『アイズ・ワイド・シャット』

  私が悪夢の世界に迷い込んだのは、妻の突然の告白がきっかけだった……どうしてだ、見てい
 るのに、目を開いてちゃんと見てきたのに、こんな世界を……私は……知らない。キューブリッ
 ク監督、最後の作品!
 
 
 
 
 
 

  目は開いているのに、まわりのものが全く見えてない。
  殆ど唖然とする程、枠に対する疑念が無い。
 「僕が嫉妬しないのは、君が僕の妻だからだ」。
  「妻」という属性を持つ生き物が存在すると、頭から無邪気に信じるそのおそるべき鈍感さ。
 

  何の問題もないごく日常の風景の中で、しかし何かが確かにきしんでたわんでいる、なのに彼
 にはその歪みの姿も音もとらえられない。目は開いているというのに、感知できない(しない)
 のだ。彼には自分のつくりあげた確固たる世界があって、そこから逸脱するものは認識しないシ
 ステムを確立させている。
 

  彼女はそのシステムを実にストレートに、真っ向から叩き壊す。
  彼女は知っているのだ、人々が固形のようなものだと思っている世界が、如何に痛みやすく壊
 れやすいものか、そしてそのもろさ故にどれ程かなしく、愛しいか。
 

  疑念の無い認識の崩壊というのは辛いものだ。それが外から強制的に発生した作用であれば尚
 更だ。
  不滅だと思っていたものが壊れるのを見るのはとてもおそろしい。壊れていくからこそ支えた
 いという愛しさがわきあがるのだとも思うが、壊れるものだという認識すら無かった彼に、その
 崩壊は狂気に近い恐怖だ。
  こんな新しい世界で、果たして自分は生きていけるのか。
 

  だがしかし、やはり彼は生きねばならない。壊れるからといって投げ出すのではなく、悪夢の
 深い淵に落ちるのでもなく、崖の上で微妙なバランスをとって立ち続けなければならない。とも
 かく今は、目覚めているのだ。その場所と現実とを切れないようにつなぎとめる為に「ファック」。

  1999.8.6
 
 
 

  ……とは言え、「今が本当に目覚めている側である」かどうかをどうやって判断するのだろう、
 と「邯鄲の夢」を知る東洋人であるわたくしはいぢ悪く思ってしまうのだったが(笑)。そんな
 に無邪気に「こっち側」を信じていいのか、君達? まあ、その為の「ファック」なのだろうけ
 ど、果たして本当にそれが命綱になるのか、疑問だ。

  ……しかし「秘密の館の謎のパーティ」はなんちゅーか、あっけなかったですね。あれだけお
 どろおどろしい前ふりしといて、挙げ句やってることは結局それかい! って(笑)。トム・ク
 ルーズがこれしきのことでドキドキするなんてとても思えないぞぉ(笑×笑)。

  ……それにしてもほんと、こういういかにも「ヤバそげな世界」の時の映像よりも、その前の
 ごく日常の、パーティや仕事や母子の家庭生活を淡々と追った絵の方が、余程じわじわとこわい
 のは何故。普通の顔して、人間も空間も、どっか狂ってて、どっかきしんでる。そのきしきしと
 いう音まで聞こえてきそう。うなりますね。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る