『フェアリー・テイル』

  ねえママ本当よ、あの小川には妖精が住んでいるの……たった5枚の写真、けれどそこに映っ
 ていたものは世界中を驚かせ、そして喜ばせた……実話を元にした「お伽話」。
 
 

  *警告
   以下「コティングリー妖精事件」をそもそも知らない方、例の写真は知っているが真相は
   知らない方、真相は知らないが知りたくもない方、は不可。
 
 
 
 
 
 

  映画を見て、こんなに早く泣いたのは初めてだ。
  計っていた訳ではないが、スタートして5分もたってない。
  結局ラストまでに3回泣いたが、多分そのどれもがいわゆる「泣かせシーン」ではなかっ
 た(笑)。
 

  題材となった「コティングリー妖精事件」を扱ったテレビ番組をこの映画の前に見たのだが、
 その時にも涙してしまった。
  あの写真は二人の少女がつくったものだ、ということは知っていた。けれど、「何の為に」そ
 んなことをしたのかは知らなかった。
  エルシーは、一人で知らない土地に来て心細い思いをしているまだ小さい従妹・フランシスを
 彼女の望み通り小川で遊ばせたい。でも小川で遊ぶと母に叱られる。だけどもしも、小川に妖精
 が住んでいたら?
  写真を見て、ほらあそこには妖精がいるの、遊んでもいいでしょ?
  なんてステキで、チャーミングなアイデアだろう!
  小粒の宝石のような、いとおしくて抱き締めたくなるような思いつきだ。
  そのこころのやわらかさ、天鵞絨のようなやさしさに、涙が出た。
 

  多分ほんとうに大事なのは、実在そのものではなく、信じるこころだ。
  そして信じるものは、別に魔法や妖精でなくても構わない。
  本当の奇跡とは、信じた結果起こる何かスペシャルなこと、ではなく、「信じるこころ」がそ
 こに確かに存在している、ということなのだ。「何かをただ信じる」ということは、ただそれだ
 けで、かたちのない、けれど明らかなパワーになる。
 

  冒頭、舞台でピーターパンが客席に向かって呼び掛ける。「このままじゃティンクは死んでし
 まう。でも子供がまだ妖精を信じているなら、きっと助かるよ。君達、妖精を信じるかい?」
  子供達の間からわきあがる歓声と拍手の中で、涙が出た。最速記録だ(笑)。
  多分この中にも、妖精を信じていない子供はいるのだ。でも子供達全員が「Yes!」と叫び拍手
 している。それは「妖精を信じているとピーターパンに告げたいから」ではなく、「今にも死に
 かけているティンクを助けたいから」なのだ。妖精は信じなくても、目の前の芝居をほんとうだ
 と信じられる。そしてありったけのパワーをピーターとティンクに送る。そのなんというあたた
 かさ。
 

  息子を失い深い絶望の淵から出られない母親も、妖精の写真を見て癒される。「妖精は本当に
 いるのね、そうでしょう?」うなずく娘達に彼女は微笑む。やはり、涙が出た。
  時にからからに乾いて絶望的にしなびきって硬くなったこころには、何かやわらかくあたたか
 い水のようなものが必要なのだ。夢のようなかたちのない美しいもの、とてもとても辛い時には、
 他の何より、それが要る。それを想うだけで、手が届かない程深い、誰にもどうしようもないも
 のがひたひたと癒されることが、きっとある。
 

  一躍有名人となった彼女達はロンドンへ招かれる。そして病院で入院している子供達と一緒に
 写真を撮る、そのほんの一瞬のシーン、その時の子供達のしあわせそうな笑顔も同じだ。何かが
 あるということ、長く続くかなしみや苦しみやいたみの中で、言葉にできない何かが本当にこの
 世のどこかに存在しているのだと保証を受けたそのよろこび。涙がこみあげる。
 

  けれども多分つくった方は「泣かせ」として用意していたであろうその直後のシーン、苦しむ
 子供のシーンでは、がくっときた。
  病に苦しむ子供がああいうことを言うのはいい。それに幼いフランシスがあっさり答えてしま
 うのもいい。でもその後、エルシーが立ち止まり、「妖精は助けてくれない」と言った、その時、
 ぞくっとした。そう、そうなのだ。どんなに残酷でもそうなのだ。美しいものはきっと確かにど
 こかに在る、けれどそれは、何か具体的な「助け」になるものではないのだ。ただ、それを信じ
 る、その想いをろうそくの小さな炎のようにこころに灯して胸をあたためるだけ。けれどもそれ
 こそが本当に素晴らしいこと。
  ……と、思っていたが、続く彼女の言葉は「妖精ではダメ。守護天使にお願いしないと」であっ
 た。少し興醒め。「お願い」はやはり違うと思う。
  妖精でも守護天使でもいい。彼等は何もできない、何ひとつできない、けれどずっと傍にいる、
 何があっても片時も離れずあなたを見守っている。
  そう言ってくれたら、このシーン、最高だったんだけどなぁ。
 

  そんな訳だから、この映画の結論、「妖精は実在している」は今ひとつ。あ、いや、「実在し
 ている」という結論自体は別にいいんだな。それに文句をつける気はない。ただ見せ方がダメ(笑)。
  あんな風に出現したら身も蓋もないではないか。それこそ本当にただの「フェアリー・テイ
 ル」だ。
  彼女達の態度や視線でだけあらわすのなら、まだ良かったんだけどなぁ。
 

  そういう訳で、泣いたり感動したりした割には、そんなに良いとは言えない、実に複雑な映画
 になってしまいました(笑)。

  1999.6.4
 
 
 

  ……それにしてもあの森や小川の美しいこと! まさに「妖氛」漂う場所というのはこのこと
 か。でも妖精のニュースを聞いた人々が大勢で押し掛けるのは笑えたけど、ちょっと驚きでもあっ
 た。なんつーのかな、「いると信じられるなら、森だろうが都会だろうがどこにでもいると思え
 る」のが当たり前のように思ってたので。ここに見に来る、という発想が新鮮だった。何だろう、
 ネッシーとかヤンバルクイナとかと同じなのかな?(笑) そこでしか見られない。捕まえよう
 という発想も自分では思いつかなかったので、さすが男の子は違う、と感心した(笑×笑)。

  ……ハーヴェイ・カイテル扮するフーディニがすごく良かった。それにしても正面からでも大
 概なのだが、横を向くと更におそるべき鼻だ(笑)。

  ……パンフレット900円、の値段を見た瞬間、えー高い、と思ったが、見本を見て中味がそ
 れなりに濃いのに充分納得して購入。これは許せる。『クジラの跳躍』なんかあれで1050円
 ふんだくろうという神経が許せない(爆)。こっちは買わなかったけど。

  ……それにしてもエルシー役のフローレンス・ハース。あの前髪。たまりませんね。かわいい
 なぁぁぁぁ(しみじみ)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る