『闇の帝王DON ベルリン強奪作戦』(原題:DON2)

  オレは決して誰の手にも堕ちない。ドンはこの世でただひとり、すべてを手におさめる男──
 キング・カーンが完全な悪役に徹して鋭いアクションと華麗な強奪劇を繰り広げる!
 
 
 
 
 

  何と言うか、非常に太平楽と申しますか、安心した心持ちで見られました。
  だってドンだもん。もう何が起きようとも最後にはすべて華麗にクリアして「HAHAHA……」
 で去っていくに決まってますよ、ええ。  


  と、いう心持ちで最後まで非常にゆったりとして楽しめました。単なるラブロマンスの『
 ある限り』の方が余程ハラハラしたってどういうことだ(笑)。    


  まあそれもこれも一作目の『DON 過去を消された男』を見ていてこそです。この時のドンの
 無敵っぷりがただごとでないので、もうこいつなら何やったってどんな目にあったって間違い
 ない、と思えるのだった。  
  だから収監も裏切りも「さてこれはどこまでがドンの企みか」「どんな風にこの状況を華麗に
 クリアするのか」てところを楽しみつつじっくりと眺められました。  


  唯一「これどうすんだ」と思ったのが銀行内にてロマちゃんが、ドンに銃をつきつけさせられ
 て「さあ撃て」てやられるとこ。  
  で、「どうすんだ」て思ってたら、インドの伊吹吾郎(命名:わたし)、ナワーブ・シャー
 演ずるジャッバル(おっぱいがすごい)がいきなりロマちゃん撃ってるのに驚きつつもちょっと
 吹いた。ジャッバル、お前それフライングやないかい! 3、言うか言わんかのタイミングやん
 かい!  
  これはまあドンとしてはロマは撃たないぜ、て確信してたんだとは思うんですが、ならもし
 ジャッバルさんがフライングしてなかったら一体この場をどう切り抜ける気だったのか。  


  てなことでひたすら悪役・シャー・ルク・カーンを楽しんでいればよいというお気楽な映画
 です。普段は明るいお調子者の役が多いので、こういうクールな姿が全編通して眺められると
 いうだけでも充分に楽しめます。心なしか普段よりいきいきとしてます(笑)。  
  何と言っても見所は、冒頭のロングヘアシャールクではないでしょうか! んもうこれすごい
 カッコいい!!  


  まあ世界のスーパーヒーロー、ラジニカーントも『チャンドラムキ』にて過去の回想シーンで
 悪い王様になってた時のハマりっぷりといきいき演じっぷりがただごとではなかったので、
 「いついかなる時でも主人公」な彼等にはこういう「純悪役」を演じられる機会って少なくて
 本人達もさぞ楽しいんではないでしょうか。


 『DON』はシリーズ化を狙ってるっぽいので、この先また悪のシャールクを見られるのが楽しみ
 ではあるんですが、これだけあまりにも無敵だと今後のシリーズをどう展開させていくのかが
 難しいところでもありますね。正直に言って、実力的なことで言うとロマは「ライバル」たりえ
 ないし。  
  あと、こういう展開ではどうしても「歌とダンス」が入れづらくなるのも難。やっぱ見たい
 のよ、綺麗なドレスをとっかえひっかえして踊る美女のダンス。  



 2013.5.10  



  ……前回ロマ役・プリヤンカ・チョープラーと華麗なダンス合戦を繰り広げたイシャー・
 コーッピカルが跡形も無く消えているのにびっくり。結構好きだったのになー。  
  今回のドン愛人役のラーラー・ダッターは今ひとつ美人度というか、華が薄くてなぁ。  
  何かお気に障ることでもあってイシャーを始末しちゃったのか、ドン!  

  ……変装してるドン、を演じるリティク・ローシャンが、動き方とか表情の雰囲気とかがほんと
 に「中にシャールクが入ってるひと」みたいで笑いました。特徴掴んでるなー、リティク。  

  ……「帰ってきたぞドン」ダンス「Zaraa Dil Ko Thaam Lo」にて、ふと冷静になって考えて
 みると、この作詞や振付けを命令してつくらせて自分も練習して、て状況は大変にお間抜けかと(笑)。  
  てか、もしかしたら「作詞作曲振付:ドン」の可能性もアリですよね。そう思うとますます
 可笑しい。どんな顔して「俺は煙のように謎な男」「いいえアナタは火の玉よマイ・ラブ」
 みたいな歌詞を書いて、それを手下に指導してるんかと思うと。  
  ここんとこのワルダンが「ナニやってんねやろドン……」てどん引いてるのがまた可笑しさ倍。  
  それにしても前作ではあれだけ憎々しかったワルダンが、今回はとことんまでドンに使いまわ
 されて何だか気の毒にすらなってきます(笑)。まさに使い捨て。  

  ……だから本当にバイクにメット無しで乗るのはやめてくださいてば(泣)。寿命が縮みます。
  今回スタントマンも無しでアクション全部自分だそうですよ。てことはあのビルも……(ひー)。
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る