『愛の神、エロス』

  自分とは明らかに異なるかたちや性質をした手に、髪に、肌に、瞳に、何故こんなにも心は
 惹きつけられ、触れたくて焦がれるのか。三監督が送る、「愛」のトリロジー。
 
 
 
 
 
 

  きゃ〜〜、チャン・チェンだ〜〜〜。  
  と、予告編を見た段階でもう盛り上がりに盛り上がりました。  
  『2046』も『グリーン・デスティニー』も見てないもんだから、スクリーンで見るのは『ブ
 エノスアイレス』ぶり。  
  そっちでは出てるって全然知らなくて、「誰なのこの爽やかでかつ艶やかな好青年は!」と主
 役の男二人そっちのけで釘づけになってたらそれがチャン・チェンで、「あの『クー嶺街(←クー
 リンチェの「くー」の字が出ない)』の坊やがこんな美青年に育って帰ってくるとは!!」と衝
 撃&感動したものでした。ほんとに、脇なのにある意味主役食ってたもん。この人のまわりだけ
 湿度の低い、涼しくて透明な空気で覆われてるみたいで(まあ、主役二人の温度と湿度が高過ぎ
 て何とも暑苦しいカップルだったからかもしれないが(笑))。  


  でもって相手がコン・リーですよコン・リー。そして彼女は高級娼婦、彼は専属仕立て屋。  
  この設定は、萌えるでしょう! 設定だけでご飯三杯は軽くいけるでしょう、ええ!!  


  もう、この1本を3回繰り返しで見てもいいよオレだけ、と思いながら映画館の椅子に座って
 おりました。や、他のがダメとかつまんないとかではぜんっぜん無くって。そうではないんだけ
 ど、この贅沢な配役と贅沢な設定と贅沢な衣装がもう目においしくておいしくて、もっとスク
 リーンで長時間眺めていたかった。  


  しかし最初にこんなのをやってしまって、この後の2本を見たら一体どうなるんだ、しかも
 わたくしモーニングショーで見ているというのに朝っぱらからこんなこと(←どんなことだ)に
 なってどうしろと、と些か落ち着かない心持ちにさせられましたが、2本目、3本目と進めば進
 む程「エッチ度合」はぐんぐん上がっていくのに「セクシー度合」はぐんぐん下がっていくので
 安心しました(笑)。成程、これなら真っ昼間でも大らかな心で映画館を出ることができます。
 順番逆だったら大変だよ。  


  ほんと、脱ぎっぷりはダントツに3本目がトップで、そしてもう完璧にすることなさっている
 というのに、何故にこんなにもいやらしくないのか、いや、そう言うと違うな、やらしいのはや
 らしいんだけど大変に大っぴらで大らかで、強烈だけど濃密では無いのだな。息苦しさが無い。
 すかんと頭が抜けている。  


  2話目はコメディ仕立てなので面白いのはまあ当たり前なのですが、別段そんな意図はきっと
 皆無だろうと思う3話目が、正直一番笑いましたから。何が笑ったって、奥さんの衣装でまず笑
 いました→どんな衣装かはこちらを御覧あれ  
  やってる当人もそして旦那を含めまわりの人間もこれに全く動じないところがまた可笑しい。
 旦那、そんなことで口喧嘩する前にまずその服やめさせなはれ。使用人もそのまま素直に送り出
 さないで、レストランの皆さんもこんな客来たらびっくりして、お願いだから。  
  もうズバリバカなんだけど、それを堂々と真っ向からやってしまうところがたまりません。  


  予告編を見た時から思っていたのですが、全く何も身につけていない人間の体って、やっぱり
 かなり滑稽なのです。  
  特にそれが、部屋の中とか、人工物の内部でならまだ見られるものを、自然の風景の中にさら
 け出してしまうと、本当に本当に滑稽。不格好、と言い換えてもいいかもしれません。  


  だから最後のリンダの裸ダンスなんかもう本当に本当に可笑しくて、やっぱどう考えてもヘン
 だってこれ、と思いつつ見ていたら奥さんまで脱ぎ出したんで、アンタもかい! 思ったんです
 が、脱いだ直後はその滑稽さがまだ続いてたんだけど、動き出した途端にお? と思う。  
  ちゃんと鍛えられた、抑制された動きだ。若い彼女のなんかとは格が違う。  
  この人はちゃんと「踊れる」人だ、と思い後でパンフを見たら、やはりダンサーなのですね。
 納得です。  


