『ファイト・クラブ』

  退屈と絶望で窒息しそうな日々の中に、男は現れた。野性的で破壊的で傍若無人で、不道徳で
 魅力的……だがおかしい、何かが決定的に狂っている、取り返しがつかない……君は、何者だ?
 
 
 
 
 

  2000年最初の映画がコレであります。
 

  元旦に見に行ったら、スクリーンの前にきちんと串柿とこんぶまで完備した鏡餅が供えてあっ
 て、それを目前にしてこの映画を見るというのが何とも言えず可笑しかった。いいなぁ、こうい
 うの。
 

  ラストであんなに笑わせてくれるとは思わなかった。これは、意外でありました。途中でもと
 ころどころ笑いを誘うシーンがあるんですが、最後のこの笑いとは種類が違う。いやぁ、実に見
 事なバカ映画だ(笑)。
 

  『マトリックス』のようだ、という意見をそちこちで聞きますが、わたしはそうは思わなかっ
 た。わたくし思うに、これは米国版『白痴』(手塚眞監督)ですな(笑)。
  「社会」とかいうものにどうにもこうにもなじめなさや違和感やじりじりとした不快感を感じ
 続けている「男」が、「はけ口」のようなものを見つけた挙げ句、最後に「覚醒」する話。ほら、
 同じだ(笑)。
  ただ、その「社会」とかいうようなものの圧迫から何とか逃れる為にアメリカ男はああいう手
 段を使って、日本男はこういう風な向きになるのね、という辺りが実に可笑しい。最後の「覚醒」
 も、アメリカ男共の傍迷惑なそれとは違って、日本男は実に地味で慎ましく内向きだ。炎の量で
 は勝ってますが(笑)。
 

  そういう意味ではこれは確かに「男の映画」なんでしょうな。こういう風に不満を感じていて、
 こういう風に発散させたい女性がいないとは言わないんですが、やはり数として圧倒的に少ない
 と思う。だってこんなことじゃ発散できんもーん(笑)。
  多分、こういう風な「見えない圧迫」というものは、男性よりも女性の方がずっと、早くから、
 そして多く受けていると思うんですよ。だから女の人は、この『ファイト・クラブ』な面々にな
 る年齢くらいの頃には、それぞれの自分なりの解決法を既につかみとっている。まあ、つかめて
 いなくてもがき苦しんでいたとしても、こういう方向で発散させようとは殆どの女性が考えない
 と思う。何故なら、こんな抵抗をしたところで何がどう変わる訳でもない、ということを、大抵
 の女性はこれくらいの年齢になるまでに経験的に悟っているからさ(笑)。
 

  そんな訳でつくづくと「バカ映画」ではあるんですが、100%ののしりの「バカ」では無論なく、
 「愛すべき」という意味あいは多分に含まれてはいる。ほんと、男って、バカばっか(笑)。
  特にエドワード・ノートンは秀でてますね。この情けなさぶりは只事ではない。最初の方のダ
 メダメっぷり、可愛いですねー。彼氏にしたら疲れそうだが。
 

  「いいな」と思ったのは、説明が入るところかな。その場の状況がある時に、そこに説明が入
 るところ。最初の辺りで、「これの説明をしよう」てな感じで時間が戻ったり、ブラッド・ピッ
 トが映画のフィルムの仕事してるのに、ノートンが前で説明してたりするの。うまく言えないん
 ですが、いっぺんぱっと映画から頭がひきはがされる感じがあって、好きです。後になってから
 は殆ど出なくなって、ちょっとがっかりした。

  2000.1.15
 
 
 

  ……と、なんのかんの言いつつも、「ファイト・クラブピンバッジ(500円)」は、買いまし
 た(笑)。黒のトレンチコートの襟につけてます(更に笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る