『愛と憎しみのデカン高原』(原題:Preminchukundam Ra!)

  隣りあう村同士の対立と憎しみ……が、次の瞬間、それをすべて消し去り流れる「一件落着」
 ダンス! あの話は一体どこに……それは「休憩後」まで待て!(笑) 日本初のテルグ語映画。
 
 
 
 
 

  「日本初のテルグ語映画」とのことですが、言葉の違いは全く判りませんでした(笑)。
  だけど「詩人」が謳う詩がちゃんと韻を踏んでいる、というのは耳でも判った。パンフレット
 には「東洋のイタリア語」と書かれていたが、それはよく判らなかった(笑)。
  「歌とダンス」では、ダンスが他の言語のインド映画にはない「縦ノリ」ですごかったです。
 ものすごくダンサブル。シャープに、激しく動きます。これは体力いるわー。
  特に「滝ダンス」が優れていやらしくて良かった(笑)。これは、今まで見た中でも1、2位
 を争うセクシー度ですね。釘付けになってしまったではないか。
 

  冒頭に出てくる「隣村同士の血を血で洗う対立」エピソードが、その後うそのように姿を消し
 てしまうところがすごい。「あそこだけ別の映画だったの?」と思うくらい(笑)。
  で、映画終わって、とりあえずこのカップルは何とかなった訳だけど、その村同士の対立につ
 いてはちっっとも、解決されてないんだよね。シヴドゥが改心したことだし、殺しあいは回避で
 きるかもしれないが。いいのかこんなんで。
  そして肝心のお父さんも、あんた、こんなんでいいのか(笑)。とてもこれであの親父が納得
 したとは思えないのだが、どうか。
 

  そしてベタなギャグの連発に目眩が。このベタさぶりは『ムトゥ』に勝ってます。
  何と言っても「ハートのお菓子」でしょう! これでしょう。あの、パッケージのハートがド
 キドキしちゃうところなんか、たまりませんね。で、その後にパレードに持っていかれちゃうタ
 イミングとか。ああ〜、ベタだぁ。
  見舞いに行って、メイドのおばちゃん(名前忘れた)に探されるところなんかも超ベタ。だっ
 て彼女のあの表情、どう見ても判ってて楽しんでる顔だよ。このおばちゃんが実にいい味を出し
 ていた。もっと活躍してほしかったわ〜。
 

  あと、つくる方は多分ギャグとしてはつくってない部分で限りなく笑えてしまった。
  熱を出した理由が「風船100個ふくらませてたから」てのがもう。そりゃ、彼氏にしてみりゃ
 可愛くてたまらないだろうが、こっちは笑うよ。
  同じパターンで、駆け落ち中に彼女が姿を消した理由が「ハートのお菓子」ってのがまた……
 まあ、ここは「笑える」と言うより「微笑ましい」んですけどね。でもあんた、状況を考えーよ。
  「坊主にして送り返せ!」てのも笑った。子供のイジメかい。そりゃ、多分インド社会で、特
 に女の人としてはそれはまさにすごい屈辱なんだろうけど、それまでがすごい乱暴者なのに急に
 やり口が大人しくなるのが可笑しい。この悪々ぶりなら「指の2、3本も切って送ってやれ!」
 とか言いそうなもんなのだが。
 

  とは言え、シヴドゥに対する態度はとても良かった。「危なくなったら連中を逃がしてでも奴
 の命を守れ」ってとこにじんとした。最後に改心する人にはさりげなくこういうエピソードを入
 れて、「完全な悪」にしてしまわないところがインド映画の丁寧さです。
 