  『タイタス』でも申しましたが、「自然な動きを抑制することは美につながる」のです。  
  「自然」にしていると、人の動きというものはブレが多過ぎて、目に余ってしまうのです。増
 して目をごまかすものが何も無い素っ裸では尚更そのブレが目につき、滑稽さや不格好さを引き
 起こす。奥さんの方はそのブレをぐっと抑え込み制御していた。だからまだ見られた。
  ……ただ、ですよ、そのようにして筋肉を鍛え上げて肉を抑え込んでいる奥さんの裸は、確か
 にシャープで綺麗だけども、それはやはり「芸術品」の美しさにより近いものなんですね。 
  そして、十二分に豊満な若い彼女の体は、服を着てたり脱いでもベッドの上にある時ならかな
 りのパワー(何のだ)を発するんですが、自然の中ではどうしても滑稽度が高くなってしまうの
 です。  


  じゃあどうすんのさ、ということになると、やはりそれは「脱がない」のが一番ぐっとくる、
 という結論に達してしまうのですが。  
  脱がない、と言うか、隠す、ですね。  
  だからコメディ仕立てである2話目でさえ、セクシー度では3話目より上なのです。と、わた
 しは勝手に思っています。  
  それはバスルームにいる彼女が離れていて、その姿を「覗き見」しているようなあのカメラの
 撮り方と、一度その映像を見た後にそれがどういう状況の元で起きた出来事かを「言葉だけ」で
 説明されるから、だと思うのですけどね。見えないものが、想像で何倍にも膨らむ。  


  決して女が服を脱がない、相手の男と関係を持たない1話目において、その色っぽさ度は最も
 爆発しています。  
  と、多分多くの日本人は思うと思うのですが、西洋の人ってどうなんでしょうね。  
  1話目見て、「ああもう東洋人ってのはじれったくってやってらんねいよッ」と思ったりなん
 かするんでしょうか。で、3話目見て、「そうそう、『エロス』言うならこれくらいしてくんな
 くっちゃ!」と満足されるんでしょうか。ううむ。  


  ただ惜しかったのはせっかく『The Hand』なんだから、もっとバリバリに手を見せて欲しかっ
 た。特にチャン・チェン、彼は本当に良い手を持ってます。男性に足フェチが多いように、女性
 は手フェチが多いと思うのですが、あの手は多くの手好きの女性の皆様のお眼鏡をかなり満たす
 手ではないかと思います。指が大変に長く、節がすっきりとして美しい。  
  服をつくったり服に手突っ込んでうっとりしたりする時なんかに、もっともっと手だけのアッ
 プが欲しかった。あの、服直してる時ももっと手アップを! と内心で叫びました。  
  コン・リーはさすが判ってて、パンフレットの写真でもちゃんと手を見せるポーズを取られて
 ましたが、その辺はチャン・チェンまだ若造です(笑)。判ってません。笑顔可愛いんだけどね。
 しかしこのコン・リーの手も、かなりイケてます。指長え!!  

  2005.5.13




  ……しかし「スヌーズ機能」があんな過程を経て生まれたとは知りませんでした(笑)。  
  そしてあの髪はやはり一言言ってあげるべきだと思うよ、ニック!!!  

  ……それにしてもチャン・チェン、顎の角度凄過ぎます。鋭角にも程があります。人ひとり串
 刺しにできそうです。頭蓋骨がどうなっているのかX線写真を見てみたいです。  
  手も良いんだけど声もすごく良いですね。一番好きなのは一度目の「覚えてます」の声。  
  でも、鬚は無い方が好みよオネエさんは。  

  ……だけどコン・リーさぁ、「私の姿を見て、もうドレスは着られない」言うんでよっぽどお
 とろしい伝染病にでもかかって大変な見た目になってんのかと思ったら、やつれてはいるけど全
 然キレイやんコラ(笑)。ある意味こっちはこっちでかなりそそりますぜ、姐さん。  

  ……パンフ見てたら3話目の若い彼女に対して、監督が「もっとやらせたいことがあったのに
 恥ずかしがってやってくんなかった」てなことぼやいてましたが、あそこまでやってくれちゃう
 人が恥ずかしくてできないことって一体何なんですかアントニオーニ監督!!←92歳  

  ……この、アントニオーニ監督に捧げられた曲を含めて、音楽がとても良いです。  
  サントラ無いのかな??  

  ……そしてこれは以前からものすごくものすごく疑問だったんだけど、映画で白人さんがなさっ
 てるシーンの時って、何故か女性がけらけら笑ってることがままあるんですよね。くすくす、レ
 ベルならまだしも、大抵は大変にけたたましい笑い声。
  あれが前からすげい謎で。
  判らないんですが、複数の映画でそういう描写が共通しているということは、実際の現実とし
 てもよくありがちなことなのでしょうか? だとしたら何故笑うのでしょうか? どうも、自分
 にはその最中にけらけら笑うという心理状態がどんなもんか全く想像不能だし、もし自分が男だっ
 たらぎょっとするっつか、正直コワいと思うのよね。「何だこの女」って。でも勿論映画の殿方
 は皆平気。  
  本当にこれは判らないので「自分がそうだ」という人がいたらどういう心理状態でそうなるの
 かぜひ教えてほしい(笑)。平気な殿方がいたらその気持ちも含めて。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る