『ディル・セ 心から』(原題:Dil Se)

  それは、出逢ってはならない二人が出逢ってしまったが故の、逃れられない定めだったのだろ
 うか……君が抱えた心の秘密、その存在を僕は憎み、そしてその為に君を愛する、心から。
 
 
 
 
 

  …………これは…………へこむ、なぁぁ。
  いや、こういうの、初めてじゃないんですよ。キツサ度としては『アシュラ』の方が更に更に
 上手だし。悲惨なラストものは他にも見てる。
  だけど、これは、とりわけへこみました。
 

  インド映画のストーリーって、割と粗めの作り方で、そしてラストは急展開で大団円、となる
 ことが多いんだけど、このマニ・ラトナム監督って、ヘンに上手いんだよね。ものすごく丁寧に
 話をつくりこんでいる。
  が、にも関わらず、最後にきて急にこの「怒濤の力技」を効かせてしまうので、見てるこっち
 はそれまで丁寧に丁寧に固めてきた、物語に対する思いをがくっとすかされるような気分になっ
 てしまうのでした。「いや、最後そうなんのやったら、今までやってきたこと一体何やったん」
 みたいな。
  この作品は特にそれが著しくて、それで他の「悲惨なラストもの」より落ち込みがきたんだと
 思う。実を言うと、「こんなんじゃ最後、この二人死ぬしかないやん」とは割と早くから思って
 いたのだが、予想として、「すべてを捨てて二人で逃げよう」ってなって、裏切り者としてテロ
 仲間に殺られるか、テロと間違われて軍に殺られるかだと思ってたんですよ。悲惨は悲惨、でも
 恋の成就だけは完璧にクリアするんだろうと。それが……これだもんなぁぁ(涙)。
 

  まあ、しかし、そうは言っても、この映画、非常に出来がいいです。ラストは除いて(笑)。
  何が良いって、わたし、インド映画で主人公がこんなにも「ちゃんと働いている」シーンを初
 めて目にしました(爆)。大抵のインド映画の、サラリーマンの主人公は、仕事はあっても今ひ
 とつ何やってんのかよく判んないんですよ。親父が社長で、その会社を手伝ってるとかそんな感
 じで、仕事シーンも非常に描写がアバウト。
  しかし主役のアマル君、今回は実にしっかり働いてましたね。途中、電波ジャックとしか思え
 ないゲリラ放送や、女の後を追うのに取材旅行を利用したりもしてましたが(笑)。
  何に感心したって、ラダックで人込みの中にメグナの姿を見、そちらに気持ちを残しながらも
 突然の発砲事件の取材を先回しにするジャーナリスト魂に感動しました。こんな主人公って初め
 て見た。んで、この後に長い取材放棄をやらかすのだったが、それは大目に見よう(笑)。
 

  主役の二人も図抜けて良いですね。シャー・ルク・カーンと、そして我が最愛のマニーシャ・
 コイララ。
  特に、マニーシャ!! いや、もう、このマニーシャは今まで見た中で一、二を争う凄さです。
 殆どノーメイクの顔に漂う、凄惨なまでの美しさ。哀愁のこもった、意志のきつい瞳。ごくたま
 にほろりと花びらがこぼれ落ちるようにのぞく微笑。
  『ボンベイ』で、マニ・ラトナム監督は彼女の「陽の美しさ」をあますところなくひきだした
 と思うのですが、こちらはそれをすべて抑えて、完全なまでの「陰の美しさ」を出している。そ
 の監督の手並みもすごければ、それにきちんと応えてしまうマニーシャも凄い。ああ、さすがオ
 レが惚れた女だぜ(おい(笑))。
  特に、この瞳は本当に良いですねえ。アマルが彼女に「一番嫌いなものは君の瞳、どんなに見
 つめても何も判らない。一番好きなものは君の瞳、どんなに見つめても何も判らない」と言うシー
 ンがあるけれど、これほんとに判るなぁ。ここ、素晴らしく良いシーンでした。泣けた。
 

  それからダンスシーンもどれもこれも最高の出来でした。特に、「チャイヤ・チャイヤ」での
 あの何の理由も無い列車上ダンスシーンはすごかった。何故疾走する列車の上で! 横に何の柵
 もない陸橋の上を渡りながら! しかも時には横二列に人が並んだりしつつ! 跳んだり跳ねた
 りして踊るのだ! ああ、誰か教えてくれい。
  これといい、砂漠の上を抱き合ったままごろごろ転がったりするダンスといい、ほんと、イン
 ド映画ってスターの顔や体のことなんかお構いなしっすね(笑)。男優はともかくも、女優まで
 もが……おそるべし、インド映画界。
 

  そしてこの監督は、カメラワークが本当に上手い。この「チャイヤ・チャイヤ」の曲が終わっ
 て、アマルが仕事先の土地に到着する前に、一瞬、その場所から更に高地のテロリスト達の本拠
 地の入り口を見張る兵士達の絵をはさむところなんざ、うなりました。
  光と影の使い方もとっても良い。やはり「チャイヤ・チャイヤ」で、ダンスしながらトンネル
 に入ったり出たりするの、カッコいいなぁ。後半のスタート部分で、偽造パスポート用の写真を
 撮るところも良かった。逆光でシルエットになった顔に、ぱっ、ぱっとフラッシュが当たる、そ
 の中に一瞬ちらっと浮かび上がる、引き締まったテロリスト達のまなざしにもぐっときた。
 

  ……で、このように、様々に出来が良い故に、ますます惜しまれるこのラスト(笑)。
  何だろうな、他の作品でもそうなんだけど、最後まで力がもたない感じがするんだよね。ほん
 とに言いたいことを言い切らない感じ。勿論、何もかもきちんと割り切れる問題でないのは承知
 の上で、これでは本当にこの問題について取り上げたかったのか、ただ「映画の題材」として美
 味しいところを使っただけなのか、今ひとつよく判らない。そこが実に惜しい。

  2000.9.26
 
 
 
 

  ……しかし、マニーシャで「鼻がぺちゃんこ」だったら、日本人の9.9割の鼻は無いも同然
 では(笑)。確かにインド人らしからぬ鼻ではありますが。

  ……何が嬉しかったって、マニーシャの太ももが拝めたことかも(爆)。こんなハードな役柄
 でまさか太ももが見られるとは思いませなんだ。ああ、眼福眼福。

  ……「列車ダンス」で、無論、ダンサーさん達が一杯いるのはまあ理解するんだけど、どう見
 てもただ「いるだけ」の人がやたらにいたのはナニ? 何か、ピクニックみたいに荷物広げて、
 まるでそれが当たり前みたいな様子で素で列車の上に座ってるんだよねー。一体そんなところで
 何をくつろいでいるんだ君達は。

  ……そして今回も実に強引に「子供」出してましたね(苦笑)。子供使いたい気持ちは判るけ
 どさー、どう見ても無理があるよ、これは。

  ……アマルが初めて仕事先にやって来た時、局長が「私達のインドを吸い殻で汚さないで」と
 言うのにちょっと感動。インド映画ではまだまだそんなところは考えてないと思ってた……が、
 この後もアマル吸い殻捨てまくりなのにちょっと拍子抜け。だからぁ、せっかく出したこういう
 「良いエピソード」を何故最後まで生かせられないのかなこの監督は。

  ……んでもって最高に問題だと思うのは「ヒトラー」…………それは……やっぱり……まずい
 んじゃないか、オイ?
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る