『eXistenZ』

  では皆さんに、私達のつくった最高のゲームをお届けします。さあ、背中のプラグにポッドを
 つないで……いいですか、何があっても、パニックは起こさないで下さい。「何が」あっても。
 
 
 
 
 

  ……うーむむむむむむむむ。
  このパターンかぁ。
  いや、このパターン、好きなんですけどね。
  でも、同じパターンを違う形で見せてくれるならともかく、まるっきり変形なしだからなぁ。
  有機体コントローラーとか、その辺がぐぐっと中心に食い込んでくるのかと思ったら、別にそ
 ういう訳でもないし。その辺が有機体、生きているものであるということが話のテーマにもっと
 深く入ってくるのかなと予想してたんだけど、別に、ただ「ぐちょぐちょ」してただけだったしぃ。
 いや、それはそれで、それだけである意味充分に楽しいんですが(笑)。
 

  しかもまさか、あそこで終わるとは。
  いや、あの男が喋った瞬間に「あ、これ終わり?」と思ったんだけど、「えー、でもいくら何
 でもそれじゃつまんないでしょ、それじゃそのまんまでしょ」と思ったところへ流れ出すクレ
 ジット(笑)。やられた。
  ねじってねじってねじって元に戻して、戻ったところを逆向きにもう軽くひとひねり、な訳だ
 けれども、どうせなら更にもうひとひねり加えるか、あるいはまるっきり違う次元にひねりこむ
 かして欲しかった。まあ、強欲なこと言ってるのは判ってますがね。
 

  「仮想現実ゲーム」と「有機体」アイデアが楽しくて楽しくて、それをいじりまわすことに専
 念した挙句、ストーリーを練り込む方がおざなりになっている感じ。だから多分、見る方もそっ
 ちを楽しめばいいんだと思います。「ゲーム」のプレイ感や、こういうのに「ぐちょぐちょ」を
 使用する目新しさ。

  2000.5.24
 
 
 

  ……しかし思うんだけど、もし実際にこれ程に進んだゲームをつくれるようになったらさ、そ
 こで「現実と見分けがつかなくなるくらい現実に即した仮想現実世界」なんか作ったってしょう
 がないよね。だったら「現実」でいい訳だもん(笑)。「背中に羽が生えて空を飛べる」とか
 「深海散歩ができる」とか「宇宙服なしで宇宙遊泳ができる」とか、そういう「現実の肉体には
 絶対不可能なこと」を作った方が楽しいに決まってる。

  ……すごく気になったんだけど、「スペシャル料理」でジュード・ロウがむさぼり食ってたも
 の、あれはほんとは何でできているのか(笑)。いやいや、役者さんもほんと大変だわぁ。

  ……「私のポッド!」ってやってるジェニファーに、笑いつつも、親しみを感じてしまった。
 そりゃこうもなるだろうなぁ。惜しむらくはポッドに「マイニックネーム」がついてなかったこ
 とかな(笑)。それがついてたら、もう完璧だったのに。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る