー!」てことなんだろうけど。でももっと他にやり方っ
 てもんが。
 

  唯一萌えたのが、飛行機内でトイレから戻ってきたギャロがすりすりしてくる奥さんを抱きか
 かえて腰の辺りにまわした手、この手が何ともセクシーで良かった。次点はやはり飛行機内で、
 奥さんの手首を付け根からゆっくり上へ、殆どねぶるようにキスしていくギャロが実にやらしく
 てグッド。
 

  正直この映画最大の謎って、「じゃ何でアンタ結婚したんよ」ってことではないかと思うのだ
 が、やはりそこは言ってはいけないことなんだろうか(笑)。
  あの感じだと実験したのって割と昔のことみたいだし。そもそもその時にはベアトリスに懸想
 してた訳だから、きっと奥さんとはまだ知り合ってもいなそうな感じだし。
  そんな体質になっちまったんなら呑気にしてないで、結婚したりしてる暇があるならさっさと
 レオ探しに来いって(笑)。いくら好きな相手できて結婚したいと思っても、とりあえず結婚し
 ちゃう前に1週間くらいフランス来て探すことくらいできるやん。まず結婚前に体質治してから、
 思うやろ普通。探しに来た段階ではきっと何とかなる、いう必死な希望抱いとった訳だし、なら
 尚更。
  ……まあ、それぢゃ映画にならないんだから、そらしゃーないんですけどね。でもやっぱ無理
 あり過ぎるわ、この設定。そして設定の無理を呑んででもうなずかせてしまうくらいのパワーが
 ある話ではなかった、わたしにとっては。
 

  2003.1.9
 
 
 
 
 
 
 
 

  ……「何で結婚すんねん」の謎と同じくらい巨大な謎なのは、「お前こんだけ毎回毎回逃げら
 れとって、何でもっとしっかり監禁せんねんレオ」ということでは(笑)。
  朝飲まそうとしてたの、きっとあれ睡眠薬とか、そういう類の薬であろうと思うんだけど、瓶
 から出してテーブル置くだけ、ってアンタそれ生温過ぎ。こんだけしょっちゅう逃げられてて、
 で、何としてもこれ以上奥さんに殺人させたくないと真剣に思うなら、目の前で飲むとこまで監
 視しなさいって。で、もっと人の少ない田舎に越すとかしなさいよ。

  ……しかしギャロの奥さんラブリーだったなぁ。ショートカットが実にキュート。
  あんなんにあんな風にあいらしくすりすりされて我慢しろってのはそら確かに酷な話だわー。

  ……そして同じくらい、いやもっとキュートなのが子犬ちゃん。やー、わたしも服の中に子犬
 入れたーい。
  しかしこの子犬には果たして幸福な未来があるのだろうか(泣)。買ったんだからさー、幸せ
 にしろよギャロ。

  ……終わって「ああ、ダメだったー」と思いつつも、でも一応パンフしっかりしたもんだった
 ら買おうかな、と思って見本を見たらすげい中身のないパンフでまた幻滅。別にパンフの出来は
 映画の出来と関係ないのに、「映画つまんなかったなー」って不満な気持ちで見てるから「何だ、
 パンフまでこんなんかい」とネガティヴな気分が加算され、更に映画への思いがダウンしちゃっ
 たのだった。あれで700円ってどうよ。無論買わなかったが。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る