  もうひとつ笑えたのがその「唐突」さ。
  突然の「二人の過去のエピソード」にもつい笑いが。それならそれらしいことをもう少し台詞
 やなんかで匂わせておけばいいのに……あまりにも唐突で、その話の間はそれが二人の過去話だ
 ということに全く気がつきませんでした。
  そうそう、「シヴドゥの息子」にもびっくりした。「パパ!」って、ええっ、……パパ? 誰
 それ? って思わず探してしまったではないか。だーかーらー、何か一言台詞入れるかちらっと
 登場さすとかしてくれい。
  何よりもすごかったのは「バックのワープ」ぶり。家の前にいたと思ったら、突然荒れ果てた
 草原にいるのは何故。と思ったらいきなりひまわり畑に。北インドの風景は謎だらけです。
  しかし、あの草原に火つけたの、何の意味があったんだろう?(笑)
 

  それにしてもこの二人、「北インド一迷惑なカップル」では?(笑) 一体何人の人に怪我さ
 せてんだよ君達は。まあ、悪いのはそりゃ親父なんだけどさ。しかし、それに対する葛藤も悩み
 も何にもないのがすごい。無敵のカップル。
  最後の足を撃たれたのを除いて、主人公・ギリ(ネズミ顔(笑))の怪我が誰よりも軽いし。
 なのに、他の人は包帯巻いたりしてても元気なのに、一人だけぶっ倒れてるしぃ(まあ、外走っ
 てたから熱射病かなんかだったのかもしれんが)。そんな貧弱な割に、ラストは足打ち抜かれて
 も走って電車に追いつくしぃ。弱いんか強いんかどっちや、ギリ。
 

  だが、ギリを取り巻く友人達は非常に良かった。普段のいかにも「男の子同士」なだらけたふ
 ざけぶりもいいし、いざという時の友情の篤さもたまらない。「あんたは知らないだろうがな」
 てのにしびれました。
  ……でも、アンタ等誰一人として大学生に見えねえよ!!
 

  ヒロイン・カーヴェリもとてもいい。ダンスも上手いし、プロポーションも抜群。
  迫ろうとするのに失敗ばかりのギリに微笑む笑顔も可愛いし、仲違いが勘違いだったと判って、
 写真を見て嬉しさのあまり、泣きながら笑い出す姿も非常に可愛かった。
  だがピンキー、君「絶対渡してね」言われたカードをなくしておいて、謝りにもいかんとはど
 ういうことだ(怒)。
 

  そんな訳で初テルグ語映画、堪能しました。
  同じテルグ語映画で『バブーをさがせ!』というのが東京方面で公開されたらしいですが、こ
 れもぜひ全国で公開してもらいたいものであります。
 

  2000.7.17
 
 
 

  ……ギリの部屋にあった時計の文字盤に、さりげなく「SHOGUN」の文字と日本刀のマー
 クが入ってたのに笑った。こういうメーカーがあるのか?

  ……ちなみにこの映画、ニフティのオフで行ったんですね。
  で、日本公開が決定された時から「これでオフをしよう」ってことは決まってたんですが、ま
 るでそば屋の出前のように「もう来る」言いながら伸びに伸びた。
  おかげで、インド映画仲間の間では、しばらく別れの挨拶が「じゃ、次はデカン高原で会いま
 しょうね!」一色だった。さぞまわりの人に不思議がられたに違いない(笑)。

  ……しかしインド映画界ではヨーロッパロケ、流行ってんのか?(笑) 植物園内で踊りまく
 る二人、そしてそれをしげしげと眺めながらバックを通り過ぎる白人の老人夫婦の皆様が笑いを
 誘います。
  しかし、いくら雪山で踊るのは大変だからって、ドレスにスニーカーはないんじゃ……『DD
 LJ』で雪の中を編み上げブーツでバリバリに踊った挙句、ノースリーブのドレスで斜面を雪ま
 みれになりながら転がっていったカージョルの根性を見習って下さい(笑)。

  ……だが何と言っても最強に笑えたのはココ、「笑顔が素敵!」(大爆発)
  んもう、破壊的なパワーでした。すご過ぎる。夢見るぞ、あの笑顔。ああ、今思い出しても腹
 筋がひきつる。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る