『不滅の恋〜ベートーヴェン』

  楽聖の心の奥に隠された、たったひとつの恋……それを追って、彼は意外な人の姿をそこに見
 い出す……孤独な男の胸にひそむ、その面影とは?
 
 
 
 
 
 

  「いたみ」が胸にしみとおる映画でした。
  それがあまりに強くて、わたしにとっては「不滅の恋人って一体誰なんだあっ!」というシン
 トラー君のこころの叫び(笑)は途中であまり気にならなくなってしまった。大体予想はついた
 し。
 

  この解釈をそのまま信じる人がいるかどうかは、あまり気にしなくてもよいと思う。と言って
 も、地道に長年研究している専門家の人がこういうの見たらきっと「許せん!」って思うだろう
 なあ。プロだものね。当然。(パンフで頑張っていた青木さんの文章には微笑んでしまった)
 でも、おとぎ話だから。
  『アマデウス』やらこの映画やら『ラストエンペラー』やら歴史系の映画を、そのまま信じる
 程みんな無邪気……とは思えない。多分。
 

  ただ納得いかんのは、どーして彼はその「不滅の恋人」を愛したか? っていうのがね。これ
 がどうしても判らなかった。それが不満だ。
  だって、出会いも、経過も何も描いてくれないのだものね。
  で、いきなり、実はこの人と愛しあっていたんだよ、って言われても何が何やら。
  どーして結ばれなかったの? って、判らないもの。
 

  だってそんなにも結ばれたかったのなら、何故あの段階にいたるまで秘密にしなければならな
 いのか、何故「彼女」はわざわざ彼の弟と深い仲になって、自分をそんなぬきさしならない状況
 におしこまねばならないのか、もう全然判らない。一体何がしたかったの、彼女?
 

  そして最も何が判らないって、「何故、彼はひとを愛せたのだろう?」と、いうこと(この
 「彼」とは、実際のベートーヴェンその人のことでは勿論なくて、この映画の中で描かれている
 姿の、という意味です、念の為)。
  あれだけの傷を負ったこころで、誰かをあれ程までに愛する、ということは、彼にとって相当
 に勇気のいるジャンプだった筈だ。
  そしてジャンプには台がいる。助走がいる。
  それが全く描かれていない。
  もっともっと時間を長くしてもいいから、それを描いてほしかった。
 

  ……と、ここまで見ると、何だかこの映画が気にいってないみたいだけど、実はそんなことは
 全然ないのだ。(笑)
 

  わたしは最初っから最後まで彼の姿を見ていた。
  「恋人」なんかは途中でどうでもよくなってしまった。
  キーを押しても音の聞こえないピアノ。始終頭の中にすみついているノイズと自らの鼓動。
 こちらを向いて話しかけてくる人々は、とてもとおい。
  いとおしむようにピアノの表面に耳をおしあてる。そうすると振動で音が聞こえるのだ。粒だっ
 たピアノの音。誰にも邪魔されない。ここにひとり。
  父の仕置きを逃れてたどりついた水辺で、水に浮かんで星空を見上げれば、自分が世界になる。
 世界が自分になる。
  その、歓喜。
  そしていたみ。
 

  勿論いたみが多いからといって、何をしても許される訳ではないのだ。
  ただ、それをひとりでこなしきろうとするのは、どう考えたって無理だ。
  彼のふるまいの多くは、その「いたみ」を誰とも分かちえなかった不幸に端を発しているよう
 な気がする。
 

  ……だからこそ、納得がいかないんだよなあ。どうして「彼女」はあんなにも彼のこころを捕
 えたのか。どうやってかれのこころの琴線に触れ得たのか。
  と、まあ、わたしにとっては、いろいろ複雑に好きなような不満なような、そんな一品になっ
 てしまいました。(笑)

  1996.1.10
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る